« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

新刊本打ち上げパーティ

この春に出版しました「語り継ぎ絵本「せんそうってなんだっ

たの?」の打ち上げパーティに出席しました。
本になった喜びを、編集者。著者、絵描き。みんなで分かち
合えることができました。
1
この本は、戦争当時子どもだった方を取材して、書き起こした
ドキュメンタリー絵本です。ごく普通の家庭のこどもたちが
戦争にまきこまれ体験したことを本にしたもの。
戦争の理不尽さを自分の身におきかえて読めます。
ぐっと胸にせまる体験談ばかり。。。12巻、どれも力作
ぞろいです。
2
わたしが担当したのは3巻です。「松並木はもどらない」これは
東北ののどかな農村でおこったこと。
農家の人が自分たちでつくったお米も食べることができなかった
ようすや、美しい松並木が飛行機の燃料のため、伐られていくこと
など描かれています。
3_2
そして、打ち上げがもうひとつ。。。
「絵でみてわかるはじめての漢文」の編集者、校正者、デザイナーが
監修の明大の加藤徹先生をかこんであつまりました。
加藤先生は、実にユーモアあふれる方で、漢詩はもちろん、
三国志、京劇。。。ご趣味のアコーディオンのはなしでもり
あがりました。とっても楽しい会でした〜
4_4
こちらは、「2巻漢詩」のなかで描いた李賀の詩から。
月にはうさぎとガマガエルが住むと信じられていたころ、
月から中国を眺めています。海はまあるい杯の水のようだ。
と詠ってます。唐の時代にこの壮大な想像力。
中国の底力をみるようです。
5
どちらもとてもいい仕事に参加できた。うれしいです。
打ち上げで、いっそう達成感やチームワークも感じました。
人にめぐまれるというのは、ありがたいことだなぁ。
大事にしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

北鎌倉のお人形展

久しぶりにちょこっと遠出。北鎌倉にいってきました。

東慶寺のなかにあるギャラりーで、高知の人形作家の展示を
みてきたのです。
1
土佐の和紙にべんがらや柿渋を塗ったお人形の数々。素朴で
愛らしいけど。。。どこか洗練された美しさです。
禅僧のだるまさんはとてもハンサムです。縁起もいいのでひとつ
買いました。
2
土佐で静かに人形作りをしている田村雅昭氏。おだやかなお顔
ですが、人形つくりについては、情熱的におはなしされてました。
いっしょに写真をとってもらいましたよ(中央が田村氏)
3
境内をお散歩して、春を感じられてうれしかったし、お昼ビール
を呑んで精進料理をいただいたり。。。のどかな休日でした。
4
リフレッシュできたので、締め切りせまった絵本をがんばっ
てすすめようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

子ども寄席のための落語本(その2)

「体験!子ども寄席/全5巻」が、偕成社から発売されました。

落語の名作を自分で演じるための台本です。
会話形式なので、朗読劇にもいいかもしれません。
そして絵本のように絵も満載!
どのお話も楽しく描けたと思います。
こちらは4巻。「江戸っ子噺」5席と「どろぼう噺」5席が
はいっています。
4a
こちらでは、強情でけんかっぱやい江戸っ子たちが大暴れ!
4_2
(強情灸より)
どろぼうはドジぞろい。いつもへまばかりです。
4b
(夏どろより)
各噺に解説もついていて、江戸文化や江戸料理も学べます。
4c
監修は、時代小説家で、江戸料理や浮世絵に詳しい
車浮代先生です。
Photo_2
書店やネットで購入できます。ぜひ、お手にとってみてくださいな。
アマゾンでの購入はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども寄席のための落語本(その1)

「体験!子ども寄席/全5巻」が発売されました。

昨年からとりかかっていたシリーズ、96ページ×5巻=480ページ
なんとか描き上げて、ようやくそろいました。
20140315a
ケースにもはいって、ほんと、うれしいです。
20140315b
落語の名作が演じるための台本となって一冊に10噺。
5巻で50噺はいってます。
20140315c
著者は古今亭菊千代師匠。初の女真打ちとして活躍しながら、
子ども寄席も主催しています。台本は録音しながら書いたそうな。
なるほど!リズムがよくて、覚えやすそう。ノリノリの原稿です。
Kiku0
内容のご紹介は、次回でご紹介いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

古今亭菊千代師匠の廓噺

日本橋亭での「廓噺/女流二人会」にいってきました。

講談と落語で女がふたり「廓噺」で対決!です。
20140308a_2
女が廓噺??と、思いましたが、これは、とてもおもしろかったです。
神田織音さんの「清花」は、片目ながらの絶世の美女。意地を通す
きりりとした花魁。
そして、「体験!子ども寄席」の著者でもある古今亭菊千代師匠「お見立て」
の花魁はそのわがままなぶりが、実に愛らしい。嫌われていることを
まったく感じないおやじは愛嬌たっぷり、ふたりのあいだにはいった若い衆の
とほほ。。ぶりに、笑いっぱなしでした。女の廓噺は[艶」ではなくて、
さわやかな笑いでしたよ。
会のあとは、菊千代師匠を囲んでみんなで呑みました。落語本の慰労会
といったカンジでもありました。
20140308b
落語本のスタッフです〜
20140308c
和気あいあいで、記念撮影です〜
落語本も4巻5巻の見本ができました。
Photo_3
1巻〜5巻そろってのセット発売ももうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども病院でお絵描き

神奈川県立こども医療センターにいってきました。

入院中の子どもたちと、ちょこっとお絵描き。
はじめての、小さなボランティアです。
こどもたちにアートを届けることを目的としたNPO法人の
活動に参加してみたのです。
『オイルクレパス」というのびのいい画材をもっていきました。
このほうが、描くときひじから動かすので、のびやかに描けそう
だと思ったから。
13233_613519948732749_1161719738_n
リクエストに応えながら、動物など、ちょこちょこ描いてみたら、
はじめは、おそるおそる真似していたこどももだんだん、
自分の世界で、描いていけたみたい。少しだけど、
心をひらいていってくれるようすが、うれしかったです。
Kotoba
それにしても、絵というのは、それぞれの個性がでるものだなぁ。と
実感。ひらめきの強い子、細部をきちんと描く繊細な子。
恥ずかしがりやだけど、自分の描きたいものがはっきりしている子。
みんな、外で遊べない子どもたちだけど、心の中は、
のびのび育っているように思いました。明るい絵ばかりでした。
こうした活動、少しずつ続けて、こどもたちと、心を通わせて
いきたいな〜と思ってます。
Kaeru
スマイリングホスピタルジャパンには、
さまざまなアーティストが参加しています。
くわしい活動はこちらをごらんくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

ディズニー100人のアーティスト

 ディズニーの「美女と野獣」を描きました。

Blog140301
こちらは、日本のアーティスト100人がディズニーの
さまざまなキャラクターのなかのひとつを選んで、自分の
世界観で描くという初の試みです。
わたしは。「美女と野獣」を選んでみました。
恐れられているけど優しいところもある野獣。
日本の鬼と共通点があります。日本らしくと思い、ちょっと水墨画で
描いてみました。いかがでしょう?
ドコモの携帯の壁紙、アプリになっています。
購入しなくても、ドコモショップでみることができるそうです。
機会のある方、ぜひ、お手にとってみてくださいね。
詳しくは、こちらをごらんください。
https://www.nttdocomo.co.jp/product/disney_mobile_on_docomo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »