3フォトアートと詩歌アート

2014年4月12日 (土)

銀婚式にフォトアート

みなさまのお写真を絵本の1ページにするフォトアート新作のご紹介です。

銀婚式を迎えられたご夫妻がその記念にと

申し込みをしてくださいましたよ。

イメージはおまかせ。というお話でしたので、
こちらで提案いたしました。
旦那様は尺八の演奏家。
そこで、三日月に腰掛けていただきました。
奥様をメルヘンに〜と、お姫さまにしてみました♫
尺八の音色にひかれて妖精たちが集まってきました
たぬきは、うかれて踊っているのを描いてみました。
和風メルヘンにしてみました。楽しくなったと思いますが
いかがでしょう?
Photo1
もともとのお写真はこちらです。
Photo2
少し暗かったので、写真は明るめに修正して、切り抜き
ました。
額はシルバーにしてマットはピンクにして、ロマンチックな
額装にしてみました。うまくいったと思います。
Photo3
とても、楽しくなったと喜んでいただけました。
今頃、おうちの居間に飾って楽しんでいただけていると思うと
嬉しいです。
フォトアートは、みなさまのお写真を使って、わたしが絵を描いて
絵本の一ページを創作する試みです。
世界でひとつのメルヘンの世界を作ってみませんか?
ご自身の記念に。大切な方へのプレゼントに。。。どうぞ
お試しくださいませ。
水野ぷりんの幻想フォトアートはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恩師に贈る詩歌アート

みなさまの詩歌を絵にする「詩歌アート」の新作の

ご紹介です。
詩人の方から、ご他界された恩師のご家族に贈りたいとの
ことでお申し込みがありました。
詩を書き続けていこうかどうか迷っていたころ、
「書き続けなさい」といってくださった先生だそうです。
そのことばを励みに今まで書いてこられたとのこと。
四国室戸岬にお住まいの先生のことばは、灯台のようだ。と
詠った詩です。
絵は、先生の点した灯りは、宇宙に届いて、
また新しい言霊を導いてくれるであろう。といったイメージで
描きました。
Shiika1_3
幻想的にしたかったので、さんごのような木を描いて海の
底の灯台のようにしてみました。この海には、導かれてきた
言霊たちが、プランクトンようにただよっているかもしれません。
とても満足していただけたようで
こんなことばをちょうだいしました。
額装、昨日届きました。
 
素晴らしい出来栄えです。
とても満足しています。
 
灯台のまわりの海が白っぽい色から、落ち着いたグレーの
色調に改良されてrいて、最後まで手を入れていただいたのだなあと、
感謝です。(パーフェクトに感じます)。
 
書は、書家の西垣一川先生にお願いしました。
品格ある書が、詩をいっそうひきたててくれたと思います。
Shika2  
向かって左が一川先生です。
Shika4
詩歌アートは、みなさまの詩歌を絵にするサービスです。
ご自身の俳句や和歌、心にのこしておきたい言葉を絵にして
みませんか?詩歌の先生や、俳句の好きな方へのプレゼントにも
よいと思います。
イメージ作りには、十分時間をかけて、話し合って、
下絵をつくりましょう。
水野ぷりんの詩歌アートはこちらです。
Shiika3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

築地の隠れ家「はしば」の「わぱんdeごちそう」

築地の隠れ家「はしば」さんは、創作和食のお店です。
こちらで、「わぱんdeごちそう」をはじめました。
Wapan1_4
パンに和の素材をはさんで「わぱん」といいます。
お醤油につけたまぐろをあぶって、アボガドなどお野菜と
いっしょにはさんだパンだそうな。
からだにやさしそうなパンですね。
Wapan2c_2
和とパン??と不思議に思いますが、
これが意外と相性がいいんですよ〜
ということで、こんな絵を描きましたよ。
相合い傘の下におすしくんとパン子さんの絵です。
おすしくんが魚の花束?でパン子さんにプロポーズ??
Wapan3_2
店内に飾っていただいたり、DMにしたりで、このお味を
試していただきたいと、展開中です。
Wapan4_4
こちらは、水野ぷりんの詩歌アートの新作です。
詩歌アートとは、みなさまの和歌、俳句、つぶやき
キャッチコピーなどを絵にするサービスです。
こんなふうにお店の看板絵にしていただけるのはうれしいです。
近々、「わぱん」食べにゆきます。楽しみです♫
月に2回土曜日のランチタイムにはしばさんは
ベーカリーカフェに変身するそうな。
わぱんを食べてみたい方はこちらで。
はしばさんのブログでも、ようすがわかりますよ。
Wapan5
水野ぷりんのフォトアート詩歌アートものぞいて
みてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

