美術さんぽ

2011年10月 8日 (土)

楽しんできた「美術さんぽ!」いろいろ

今日は、わたしが毎月参加している美術さんぽのおはなしです。
「美術さんぽ」とは、アートナビゲーター(美術検定一級合格者)の案内で
美術館とその周辺のアートスポットを散策するものです。
先日、今までの写真を頂戴したので、その経緯をまとめてみました。

まずは、アートナビゲーターのご紹介!案内してくれるのは、このおふたり。
説明がわかりやすくて、気さくなのも嬉しい。先日の「絵と遊ぶ五行歌」にも
遊びにきてくださった。ずいぶんと仲良くなりました。
1
22
この方たちに連れられてこの半年。。いろいろな美術館めぐって
きました。
3
そしてこの企画は美術館にはいる前にちょこっと。。。おさんぽするの
がミソです。ふだん机に向かってばかりで、出不精の私には「歩く」よい
きっかけなのです。健康のためにも参加しています(苦笑)
4
一汗かいたところで、美術館にはいって鑑賞!あんがい見てい
なかった常設展を見ます。平日なのもあって、館内はすいている。
ひとりでゆったり見るのも素敵ですが、説明を受けながら、みんな
と見るのも楽しいものです。
5
そのあとは、のんびりお茶、おしゃべりタイムです(自由参加)

今月は10月26日(水)六本木ヒルズ、森美術館!毛利庭園を
おさんぽだそうです。展望台にものぼる!すっかりおのぼりさん
気分で楽しみにしています。
詳細はこちらです。おさんぽの様子がわかる映像もみられます。
よろしかったら、ご一緒いたしましょう~♪
6

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

新緑の美術さんぽ

先日、日本美術アカデミー主催の「美術さんぽ」に参加してきました。
こちらは、アートナビゲーター(美術検定一級合格者)の案内による
「のんびり散歩+美術鑑賞」というもの。
今回は靖国神社の鳥居を抜けて、北の丸公園をお散歩して、工芸美術館を
めざしました。
わたしは、東京にいるのに、北の丸公園も工芸美術館もはじめて!(苦笑)
まずは、靖国神社で明治軍を創設した「大村益次郎」の銅像を見て、
北の森公園にはいり田安門でみんなで記念撮影です。
21
お散歩のはじまりです。お天気はさわやか!まさにお散歩日和♪
新緑がきれいで、心が弾む♪
22
お散歩すると、いろいろな出会いがありますねぇ。
23
小一時間は、歩いて。。。
24
鑑賞したのは高橋禎彦(たかはしよしひこ)のガラスです♪
はじめて見たのですが、これってガラス?なんだか、かわいい。
明るくポップ。キッチンの小道具たちが、大きくなって、首を
傾けておしゃべりしているみたいです。
このフォルムって、おとぎ話。私の絵にも応用できそうだわ!
25
このあと、参加者みんなでお茶をのんで、解散♪
よく歩いたし、知らなかったガラス美術の世界にもふれることができました。
健康的で、少しおりこうになったような日でした。

次のお散歩は、5月25日(水)上野の森と西洋美術館だそうな。
美術評論家の藤ひさし先生もご一緒とか。
どんな、出会いが待っているかしらん?楽しみです。

詳細はこちら。どなたでも参加できます。
26

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

子どもといっしょに美術さんぽ

「こども名画の旅」というDVDのお仕事を手伝いました。
水野ぷりんは、キャラクターなど。。。描きました。
動画なので、ちょこっと、動く。うふふ。。。
1_2
こちらは、絵が大好きな小学校3年の新之助くんが、夏休みに
ヨーロッパに住むみち子おばさんを訪ねる。そこで。いとこの
キャサリンちゃんと一緒に3人でヨーロッパを旅しながら。。。。
2
美術館をめぐり、名画に出会う。。。といった設定です。
DVDで紹介するのは、ダビンチの「モナリザ」、レンブラントの「夜警」、
ブリューゲルの「バベルの塔」などなど。。。。巨匠たちの代表作を
みち子おばさんの、やさしい、なめらかな解説で、絵本をめくるように
絵の謎解きをしたり、異国の窓からの景色をながめるように、不思議を
発見したりしていくものです。
3 
「名画なんだから、見ろ」といわれると、いやになってしまうけど、
「何だろう?これ」は楽しいもの。
わたしも、小学校5年ぐらいに、シャガールの展覧会に連れていってもらい
感動!し、、ゴッホでは衝撃!を受けたのを思い出します。
えらい画家さんだなんて、まったく知らずに見て、ただ、ただ、
「なんだかわからないけど、すごいなぁ」と思い、画集など眺めるように
なりました。このDVDも絵画に親しむきっかけになればいいなぁと思います。

さて、この仕事で監修であった、美術評論家「藤ひさし」先生(BS朝日「世界の名画」
美術プロデューサー)が案内してくださる「美術さんぽ」(日本美術アカデミー主催)
が立ち上がりました。
これは、美術館までひと駅ぐらいお散歩しながら、美術館の裏側からまわって
はいり、アートナビゲーター(美術検定一級合格者)の解説を受けながら、
「常設展}を鑑賞するというもの。
わたしは、第一回美術さんぽ(鶯谷からさんぽして東京国立美術館鑑賞)に
参加してみました。
「知らなかった美術館裏通り!見ていなかった常設展!」が新鮮!でした。
4_2
向かって左が「藤ひさし」先生です。
Photo
高村光雲の「老猿」は 、正面は威厳。背中は哀愁!でしたよ。

第2回は、3月16日(水)「JR上野公園口から、正岡子規の句碑など
たずねてから、国立西洋美術館を鑑賞する。そのあと、ケーキセットで
おしゃべり。。。するんだそうです。
楽しみだなぁ。ご報告は、また、このブログでいたしますね。
『美術さんぽ」くわしくはこちらで。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)