« 迷路えほん「たろうがいっぱい」の発売 | トップページ | 千葉の町おこしを考える »

2013年9月22日 (日)

文楽「伊賀越道中双六」を見る

9月15日、台風前夜。

運よく雨に会わず文楽を見てきました。

「伊賀越え道中双六」。仇討ものです。
いちばんの見せ場はわが子殺し~!!
仇討の助っ人「政右衛門」は身をいつわって敵側に潜入。
そこへ女房お谷がこどもを見せにはるばるやってきてしまって。。。
敵に正体を見破られるわけにいかずに、
涙をのんで、女房を追い出し、わが子を殺してしまいます。
そのシーンは。。
ああ~お人形とは思えないすごい迫力で。。。
見終わって、へとへとでした。
0

台風は京都が大変でしたね。
でも、そのあとは、すっかり秋晴れです。
お散歩が楽しい季節になりました。
絵は一休さん。「この橋わたるな」から。
こんなふうに賢く堂々と、天下の往来を歩いてみたい
ものです♪
00

|

« 迷路えほん「たろうがいっぱい」の発売 | トップページ | 千葉の町おこしを考える »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/53348816

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽「伊賀越道中双六」を見る:

« 迷路えほん「たろうがいっぱい」の発売 | トップページ | 千葉の町おこしを考える »