1子どもと本の話

2018年4月 5日 (木)

似顔絵クロッキー東大病院

東大病院で似顔絵クロッキーのボランティアをしてきました。

入院中」の子供達をアートで元気にする「スマイリングホスピタル」
の活動です。
Blog20180405a
もう、5年ぐらい続けている活動ですが、今回は最高記録、
17名のお顔を描いてきましたよ。
楽しみにしていてくださった様子で、待っている子供達がいて
時間延長の活動でした。
1歳の赤ちゃんから、中学2年生まで、幅広い年齢の
子供達です。赤ちゃんはやっぱり可愛いな〜
Blog20180405e
Blog20180405e2
ここのところ、クロッキー会で鍛えているためか?3時間ほど
ぶっと通しで書きましたが、なんとか、集中力を保てました。
自分でも、だいぶ上手になってきたな〜と感じ、嬉しいです。
ただ、その場で、プレゼントしてしまうので
手元に作品が残らないので、残念。。。
喜んでくれた子供達が、見せ合いっこしている様子が
嬉しかったです〜
お気に入りをアップで投稿。
Blog20180405b

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

家の光4月5月挿絵

農協のご婦人むけ雑誌「家の光」で描いた挿絵です。

4月号は桜の中、「はないちもんめ」。
懐かしい〜よく遊びました。指名されないと寂しかったりしたわ。
Blog20180330a
Blog20180330c
5月号は「田植え」
家族総出で頑張ります。子守をしていたお姉ちゃんがお昼を
持ってきたところです。大きなやかんには、きっと麦茶が入ってます。
Blog20180330b
Blog20180330d
このシリーズの挿絵、毎回お任せでテーマに頭をひねってます。
でも、 とても評判が良いそうな。先日、編集者さんに
褒められました。嬉しかったわ。
Blog20180330e

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

回転寿司の絵

主婦の友社で描いたちょっとした絵です。

回るお寿司やさんデビューの子供達を
お店のご主人と従業員が迎えます。
おやおや、いい気分のお父さんも入ってきましたよ。
Blog20180310a
さて、僕、わたしは、どんなお寿司が好きかしら?
白いお皿にシールを貼って楽しみます。
Blog20180301a2
ちなみに、わたしは、子供の頃「シメサバ」が好きでした(苦笑)
今では、なんでも好きですよ〜
こちらは写真をのせる前の絵。
これにお寿司の写真を載せて、紙面を完成させます。
Blog20180310b
こちらが、掲載のご本です。
Blog20180310c
それししても。。。
たまには、勇気を奮って。。。回るのではなく、配達されるのでもなく。。
「カウンターのお寿司」で、熱燗でもさしつさされて呑むような。。。
大人の時間が持てたらいいな〜と思うのでありました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

子どもの創作作文コンクール

子どもの創作作文コンクールで最優秀賞をとった

女の子の作文に挿絵をつけました。
Blog20180221a
桃太郎の桃が、鬼ヶ島に流れて、鬼にそだれられた。。というお話。
逆転の発想に、とても才能を感じます。
Blog20180221b
人間を拾ってびっくりのの鬼家族。でも、大事に育てます。
鬼に対して愛があるのがこの作品の素晴らしさだと思います。
桃太郎は、成長し、やがて、鬼と人との架け橋になるべく
人限界に行きます。
Blog20180221c
仙人に会い、自分の役目を認識。鬼と人間の融和のために
自己犠牲する桃太郎。。。
Blog20180221d
Blog20180221e
文は、もちろんまだ拙いけれど、逆転の発想に愛があるのが
素敵な作品。
せっかくなので、みんなに読めるようになればいいのに。。。
と、思いますが、どうやら、会員限定のweb本です。
残念な。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

家の光2月3月挿絵

インフルエンザと風邪から、ようやく、楽になってきて

明るいきもちです。
そこで、アップしそこねていた、 農協のご婦人向け雑誌
「家の光」の中で描いた挿絵です。
2月号は、芋の煮っころがし。
Blog20180131a
Blog20180131c
3月号は、ふきのとうを見つけた!です。
春野菜は大好きです。
今は一番寒いけど、時々見かける東京でも
見かける のは、ふきのとう。せり。 たらの芽。 
みんな大好き。
もう少し元気になったら、天ぷらにして食べたいです。
Blog20180131b
Blog20180131d_2
それにしても、今年は、寒いな〜。春が待ち遠しいです。
Blog20180131e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

