« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

にっぽんの図鑑

小学館から「にっぽんの図鑑」が、発売されました。

この大きなくくりを、どうやってまとめるのかしら?
と思っていましたが、本が届いたら、とても
おもしろくできてました。
Photo
単に日本の伝統行事や文化の紹介ではなくて、
そこから、日本人の精神性をひもとける
ような感じ。世代を越えて、家族で楽しめそうなご本です。
こちらは、巻頭ページで描いたわたしの絵。
日本の四季を一枚の絵でまとめるのが課題でした。
Blog150222
日本の暦は、意味深いもの。こちらも見開きで描きましたよ。
Photo_2
もうすぐ弥生です。「弥」は「いよいよ」という意味。
いよいよ草木が生まれる季節。あたたかくなるのが
待ち遠しいですね。
Amazonで買えます〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

グリム童話小さな絵本

グリム童話50話を収録した小さな絵本が

発売されました。
ちっちゃくって、持ち運びが楽な絵本です。
Photo
そのなかで、描いた小さな挿絵のご紹介です。
「りこうなグレーテル」は。台所をあずかる召使い。
なのに、味見といってお客様の料理をぜ〜んぶ
食べちゃった(笑)これでは、しかられるに決まってます。
どうするんでしょう?
20150221a_2
『漁師とおかみさん」このお話のおかみさんの欲張りは
とどまるところを知りません。ヒラメの魔法で王様になり、
法皇になり。最後は神様に??なりたがりますが。。。
さて、願いはかないますか???
20150220b
聖人君主なんていない。人間味たっぷり〜なグリムの世界です。
Amazonで買えます〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古典絵本「発見!古典はおもしろい」鬼のひとつまみ

古典を絵本でよめる「発見!古典はおもしろい」

の1巻はぞくっとするこわい話を4話おさめています。
そのなかから、「鬼のひとつまみ」というお話は、
宇治拾遺物語にあるものを書き直したものです。
旅のお坊さんが、古寺で、一晩からだを休めたそのとき。。。
ぞろぞろやってきた魔物たち。。。
お坊さんの運命はいかに??
百鬼夜行の伝説のひとつです。
20150211c_2

そして、もうひとつ。。。
「取り憑いた餓鬼」。。こちらも宇治拾遺物語から。
母親の弔いで3年も愛宕山で祈り続けたお坊さん。
山を下りたら、食べる食べる。。。きりがありません。餓鬼に
取り憑かれたんですね。どうして??
20150220bloga
日本の古典を絵本で見るふしぎワールドです。
お孫さんと楽しむのも一興かも〜♪
Amazonで買えます。
20150209a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

春を奏でる書道展終了

「春を奏でる書道展」が無事終了しました。

連日、おおぜいのお客様でにぎわい、すてきな
展覧会になったと思います。
お忙しいなか、足を運んでくださったみなさま
ありがとうございました。
西垣一川先生のお教室に通いだしてから、わたしには
3回目の展覧会でした。
すこしは、上達したのかしら??(笑)
お片づけが済んで、教室のみなさんと記念撮影です。
中央が一川先生。
20150218bloga
五行歌でもご一緒しているキコさん。キコさんの作品の前で。
20150218blogb
デザイナーの迫水氏。昔、書道習っていたそうな〜
20150218blogc
書道を習い始めたのは、絵本のタイトルを上手にかきたかった
のが動機です。少しは、役に立っているかしら??(笑)
20150218d
次の展覧会は2017年です。気持をあらたにして
精進しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには大人の贅沢

辣腕編集者と下北沢で会食。

「七草」という隠れ家のような和食やさんで
野菜のコース料理をいただきましたよ。
どれも、上品な味わいで、食べながら、
からだにやさしいな〜と感じます。
大人の贅沢かしら〜
Nanakusa2
お互い忙しいのもあって、彼女と会うのは1年ぶりぐらいです。
でも、駆け出しのころからのおつきあいなので、もう30年
ぐらい。。。戦友のような間柄です(苦笑)
こぼし話やら、内緒話やらで、日本酒がすすむ。。すすむ。
楽しいひとときを過ごしました。
Nanakusa1
昨年は、一緒に仕事ができなかったけど、今年はできると
いいなぁ。そして、いつまでも仲良くできるといいなぁ、
と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春めいておでかけ

まだまだ寒い毎日ですが、装いだけはちょっと春めいて

おでかけです。
チケットをいただけたので、久しぶりに歌舞伎座へ。
今回は2階席です。2階ですと、舞台全体が見渡せて
スケール感があるのですね。
絵巻物のような舞台に、気持も華やぎます。
Kabuki1
今回の演目はこちら♪
Kabuki2
それぞれで趣がちがうので、飽きないで、とても楽しめました。
なかでも、一の谷の合戦の平敦盛を演じた菊之助が美しく
うっとり〜しました。白馬にのって、まさに貴公子です。
思わず馬役になってお供したくなりました(笑)
このういういしく美しい武将の首をはねなくてはならない
源氏がたの熊谷直実は、吉右衛門。苦悩する姿が
泣かせます。 こちらも、しぶくて素敵♪
こちらの絵はちょうど、その場面。
以前描いたことがあるのでUP。
Kabuki3
御弁当もおいしくて、満足なひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

