« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月

2014年8月24日 (日)

夏の俳句と書

まだ、まだ暑い東京です。

西垣一川先生の書道教室でお稽古してきました。
「一身を矢として翡翠漁れる」
翡翠と書いて「かわせみ」と読ませています。
20140820
かわせみが、魚をとるようすをスピード感。。
緊張感いっぱいに詠んだ句。川蝉を「翡翠」としたことで
青い矢が見えるようですね。   
でも、これは、むずかしかったわ。
前半は画数が少ない。後半はいっぱい。バランスをとるのに
四苦八苦でした。ようやくここまで、まとまりました。
そして、もう一書。「天真」
天真とは天女のけがれなき真心。「天真爛漫」っていいますね。
140820
こちらは、のびのび〜書けました。
絵もこの気持ちで描いてゆきたいものです。
写真はお稽古中、先生が撮ってくださったもの。
20140820_2
こちらは、以前つくった先生の書とわたしの絵のコラボです。
詩歌アートと呼んでます。
Photo
詩歌アートは、みなさんの句を書と絵で作品にするサービスです。
ご自身の自慢の詩、歌。。句。。をお待ちしてます。
こちらのサイトもごらんください。
みなさんの写真を絵本の1ページにする
フォトアートもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

日本酒の会

ぷりん邸?で、日本酒の会を開催しました。

今回は、飾り付けも華やかに〜まるで、お誕生会のようです。

この会のメンバーはみな、フリーのクリエーターです。

イラストレータ、コピーライター、デザイナー。。。

ふだんは、孤独な一匹おおかみ。その寂しさを、半期にいちど

愚痴と大言壮語で、なぐさめあう会です(笑)

Blog1

各自、おすすめの日本酒と肴をもちよって、なんとなく、利き酒?

でそろったのは、「山形政宗」「沢屋まつもと」「まんさくの花」

「相模灘」「遊佐来」「〆張鶴」。。。さて、今回のいちばん人気は

危険なにごり、本生原酒「相模灘」でした。

きんきんと冷やして、すっきり感。だけど、甘くて華やかでした。

最初に空になりました。

酔うほどに「昭和の歌謡メドレー」のようになって、お開きの

イイヨルでした♪

Blog2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

電子絵本「おおきさくらべ」

すいぶん前に描いた「おおきさくらべ」という日本の昔話を
電子絵本で復刻いたしました。

むかし、むかし。。。

「おれさまは世界でいちばん大きい」といばっていた
大きな鳥がいて。。。
20140809a
ところが、その鳥を、叱り飛ばすもっと大きなえびがいて。。。
20140809b
そのえびを、くしゃみで吹き飛ばすもっともっと大きな
亀さんがいた。。。。
20140809c
ひゃ〜。海は広い〜、世界は大きい。
まだまだなにがいるのかわかりませんぞ。
気持ちよくおおらかなお話で、気持ちまでうんとおおきくなる
日本昔話です。
PIBOのサイトで読めますよ。ぜひ〜♪
☆電子絵本読み放題のPIBO(ピーボ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

落語家 古今亭菊千代師匠と一献

落語家 古今亭菊千代師匠と一献。

日本酒をけっこういただきましたよ。
菊千代師匠も修行のため?呑んでいるうちに
けっこうイケル口になったそうな。笑。
20140802a
菊千代師匠とは「体験子ども寄席」のご本でごいっしょしてから
のおつきあいです。子どもむけに、短く、おかしく、きれいに
落語の台本をまとめてくださって、
わたしもやりがいのある仕事となりました。
20140802b
挿絵をとっても気に入ってくださっていて、うれしいかぎりです。
絵は4巻「夏どろ」から。びんぼうな男に同情して
お金あげちゃうお人よしのどろぼうさんの噺。
91
菊千代師匠は、耳の不自由な人のために「手話落語」の普及
にも情熱もってらっしゃる。
実演が、こちらのゲスト出演で、ちょこっと見れますよ〜
よろしかったら、ごらんくださいね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子絵本PIBO「たのきゅう」

絶版になった作品を復刻。ということで参加してみた

電子絵本の世界ですが、2作目をサイトにUPとなりました。
日本むかしばなしから「たのきゅう」です。
文は岡本一郎先生。ユーモアたっぷりのおちゃめなお話
が得意で、ご活躍の先生です。
お話の主人公は旅役者たのきゅうというへんてこりんな
名前の男。
_ver071
たのきゅうが峠を越えかかると、おそろしい
大男があらわれます。
_ver073
この大男はたのきゅうを「たぬき」と聞き違えて、化けくらべを
いどんできます。たのきゅうは、旅役者、変装はおてのものです。
華麗な変身ぶりに、大男はびっくり。
_ver074
実はこの大男の正体はうわばみ(大蛇)だったのですが。。。
_ver075
さて、このふたりの勝敗は???つづきは。。。
電子絵本PIBOの会員になっていただけると読めますよ
☆電子絵本読み放題のPIBO(ピーボ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »