« ハンセン病療養所と山内きみ江さん | トップページ | 田村智久写真展を拝見 »

2018年5月 8日 (火)

「泣いた赤鬼」挿絵

小学校4年生道徳の挿絵。「泣いた赤鬼」です。

日本のアンデルセンと言われている浜田広介の代表作品。
きっと、皆様もご存知〜。
村人たちと仲良くしたいのに、鬼なので怖がられて
がっくり、ぷりぷりの赤鬼。。。
Blog20180430a_2
そこでお友達の青鬼が悪役を買って出ます。
村人たちの前で大暴れ。
Blog20180430b
そこに赤鬼が登場。青鬼をやっつけたふりして
村人たちの信用を得て、仲良くなります。
青鬼の侠気に惚れますね〜
Blog20180430c
赤鬼が念願叶ったところで黙って去る青鬼。ここは泣けます〜
Blog20180430d
こちらの本や絵は浜田広介記念館でちょこっと展示されるそうな。
山形県なので、ちと遠いです〜伺えないのが残念です。
5月15日〜9月2日まで。
Blog20180430f_2

|

« ハンセン病療養所と山内きみ江さん | トップページ | 田村智久写真展を拝見 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/73449337

この記事へのトラックバック一覧です: 「泣いた赤鬼」挿絵:

« ハンセン病療養所と山内きみ江さん | トップページ | 田村智久写真展を拝見 »