« ちょこっと実家へ | トップページ | 「ブランコ乗りとピエロ」挿絵 »

2018年4月24日 (火)

青の洞門挿絵

小学校6年の道徳の教科書で描いた挿絵です。

「青の洞門」。。こちらは、菊池寛の「恩讐のかなたに」
を短くしたもの。
高校生ぐらいに読んで感動!!涙した物語の挿絵を
この歳になって担当できたとは〜
嬉しかったです〜
Blog20180423a_2
人殺しとなって、お尋ね者となり、僧になりすました男が
村の交通難儀を聞き及び、贖罪のため、
たった一人で、20年、トンネルを掘る話です。
Blog20180423b
男に父を殺された青年が仇討ちにやってきましたが
男の執念の贖罪に心動かされ、ついに協力。
二人で一緒にトンネル工事。
ついに完成〜。涙涙のお話です。
Blog20180423c
人殺しの罪を贖うための男の姿を描きました。
Blog20180423d
自分で、気に入った仕事です。
子供たちは、どう感じるのかしら???
Blog20180423e

|

« ちょこっと実家へ | トップページ | 「ブランコ乗りとピエロ」挿絵 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/73363718

この記事へのトラックバック一覧です: 青の洞門挿絵:

« ちょこっと実家へ | トップページ | 「ブランコ乗りとピエロ」挿絵 »