« 世田谷フィルコンサートの宮川あきら氏 | トップページ | 文楽「三十三間堂棟由来」を見る »

2014年5月27日 (火)

書道教室で初夏の俳句

神楽坂の西垣一川先生の書道教室に行ってきました。

初夏の俳句をふたつ書いてきましたよ。
夕立の天の岩戸を拝みけり(尚毅句)
神話を連想させるドラマチックな句です。
ここのところ、突然の雨が多いですね。
そんなとき、思わず、はやくやんでくれますように。。
天の岩戸からアマレラスの女神さまがお顔をのぞかせて
くれますように。なんて、つぶやいてみたくなる句ですね。
Photo
しづかな道となりどくだみの芽(山頭火句)
山頭火は大好き。放浪の俳人ですね。
この句を読んでいるときも、たたひとりで歩いていたのでしょう。
その道ばたにどくだみの白。ひっそり咲いています。
孤独な白が、作者の心情と重なるようです。
でも、どうも元気な道にみえる書になってしまったわ(苦笑)
Photo_2
久しぶりの書道の時間でした。
絵のときとは、また別の緊張と楽しさがあります。
書は、失敗して訂正ができないけど、のびのび筆を動かすのは
楽しいです。お稽古が終わったあとは、なんだか
すがすがしい気持ちになりました♫
Photo_3

|

« 世田谷フィルコンサートの宮川あきら氏 | トップページ | 文楽「三十三間堂棟由来」を見る »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/56326921

この記事へのトラックバック一覧です: 書道教室で初夏の俳句:

« 世田谷フィルコンサートの宮川あきら氏 | トップページ | 文楽「三十三間堂棟由来」を見る »