「童話の花束」挿絵

「童話の花束」という雑誌があります。

児童文学を目指す作家さんたちの登竜門?
もう48回目になる伝統ある童話賞の入賞者さんたちの
作品集です。それぞれの作品にプロが挿絵をつけます。
Blog20171221d
表紙/市居みか
この中で「とうちゃんタコになれ」というお話の挿絵を担当しました。
落語修行に励むお父さん。「蛸の仇討ち」を練習中。
水族館に日夜通って、タコの仕草を観察する様子を、息子の目線で
書く微笑ましいお話です。
Blog20171221a
水族館が舞台とあって、金魚大好きの私、楽しく描けました。
Blog20171221b
作者は「一般の部/佳作」の塚本剛一さん。
お会いしたことはないけど、次回も楽しいお話が
描けますように。
塚本氏には、こちらの色紙をプレゼントしましたよ。
Blog20171221c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

「家の光/1月号」挿絵

すっかり冬めいてきましたけど、

まだ、素敵な紅葉を見つけましたよ〜
ちょっと用事があって八芳園のお庭です♪
Blog20171209d
さて、農協のご婦人向け雑誌「家の光/1月号」で描いた挿絵です。
月刊誌でして,2年目に突入です。
今回は凧揚げを描きました。
Blog20171209a
Blog20171209b
凧揚げは、子供の頃遊んだことはありますが、下手でした(苦笑)
お友達のお父さんが、素晴らしく上手で、感動した思い出がありますが
。。。私は、コタツでみかんで。。。人生ゲーム」で遊ぶのが
大好きだったような。。。(笑)
こちらは、家の光の表紙です。
Blog20171209c
本屋さんで見かけたら、「心の肥やし」というページを
のぞいてみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年賀状デザイン

これから年賀状を。。。とお考えの方。

平安堂というお店をのぞいてみてくださいませ。
置いてある年賀状のカタログには、
来年は戌年ということで、様々な犬のイラストやら、
書やらの見本がいっぱい。
お好きなデザインを選べます。
こちらは、私のかいた年賀状。
富士山シリーズ
Blog20171205a
水墨画の犬の親子
Blog20171205b
子犬のじゃれ合う様子を書と一緒に
Blog20171205c
ポップに可愛いものワンちゃんのおさんぽ
Blog20171205e
よろしかったら、どうぞ選んでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

東京オリンピック銅メダリスト「円谷幸吉」

新作のご紹介です。

かつての東京オリンピックの男子マラソンの銅メダリスト
「円谷幸吉」の伝記絵本です。
Blog20171204a
幼心にも、この選手は、心に焼き付いてます。
ゴール直前で抜かれちゃったこと。
「美味しゅうございました。。。。幸吉はもう走れません」と
遺書を残して逝ってしまったのは衝撃的でした。
走ることに一途だった、無垢な心の青年という印象です。
こちらは抜粋した絵です。
幼い頃。
Blog20171204b
駅伝の選手だった頃。
Blog20171204c
自衛隊に入った頃。
Blog20171204d
故障は何度もしました、それでも走った、
Blog20171204e
走って、走って、走り抜いた短い生涯。
今、思い出しても、ちょっとウルウルします。
こちらの本は、小学校などに配るそうです。
オリンピックに向けて、今の子供たちに彼は
どんな風に映るのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

2018年カレンダー「水野ぷりん絵本作品集」ができました

2018年のカレンダーができました。

卓上型の小さな絵本作品集になってます。
Blog20171124a
ひと月ごとに様々なおとぎ話のワンシーンを楽しめますよ。
Blog20171124b
Blog20171124c
Blog20171124d
一部¥1000(送料無料)です。
こちらの作品集もおつけいたします。
Blog20171124g
お申し込みは「水野ぷりん絵本Work」のお問い合わせから
住所をお書きになってお申し込みください〜
たくさんのお申し込み待ってます〜
なお今年は、企業や団体名を入れたものも別途に制作いたします。
20部以上から。こちらもどうぞご検討くださいね。
Blog20171124e
Blog20171124f
お申し込みは、水野ぷりん絵本waorkお問い合わせから。
お気軽にご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