« 真砂女の恋歌を書にして | トップページ | こわくてたのしいおばけの話 »

2014年6月20日 (金)

テクニカルアートの世界

イラストレーター安田雅章さんのグループ展(山脇ギャラリー)

にいってきました。
20140619a
お誘いを受けなかったら、自分からは絶対に行かない「テクニカル
アート」の世界です。
私のいちばんの苦手とする車がいっぱいの展覧会です。
原画をみるのははじめてでしたが、みなさんすごいテクニシャンばかり
で、びっくりしました。
20140619c
こうした専門の画家さんたちは、図面からその車が描けるの
だそうな。部品の細部まで正確に描く。。。まさに職人芸。
20140619d
そして、こちらが、安田氏の絵。いちばん、コミカルだったわ。
アメリカンコミックふうで、なじみやすい(笑)
20140619b
かっこいい高級車に乗るのは、男のロマン、ステータスだったと
思いますが、今の若者は、あまり興味がないそうな。
堅実なのは、悪いことではないけど。。ちと、わびしいですね。
見終わって、「あて」というお店で一献。
古民家にまよいこんだようなお店です。
華やかだったバブルをそこそこ楽しんだふたりで、なつかしい時代
やら、今の話やらしてすごしました。楽しかった〜♫
20140619e

|

« 真砂女の恋歌を書にして | トップページ | こわくてたのしいおばけの話 »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/56557227

この記事へのトラックバック一覧です: テクニカルアートの世界:

« 真砂女の恋歌を書にして | トップページ | こわくてたのしいおばけの話 »