« 母と子のおやすみまえの小さなお話 | トップページ | 薪能で羽衣を見る »

2014年5月10日 (土)

子ども病院でお絵描き(その2)

5月7日、神奈川の子ども医療センターにいってきました。

入院中の子どもをアートではげまそうという
2回目の活動です。
05101
ベットから離れられないこどもには、好きなものを描いて
あげました。
リクエストに応じて、まんがの「ワンピース」のキャラも。。
生まれてはじめて描いてみたわ(汗)となりに、本人の似顔絵
を描いてあげたら、拍手をもらました(笑)嬉しいです。
05104
お母さまリクエストで、入浴中の赤ちゃんをスケッチしました。
訪問した病棟は重症の子ばかりなのです。
生まれたときから、ずっと、病院で育つ子もいるんだなぁと
実感しました。
05103
プレイルームに来れる子たちで、なんとなくお絵描き教室?
自分で自由に描きたい子には、ちょっと手助け。上手に描きたい子
には、コツを。恥ずかしがって描けない子には、好きな食べ物を
描いておままごとをしてきました。おかあさんに抱っこされながら
にこにこして、ハンバーグを食べていましたよ。
この新幹線の絵は傑作〜。小学校4年生の男の子の絵です。
トラックもバスも走ってる。駐車場もありますね。東京タワーに
スカイツリー。。。都会の風景だそうです。
05102
ふだん、看護婦さんやお母さんと密着している子どもたちなので
内気な子どもが多く、なかなか、心のなかをのぞくのは
むずかしいです。でも、絵で自分の気持ちを表現できる楽しさを
知ってもらいたいなぁと思います。
そのうち、みんなで大きな絵を描いてみたい。
などと夢をもちました。
でも、まだはじめたばかりの活動。まずは、自分が長続きでき
るように無理しないで、ぼちぼちやっていきます。
スマイリングホスピタルジャパンは、

|

« 母と子のおやすみまえの小さなお話 | トップページ | 薪能で羽衣を見る »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/56137562

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども病院でお絵描き(その2):

« 母と子のおやすみまえの小さなお話 | トップページ | 薪能で羽衣を見る »