« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

年越しの昔話「かさじぞう」

年越しの昔話といえば「かさじぞう」でしょうか?

雪をかぶったお地蔵さまにかさをかぶせてあげた
心優しいおじいさん。。。
このおじいさんに。「よいやさ〜よいやさ〜」と
お地蔵さまが、プレゼントをもってきてくれます。
このお話を描くのは、、、、もう3回目ですが、
飽きません。わたしにもお地蔵さま、きてくれないかしら〜。
そうしたら、あれも、これも、あとあれも〜〜などと
妄想が楽しいです〜その前に、お地蔵さんによいことをしないと
いけないのを忘れてます(笑)
こちらは、農協の会員向けの小冊子「ふれあい12月号」に
掲載したものです。
12
20151229b
このブログを読んでくださっているみなさまにも,
お地蔵さまがきますように〜
どうぞ、よいお年をお迎えください〜♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

ハナとつばきの木

ある村のそれは大きなつばきの木。

ねもとには小さなお地蔵さま。
ハナが泣いていると、お地蔵さまが、やさしく声を
かけました。。。。
20151230a
こちらのお話は公募で優秀賞を穫られたかたのもの。
それに絵をつけました。
ハナのお父さんは出稼ぎにいきます。それでも。お正月は
我が家ですごしたい、と帰郷するものの。。。吹雪で道に
迷ってしまします。そのとき、ハナがつくった花輪が
お父さんを救います〜
20151230b
心あたたまるストーリーで楽しく描けた仕事です。
編集の方からも「すばらしくて、感動しました!」と
評価をいただけました。
「家の光」という農家のご婦人かた向けの雑誌に
掲載したものです。
20151230c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

オーガフミヒロ展「八年想起」を見に行く

浅草の「ギャラリーアビアント」で開催された

オーガフミヒロ展を見に行きました。
彼の絵をみてほしくて絵本作家の古内ヨシ先生を
お誘いしましたよ。
20151228d
絵本作家の古内ヨシ先生と
今回の展示は「八年想起」と題され、彼がまだ愛媛に
いたころの秘蔵の絵にもふれることができました。
彼の絵の原点か?とてもいい。案外、不幸なころって
いい絵があったりするのよね〜,グレー調の茫洋とした
孤独が胸にしみます。
20151228a
そしてこちらは,最新作。モノクロもの。筆に力があって
おもしろい。彼の絵は静でしたが、動へも移行しはじめたのかしら?
これからの展開が楽しみです。
20151228b
鑑賞のあとは、三人でおそばやさんで一献。
20151228c
向かって右がオーガフミヒロ氏。わたしより一回り若い〜
芸術について語り合う殿方たち。己の仕事に自信をもっている
男の語りは聞いていて、とっても楽しい、
小賢しい考えは捨てて,真摯に描くこと!この姿勢を
思い出しましたよ〜♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

編集プロダクション忘年会

お世話になっている編集プロダクション「ウィル」の忘年会に

よばれました。
20151226d
会場となった代々木上原のお店「ゆうばーる」は,
スモーク料理専門。
こうしたお料理には、シャンパンとワインがよく似合います〜
おいしかったわ〜
20151226f
おおいに食べて、呑みました♫
ふだん過酷な労働をしているお嬢さん方も、開放感いっぱい
で、歌ってる。聞いているだけで、楽しい〜♫
20151226c
お仕事はご一緒しているのにふだんは会えないライターさん
たちにもお会いできて、おしゃべりがはずみました。
20151226b
20151226a
みなさま、お世話になりました〜。いつもぶつぶつとうるさい
おばさん絵描きですが、堪忍してくださいね(笑)
来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
ビンゴでは「ガーナのかご」が当りました♫
ウィルが経営している八ヶ岳のアートギャラリーの商品です。
夏の着物に合いそうで嬉しいです〜
20151226e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

保育雑誌忘年会

学研の保育雑誌「ピコロ」あそびと環境0,1,2,3歳」の忘年会

に出席してきました。
六本木のお店を借り切って、100名以上でにぎわったパーティです。
20151222c
一冊の雑誌を1年つくるのにどれだけの人がかかわるのか?
実感します。
昔なじみの知人さんたち、1年ぶりのの再会の方も多く
ワインを片手に談笑です。なつかしいし〜楽しい〜。
20151222a
古株さんたち
20151222b
童話作家の山本和子先生
見渡せば、 若い人がふえたな〜と思いましたが
わたしが、古株になっただけだと気がつきましたよ(笑)
今回のくじでは「お顔の上をころころするマッサージ器」
が当りました、使ってみたら、肌に吸い付くように
ころころする、いくぶん、シワがのびる気がする(笑)
これは、来年は美容に心がけるよとの暗示なのでしょうか(笑)
今年のピコロ8月号で描いた絵です。森での遊び提案の絵。
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

書道教室で恋の書

西垣一川先生の書道教室。お稽古おさめに行ってきました。

20151216_3
寒紅や鏡の中に火の如し(朱鳥句)
冬のある日、真っ赤な紅色をつけて鏡をみている作者。
情熱的な恋でもしているのでしょうか?
それとも、嫉妬に苦しんでいるのでしょうか?
はたまた、自分に挑戦しているのでしょうか?
理由はわからないけど、とても素敵な句ですね。
20151216
そして、もうひとつ。
思無邪
思うところよこしま無し!インディアン嘘つかない〜!
こんなふうにきっぱり生きるのが理想〜。むずかしいけど(笑)
20151216_4
書はまさに邪なしですね。修正もきかない
一発勝負。すがすがしいわ。
来年も書は楽しんでいきたいです。
一川先生と今年の写真おさめ♫
20151216_5
このあと、お教室のみなさんと、中華屋さんで忘年会♫
楽しいおしゃべり〜餃子をおなかいっぱい食べました♫
20151216a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

