« 薪能で羽衣を見る | トップページ | 書道教室で初夏の俳句 »

2014年5月23日 (金)

世田谷フィルコンサートの宮川あきら氏

世田谷フィルハーモニー管弦楽団は、アマチュアのオーケストラですが

歴史も実力のぴか一です。
45回目のコンサートには、宮川あきら氏をむかえて開催されました。
わたしは、チラシの絵を描いたご縁で、聴きにいってきました。
201418b_2
指揮とピアノと司会進行、おしゃべりと大忙しの宮川あきら氏
にすっかり、魅了されました。ほんと、舞台にぱあっと明るく
なるような方。音楽を、人を愛する気持ちがいっぱい、って
カンジです。
そして、このコンサートのために書き下ろした、編曲がほんと
すばらしいかった。すごい才能!と思いました。
ピアノの練習曲「ブルグミュラー」は、好きだったけど、これを
聞いたらもっと練習にはげんだかも〜と思うような、ドラマチック
なカンジ。中山晋平の童謡の世界も「砂山」なんて、ちょっとうるうる
しましたよ。
会場には、こどももたくさんいましたが、騒ぐ子は皆無。みんな
楽しんでいたようす〜。
また、聞きたいです。
会場には、絵も飾ってくださって、うれしいコンサートでした。
Dscn1069

|

« 薪能で羽衣を見る | トップページ | 書道教室で初夏の俳句 »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/56288448

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷フィルコンサートの宮川あきら氏:

« 薪能で羽衣を見る | トップページ | 書道教室で初夏の俳句 »