フォトアートができるまで(1)

みなさんのお写真を絵本の1ページにするフォトアート。

今日は、こちらのできるまでの制作過程をご紹介します。
1.ご結婚を控えたYさんからお申込みがありました。
 これから、写真を撮るとのお話しでしたので。
 ○なるべくカメラ目線でないものを。。(そのほうがストーリー性をだしやすいので)
 ○なるべく解像度の高いものを(そのほうが、加工がしやすいので)
 とお願いしました。
 後日提供いただいた写真4枚です。
Ph1
ちょっと上を向いた右端が、未来を見つめているよう。
寄り添うカンジもすてき。
2.結婚式は初夏。ウエルカムボードとして使いたい。そのあと
新居のお玄関に飾る予定だそうです。
奥様のお好みは「アジアン」それにかえるも大好き。とのお話も
うかがいました。
「大人のメルヘン」をエキゾチックにしたいところです。
3.で。。。こんな下絵を描きましたよ。
イメージは、インドの豊穣と愛の神様「ラクシュミー」に祝福されるふたり。
ぞうも、かえるもふたりの門出を祝っています♪
Ph2
4.この段階で下絵をチェックしていただきます。
 このままおまかせします~とのお返事でしたので、このまま
 進めましたが、ご希望があれば、なんでもおっしゃってくださいね。
5.バックをぬって、象など描いて組み合わせていきます♪
 徐々にできあがっていく過程はフェイスブックで実況中継しています。
 コメントをいただきながら、みんなでつくっているカンジです。
 登録なさっている方はごらんくださいね。
Ph3
6.できあがりです~♪
賑やかなお祝いの宴です。大人もメルヘンになったかな~。
Ph4
額サイズは(379×288)です。額選びはおまかせください。
額装して梱包して、宅配便でお届けします。
そして、幸せな幸せな結婚式~。
フォトアートも、無事ウエルカムボードとして、お客様をお迎えしました。
Ph5
おふたりに、喜んでいただけたようすで嬉しいです。
感想もいただいております。こちらです。
フォトアートの使い方は、お客様しだいです。
いろいろな使い方があるなぁと、教えていただいています。
お母さまお父様の喜寿などのお祝いにも楽しいと思います。
わんちゃんねこちゃんもやってみたいところです。
携帯で気軽に撮った、自然な表情のものもすてきです。
次はそのご紹介を♪
あなたのベストショットを絵本にする「フォトアート」は
あなたの詩歌を一枚の絵にする「詩歌アート」はこちらです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