ハンセン病を生きた山内きみ江さん

ハンセン病を生きた山内きみ江さん。

報道カメラマン片野田斉氏が彼女に寄り添って寄り添って

撮ってきた写真展に行ってきました。

20150215d
片野田氏が書いた「きみ江さん」という本を読むと、彼女の
人生は壮絶だ。ハンセン病については、おおざっぱな知識しかなく、
まして、患者だった方に会うのははじめて。緊張しました。
20150215c
お会いすると、きみ江さんは、わたしよりからだの小さな
おばあちゃま。  でも、指がない。足も麻痺で感覚がないそうだ。
でも、不思議なほど、不幸が見えない。
おしゃべりには機知がきらめいて、とてもおちゃめなおばあちゃま
です。
20150215a
手に輪ゴムをかけてそこにペンをはさんで、本にサインを
くださいました。
20150215b
きみ江さんは、五行歌の歌人でもあった。
わたしも五行歌は親しんでいるので、話がはずみました。
歌集をだしてみたいとおっしゃる。力になれる方法を考えて
みようと思います。
カメラマンの片野田氏ときみ江さん。ふたりの会話が、また
漫才みたいで聞いてておかしかったですよ。
Unknown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

古典絵本「発見!古典はおもしろい」水の精

古典文学を絵本でよめる「発見古典!はおもしろい1巻」。

今日はそのなかにある「水の精」というお話をご紹介します。
こちらは、「今昔物語」にあるお話を書き直したものです。
今日の都のあった古びた池のある家。
この家に住む男を夜な夜な
奇妙な老人が訪れます。
顔をのぞきこまむと。。。。
20150211a
頬をずりりっとなでてゆきます。
20150211b
さて、この老人の正体は???
ものにも自然にも魂がやどっていた平安時代のふしぎ話。。。
よろしかったら、お手に取ってみてくださいませ。
Amazonで購入できます。
20150209a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を奏でる書道展

神楽坂のアユミギャラリーで「春を奏でる書道展」

はじまりました。西垣一川先生と教室の生徒たちの
展覧会です。春にちなんだ詩歌をそれぞれが書きました。
Photo
わたしが、出品したのはこちらです。こんなおだやかな一日
をすごしてみたいなぁと思いまして選びました(笑)
20150213
梅がほろこびはじめた時期ですので、一川先生とこんな
コラボ作品も出品しましたよ。梅の枝で笛を吹く梅の
精の絵に先生の書をです。
20150213_2
毎日午後2時からは、一川先生のパフォーマンスがあります。
さらさらと筆が泳いでいくような様子は美しいです。
Photo_2
先生のファンがたくさんいらして、初日から賑わい
幸先のよいスタートをきりました。
20150213_3
2月18日(水)までです。
よろしかったら、足を運んでください
ませ。アユミギャラリーはこちらです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

古典絵本「発見!古典はおもしろい」鬼の片腕

「発見!古典はおもしろい」(偕成社)が発売されました。

こちらは、むずかしいと思われる古典のお話のなかから、
落語や昔話の原点となったお話をセレクト。
絵本で読める古典です。
20150209a
一巻目は、「ぞくっとするお話」を4話そろえました。
一話めは「鬼の片腕」平家物語の剣の巻にあるお話を
やさしく書き直したものです。
橋の下で出会った美女は、実は鬼であった。
腕を切り落としたものの、とりかえしにやってきた。。。
という「戻橋伝説」の代表的な話です。
20150210a
20150210b
これから、少しずつご紹介していきますが、この本は
版も大きく、まるで画集のようでもあり、とてもやりがいのあった
仕事でした。本になってとても嬉しいです。
これから、2巻、3巻と順次、発売です。
20150209b
Amazonで買えます、ぜひ、お手に取ってみてくださいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本酒の会

2月7日(土曜)わがやで「日本酒の会」。

「日本酒の会」とは。。。
仲良しで日本酒好きのフリーのクリエーターが集う
私的サークルです♪
今回は、そのなかの一人が広告代理店に再就職が決まったので、
そのお祝いの会です。
ただ、東京をはなれ、ふるさとに帰ることになるので
たいへん寂しい。
でも、めでたいことなので、みんなで、応援です。
お部屋も華やかに飾って、主役には大きなおリボンして
もらいましたよ(笑)
20150207a
乾杯をして、ご挨拶をいただいて、祝辞→懇談→寄せ書きと
花束の贈呈→三本じめと。。。会は笑いと酩酊と涙で終了。
20150207b
20150207c
みんなでおリボンで遊んだり〜もしました(笑)
彼女のいい思い出になったかしら??
20150207d
坂の上に白くかがやく一朶の雲があるとすれば、それのみを
見つめて、のぼっていってほしいと思います。
がんばれ〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

春を奏でる書道展

書家の西垣一川先生の神楽坂社中展がもうすぐ開かれます。

先生と生徒と20人以上の展覧会です。
2015syo1
2月13日(金)〜18日(水)
11時〜19時(最終日17時まで)
場所は神楽坂のアユミギャラリーです。
今回は、春にちなんで詠まれた詩歌、俳句、漢詩など
それぞれの感性で発表です。
わたしは、この句で出品します。
20150114
春眠のつづきの如き一日かな
展覧会のあいだこんなふうにのんびり〜したお天気が
つづきますように。
先生とのコラボ作品もあります。
よろしかったら、いらしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

節分えほん

2月3日は節分です。

で、、、せつぶんえほんのご紹介です、
幼稚園などで、みんなで楽しむおおきなおおきな絵本です。
広げると700ミリ以上!
Setubun
おマメのことや、恵方巻きのこと、各地の節分のこと。
節分に関するいろいろが満載です。
そのなかで、節分の由来の絵本ページがあって、
そこの絵を描きましたよ。
鬼にさらわれて、逃げ出したおふくという賢い女の子の
お話です。
1
5
なんせ、大きいので実物は迫力満点です。でも、一般の書店では
売っていないの。ちょっと、残念。でも、幼稚園や保育園で
楽しんでもらえますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »