« 千葉の町おこしを考える | トップページ | おとぎ話の世界~三人の挿絵展(その1) »

2013年9月28日 (土)

「ペコロスの母に会いに行く」試写会

秋めいてきました。

見つめをる 月より何か こぼれけり(風生句)
20130925b
この句を詠んだ方は、何を思って月をながめていたのでしょう。
むくわれなかった恋でしょうか??
それとも遠く離れている大事な人のことでしょうか??
月には、己の物思う心を映しだすふしぎな力があるような。。。
眺めていて、ふと涙がこぼれたのかも??
それを月からこぼれたように表現したのかもしれません。
さて、せつないけど、人生泣き笑い。
60歳過ぎた息子とぼけてしまった母との交流、
老老介護を描いた映画「ペコロスの母に会いに行く」の
試写会にいってきました。
老いること、ボケること、ハゲること(笑)を抱きしめるように
いとおしく描いた作品。
すばらしかったけど、自分はこの映画のように、
痴呆症が進む親をおちゃめに愛せるかどうか??
こんな少女のようにかわいいボケばあちゃんにはとても
なれそうもない。と。。。
こうなるのは、明日でもおかしくない今、とっても考えさせられた
映画でした。
20130928
そして、こちらは、余談。
9月に発売になった「体験!子ども寄席」が図書館新聞で、ちょこっと
紹介されました。うれしいです。絵は「たらちね」から。
20130926

|

« 千葉の町おこしを考える | トップページ | おとぎ話の世界~三人の挿絵展(その1) »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

先日は、この本をチラッと見せてもらいました。
じっくりと読んでみたいと思っています。

投稿: アルキメデス | 2013年9月30日 (月) 14時56分

アルキメデスさま

ちょっとお高めの落語本ですが、なかなか評判いいです~
どうぞ、よろしく♪

投稿: ぷりん | 2013年9月30日 (月) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/53416826

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペコロスの母に会いに行く」試写会:

« 千葉の町おこしを考える | トップページ | おとぎ話の世界~三人の挿絵展(その1) »