朝ドラ「あさがきた!」の似顔絵

朝ドラの「あさがきた!」が大好きで毎朝

かかさずみています。
20151128b
あさちゃんも大好きですが、取り巻く男性陣がとても
好き。
新次郎さんは、もちろん好きだけど、惣兵衛さんが
とても好きだった、最近でてこないので、寂しいです〜
20151112
新次郎さんはさっぱりぽんになったのが,少し
残念だす。まげのほうが、艶っぽくてうっとり。。
よろしおすな。
ざんぎりですと、ただのハンサムだす。。。
くらべて、五大さまが、すてきになって、胸きゅん!だす〜
20151213a
他、サトシの「にらみ」「ふてぶてしさ」も見逃せません。
親分のちょいとおっとりというか。。。間の抜けたカンジも
うふん♫。。。。そんなわけで、あっちにふらふら、こっちに
ふらふら、よろめいてしまって、困ってます〜
20151213b
こんどは、お父様も描いてみようかな〜
へたくそな似顔絵ですが、ご愛嬌のいたずら書きでした〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文楽「奥州安達原』

文楽「奥州安達原」と「紅葉狩り」を観てきました♫

201251212c
「奥州安達原」は武家社会の悲劇です。
駆け落ちして、その夫とも生き別れになって、泣きつぶれた
目なし鳥〜♫の。。物乞いで盲目の「袖萩さん」は、ある日
父親の窮地を知ります、一人娘の「お君ちゃん」の手に引かれ
実家にもどりものの,,,勘当された身の上、中には入れてもら
えません、三味線かきならし「お慈悲を〜(絶叫)」するものの
入れてもらえません。そうこうするうちに、父親は切腹、
袖萩さんは自害。。。。なんということでしょう〜(涙,涙)
の物語でした。
因果関係の複雑な大作だったので、前半、つい、うつらうつらした
けれど、この「くどき」のところは,お席もよくて、ばっちり、
でした♫
そのあとは、いつものように、呑んで帰りましたとさ(笑)
この日は、ちょっとドレッシーに花の小紋にしましたよ〜
20151212b
20151212a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

五行歌本郷歌会

久しぶりに五行歌の「本郷歌会」に出席してきました。

今年さいごなので、サークルのみなさんにご挨拶も
したかったのです。記念撮影もしましたよ。
201512102
さて、わたしの提出した歌は、お点はふるわず〜(苦笑)
残念 でしたが、自分では気に入った歌です。
「品が良い」ともほめてくださる方もあり、
最後を「で」でしめくくったところに
何かしらの余韻を感じるとの感想もありで、
嬉しかったです。
君の母が
遺した歌々に
幼い君を探せば
慈しみばかり
祈りばかりで
これは、知人の亡くなった母上の短歌や詩歌を読ませていただく機会
があり、その感想を詠んでみたものです。
その母上というのは、サークルに所属していたわけでも,
同人誌に投稿したわけでもなく
ノートの切れ端などに書き散らしていたものを、
遺された子どもたちで編集したそうな。良い話だわ。。。。
そこには、子どものこと、夫のこと、日常のこと。。。を,
技巧こらさず、 素直に歌ってます。慎ましやかでおだやかな歌ばかり。
「母っていいな〜」としみじみしてしまったわ。
こうした歌は、歌会では「幸せ自慢か?」みたいにも思っていたけど、
子どもに遺すのはとっても素敵なことだ、と考えを改めました。
「かわいがって育てたのよ」と,口で言うより、歌で遺すほうが
感慨深い。ありがたいことのように思います。
わたしも、どこかで、こんな生き方を選択する機会もあったかも。
と、また、しみじみしました。
批評会のあとは、忘年会♫中華屋さんで、紹興酒を独り占めして
呑んでかえってきましたよ。
201512111
こちらは、幼稚園のときのわたしと母。黒羽織だから、
授業参観とか、卒業式とか??に出かける前かしら??
この小紋の着物は、羽織に仕立て直して、今わたしが
着ていますよ。
ちなみに、母はまだ生きてます(笑)
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

10分で読めるわらい話「小便小憎」

「10分で読めるわらい話/1年生」が発売されました。

日本だけでなく、中国、ドイツ、イギリス、スウェーデン、トルコ!
と世界のわらい話が12作品。。。盛りだくさんの楽しい本です。
20151208c
わたしは、このなかで「小便小憎」の挿絵を担当しましたよ。
小憎のちんねんさんは、和尚さんのお供の途中。。。
もよおしてきてしまいました。どうにもがまんができません。
どこかで済ましたいところですが。。和尚さんは、
あっちもダメ!こっちもダメ!カミサマがおいでになるから
失礼だというのです。
20151208b
そんなこといったって。もう、がまんできない〜。
あっそうだ! ならば。。。
カミがないところで、済ましちゃうもんね。と。
すっかり すっきりした ちんねんさんでした。
どんなもんだい!というお話です(笑)
20151208a
我ながら、和尚さんの顔が傑作です(笑)
読み聞かせ、朗読にもぴったりな本です。
お求めは、こちらです。
こちらで収録作品もわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »