« 春を奏でる書道展終了 | トップページ | グリム童話小さな絵本 »

2015年2月21日 (土)

古典絵本「発見!古典はおもしろい」鬼のひとつまみ

古典を絵本でよめる「発見!古典はおもしろい」

の1巻はぞくっとするこわい話を4話おさめています。
そのなかから、「鬼のひとつまみ」というお話は、
宇治拾遺物語にあるものを書き直したものです。
旅のお坊さんが、古寺で、一晩からだを休めたそのとき。。。
ぞろぞろやってきた魔物たち。。。
お坊さんの運命はいかに??
百鬼夜行の伝説のひとつです。
20150211c_2

そして、もうひとつ。。。
「取り憑いた餓鬼」。。こちらも宇治拾遺物語から。
母親の弔いで3年も愛宕山で祈り続けたお坊さん。
山を下りたら、食べる食べる。。。きりがありません。餓鬼に
取り憑かれたんですね。どうして??
20150220bloga
日本の古典を絵本で見るふしぎワールドです。
お孫さんと楽しむのも一興かも〜♪
Amazonで買えます。
20150209a_2

|

« 春を奏でる書道展終了 | トップページ | グリム童話小さな絵本 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/59014859

この記事へのトラックバック一覧です: 古典絵本「発見!古典はおもしろい」鬼のひとつまみ:

« 春を奏でる書道展終了 | トップページ | グリム童話小さな絵本 »