« ネットテレビにちょこっと出演 | トップページ | 子ども病院でお絵描き(その2) »

2014年5月 3日 (土)

母と子のおやすみまえの小さなお話

ナツメ社から「母と子のおやすみまえの小さなお話」という

本が出版されました。
こちらは、はがきよりひとまわり大きいぐらいの
小さなご本です。
このなかに100話。イソップやグリムの昔話、アンデルセンの
童話、日本の昔話、神話。。などなど、はいっています。
このなかで4話の挿絵を担当しました。
Hyousi_3
●「ヤマトノオロチ」スサノウのみことはおそろしい
オロチにお酒をのましてみごと退治しますね。
描いてみたかった日本神話だったので、この担当になれて
うれしかったです。こんど本格的に長いものでやってみたいなぁ。
Orochi2_2
●「雪女」だれにも話してはいけないと約束したのに
話してしまったことで、夫婦わかれになってしまったのが
せつないですね〜。なんどか描いているけど、この話は
やっぱり絵になる。好きだわ〜
Yukionna2
●「ばけもの寺」落語本でも描いたけど、やっぱり笑える。
おばけだってこきつかっちゃう人使いの荒いご隠居さん。
こんな人にわたしもなりたい??(笑)
Bakemono
●いぬとねことうろこだま 心やさしいおじいさんに
かわいがられた白蛇がふしぎなうろこ玉をくれるのですが。。。
これは、冒険もたくさんあるので、今回は小さな挿絵でしたが、
次回は絵本でやってみたいなぁ。
Hebi
コンパクトな本なので、どこでも読み聞かせができます。
昔話は「知恵と勇気」で困難をのりきる話や「やさしい心」が
むくわれている話がいっぱい。逆に愚かな心がまねいてしまう
こともちゃんと語られています。
よろしかったら、お手に取ってみてくださいね。
Amazonでも購入できます。

|

« ネットテレビにちょこっと出演 | トップページ | 子ども病院でお絵描き(その2) »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/56040903

この記事へのトラックバック一覧です: 母と子のおやすみまえの小さなお話:

« ネットテレビにちょこっと出演 | トップページ | 子ども病院でお絵描き(その2) »