« アジアユースオーケストラの公演 | トップページ | 落語「柳の家の三人会」に行く »

2013年9月 1日 (日)

レイコ・クルック「赤とんぼ」出版記念パーティ

レイコ・クルックさんの出版記念パーティに行ってきました。
レイコさんは、特殊メイク(ドラキュラとかのお顔つくったりするメイク
)のパイオニア。単身パリにいって、今も世界を舞台に活躍している方
ですが、御年78歳で、2冊目の本「赤とんぼ」を出された。
この本は戦争終戦の前後、長崎で10歳の少女だったレイコさんの体験記
が主人公(桂子)の視点でつづられています。
読み始めましたが、早熟な少女の見る戦争における「生と性」は
とてもおもしろいです。
1_2
パーティは。ご本を白石かずこさんが朗読されたり、山本寛斎さんの
ごあいさつがあったりで、とても華やかでした。
会場には、ご自身で描かれた挿絵の原画も展示されていて、それも見事です。
ほんと、独特の世界観ですね。才能がある方というのは、いくつもあって、
自身の感性をまっすぐ信じていくようなところがあります。だれも、じゃま
できないのです。
Photo
こんどは、この本で映画監督もしたいという夢を語っておられました。
とにかく、スケールがちがって、お会いするのは3度目ですが、
そのたび、ただただ、恐れ入ってしまいます。
でも、彼女のまぶしい世界にちょぴりふれると、
こちらも華やかな気持ちになります。

3_2
映像制作会社「phスタジオ
の代表、近藤左千子さんたちと。

|

« アジアユースオーケストラの公演 | トップページ | 落語「柳の家の三人会」に行く »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/53106117

この記事へのトラックバック一覧です: レイコ・クルック「赤とんぼ」出版記念パーティ:

« アジアユースオーケストラの公演 | トップページ | 落語「柳の家の三人会」に行く »