« スマイルホスピタルジャパン交流会 | トップページ | おばけやようかいの話「つらら女」 »

2014年7月13日 (日)

日本昔話「ねずみおんちょろのお経」

新作のご紹介です。

「ねずみおんちょろちょろのお経」という昔話。
むかし。。。おじいさんを亡くしたおばあさんが
おりました。
ある晩、旅のお坊さんが、一夜の宿を求めてやってきます。
おばあさんは、大喜び。これで、お経をあげてもらえると
思ったからです。
2_2
ところがこのお坊さん、にせ坊主。お経があげられません。
うろちょろでてきたねずみをみながら、でたらめなお経を
あげました。
3
なんにも知らないおばあさん。そのでたらめなお経を覚えて
仏さんをおがむようにになりました。
そんなある晩、どろぼうが、しのびこんできて。。。
6
「信じたものは救われる」「いわしの頭も信心から」などと
いいますが、くすくす笑える楽しいおはなしですよ。
自分では、お坊さんの顔がお気に入りです。
文章に猫ははいっていないけど、遊びで描いてみました、
ねずみと猫の描写も楽しんでくださいな。
このお話は「すきっぷ」8月号(メイト)に掲載されています。

|

« スマイルホスピタルジャパン交流会 | トップページ | おばけやようかいの話「つらら女」 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/56779215

この記事へのトラックバック一覧です: 日本昔話「ねずみおんちょろのお経」:

« スマイルホスピタルジャパン交流会 | トップページ | おばけやようかいの話「つらら女」 »