詩歌アートのあるお店

みなさまの詩歌を一枚の絵にする詩歌アート。
http://fantasy-photoart.com/shikaart/

こちらをご利用くださった築地の和食屋「はしば」さんに
ランチに行ってきました。
お店のランチ定番メニューは「海鮮丼」です。
旬のおさかなにちょっとごま味をきかせてあって、
そこにおしょうゆをかけて食べます。
あっさりとしていておどんぶり一杯、ペロリと食べられます。
デザートには「とうもろこしプリン」をつくってくださった♪
こちらも甘味をおさえて、生ものの後味をすっきりさせてくれます。
とってもおいしかったです~♪
Hasiba1
そして、カウンターに飾っていただいたのが、先日収めたこの絵です。
飾られたのを見ると、やっぱり、嬉しいです♪
なかなか迫力もあるし、楽しくできたような??いかがでしょう。
Hasiba2
ご主人もとても気に入ってくださったようすで、これからも季節に応じて
差し替えてくださるとか。うれしいお話しです。
常連さんたちも絵をつんつんしながら、笑ってくださったそうです。
せいぜい、話題になって、商売繁盛のお手伝いができるといいなぁ。
と思っています。
書を書いた西垣一川先生も、はりきっています。
Hasiba3
夏休みもはじまりました。おまつりもあちこちではじまっています。
豊かな実りと豊かな食材とはしばさんの商売繁盛を祈って。
あなたの撮ったお写真を絵にするフォトアートもどうぞよろしく♪
http://fantasy-photoart.com/
Hasiba4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

詩歌アートができるまで

みなさまの詩歌を一枚の絵にしてお届けする詩歌アート。
http://fantasy-photoart.com/shikaart/

詩歌と言っても、短歌や俳句ばかりではありません。
お店のキャッチコピーといったものでも楽しいものができます。
今日は、ご注文いただいた築地の和食屋さん「はしば」さんの絵が
できる過程をご紹介します。
1.はしばさんからは「カウンターにすわる常連さんを楽しませたい」
 とのご依頼です。季節の折々に絵もかえてみたいとのこと。
 
2.そこで。一年中使えるキャッチコピーを考えていただきました。
 五つあがってきましたキャッチコピーから、メールで、打ち合わせ。
常連になるほど、嬉しや美味しいカウンター」に決定しました。
3.夜のコースメニューでは、はじめに、ちょっとお寿司を出すはしばさん。
  旬の魚たちのコーラス隊を提案し、描いてみました。ここで
  下絵をチェックしていただきます。
H1
打ち合わせの結果、中央のお父さんを変更して、はしばのご主人が
おさかなコーラス隊の指揮者として登場することにしました。
4.こちらの下絵をもとに書家の西垣一川先生に書を依頼します。
 あがってきたのが、こちらです。書は2種類あります。
H2
5.描きなおした絵と書をあわせてみます。
H3
6.どちらがいいかな~と。フェイスブックのみなさんにご意見を
 うかがったところ、下~が好きのコメントが多かったです。
 はしばさんもコメントを読んで、「そうか~では、下にしましょう」と
 決定。
7.色づけしてできあがりです~。楽しくなりました♪
  データは贈呈しますので、お店のサイトやブログに掲載したり、
  ランチョンマットなどにもつかえそうです。
H4
8.額装して、宅配便でお届けします。
H5
はしばさんからは、喜びのお電話をちょうだいしました。
気に入ってくださって嬉しいです。
今週から、お店に飾られます。
見に行って、お客様の評判をうかがってきますね。
ドキドキします。
築地の隠れ家はしばさんは、こちらです。
詩歌アートは→こちらです。
フォトアートは→こちらです。
のぞいてみてくださいね。
わからないことは、なんでも、お問い合わせくださいませ。
皆様の楽しい詩歌、お写真お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月30日 (日)

詩歌アートのご案内

詩歌が好き、俳句や短歌や五行歌をつくっている。
そうしたみなさまの作品とコラボして一枚の絵にする
「詩歌アート」というサイトをつくりました。

ご自身の作品を絵にしてみたい。
詩歌の好きな恩師にプレゼントしたい。などというかたにおすすめです。
Shiika1
書と絵/水野ぷりん
わたしは、もともと、詩歌は読むのが好きだったのですが、
五行歌のサークル麹町倶楽部に参加するようになってから、
つくるのも好きになりました。なかなか上手になりませんが(苦笑)
でも、こちらで歌人のお仲間の歌に絵をつける楽しさをしりました。
こちらは、その作品の一部です。
20130628
書と絵/水野ぷりん

詩歌は、絵にしてみると、作者の世界が広げて、読者にぐっと身近に
なってくるように思います。
また、詩歌にかぎらず、歌詞や校歌や社訓や、お店やサークルの
キャッチコピーなども楽しいものができそうです。
さらに少しずつご利用がふえてきた
「水野ぷりんの幻想フォトアート」との組み合わせも考えてます。
作者のお顔写真と詩歌の書と絵の組み合わせで
1枚の絵にもしてみたいです。
書家でもあり、歌人でもある西垣一川先生とのコラボもオプションで
ご用意しました。
Shiiks5
書/西垣一川 絵/水野ぷりん
これから、少しずつ作品例をつくったりして、サイトを充実させたいです。
実際の制作過程もご紹介してまりますね。楽しみにしてくださいませ。
 
水野ぷりん幻想フォトアートはこちら。
ぷりん詩歌アートはこちら
まずは、のぞいてみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

水野ぷりん幻想フォトアートのご紹介

いよいよ新緑の季節ですね。
お久しぶりです。みなさんいかがお過ごしですか??

さて、今日は「水野ぷりん幻想フォトアート」という
サービスのご紹介です。
それは、何??と、お思いでしょうね。
こちらは、みなさまのお写真に、わたしが絵を加えて
絵本の1ページのようなメルヘンの世界をつくる試みです。
たとえば、この女の子の写真(姪っ子です~)に小人さんを描いて
白雪姫にしてみます。
20130213
それを額装して。。。お客様にお届けします。
201302132
猫が好きなお子様でしたら、いっしょに、舞踏会にもいけます。
201302142
お花や風景のお写真から、お好きな昔話などもつくれます。
こちらは お花の写真から「かぐや姫」をつくってみました。
20130227a
こちらは、みなさまとのコラボでつくるアートの世界です。
でも、わたしがひとりでつくる小さな商いですし、
それに通常のお仕事と並行なので、いっぺんに
たくさん制作できないのが残念ですが、
今、フェイスブックでお客様をつのりながら、
少しずつはじめたところです。
はじめは心配でしたが、今は、喜んでもらえるのが
とてもうれしいお仕事になりました。
フェイスブックに参加されているかたは、
こちらで、今進行中のものをアップしたりもしてますので、
ぜひ、のぞいてみてくださいませ。
○水野ぷりん幻想フォトアートはこちら
http://fantasy-photoart.com/
これから、ブログのほうでも、このフォトアートの作品や
制作過程を紹介していきたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

花の季節と春の絵

ようやく花の季節になりました。
そこで、お花の絵を少しご紹介します。

桃咲いてさびしくしなりぬ家の中(平川光子句

家の中がさびしく感じられるほど、桃の花が盛りだと歌ったのでしょうか?
それとも、花が咲くにつれ、ひとりでいる孤独が深まるような気持ちを
うたったのでしょうか?

書家西垣一川先生の書に絵を加えました。
家の中から見た庭の情景です。
手前に火鉢と鉄瓶。まだ、少し寒い春の朝、筆者は、ひとり
手をあぶりながら、御簾ごしに 庭の桃の花をながめていたの
かもしれません。
春のやわらかな訪れに対して、ひそやかな孤独が、
御簾をへだてて明と暗に別れた。。
そんなイメージで描いた詩歌アートです。
Hana0

そして、こちらは、枕草子の「春はあけぼの~」と
平家物語の{(祇園精舎の鐘~)のくだりの絵です。
春の朝の田園の写真と春の夜桜の写真に絵を加えたもの。
フォトアートです。
春の朝焼けの空に紫をひとぬりして花の雲を加えてあります。
夜桜の写真にまた桜を加えて桜吹雪にして、
諸行無常にしてみました。
いかがでしょう。
Hana2

花の季節になったので、めずらしく、お散歩しました。
この日は、新宿御苑で吟行歌会。
歌の結果はさんざんでしたが、お天気にすばらしくめぐまれて、
花をめでながらの時間はなんとも、ゆったりでした。
こんな時間をときどきでももって、気持ちを新しくして、
また新しいお仕事をはじめたいと思ってます。
Hana4

| | コメント (4) | トラックバック (0)