« 文楽「伊賀越道中双六」を見る | トップページ | 「ペコロスの母に会いに行く」試写会 »

2013年9月22日 (日)

千葉の町おこしを考える

仲秋の名月の日。
お迎えを待ってていたのですが、来ませんでした。

どうしたのかな~(笑)
1
というわけで、、両国のやきとり屋さんへ行きました(大笑)
2
歴史で千葉の町おこし~を考える会の結成。
親睦会でした。
みんな千葉におうちがある歴史好きのメンバーです。
わたしは東京生まれですが、今、実家は千葉にあるのです。

源頼朝を助け、鎌倉幕府の支えとなった義侠の人
「千葉常胤」とその子孫の話しをしました。
一族は、千葉にととまらず、奥州、九州にも広がっていきます。
相馬とは、親戚のように仲良しだったりします。
スケールも大きくて、おもしろいです。
3
千葉常胤はいわゆるナンバー2.
保科正之とか、山本寛助とか。。
ナンバー2にあたる人の心理と悲劇はドラマです。
編集者と脚本家と絵描きで、これから、何ができるかな??

絵は「八幡太郎義家」から。
4

|

« 文楽「伊賀越道中双六」を見る | トップページ | 「ペコロスの母に会いに行く」試写会 »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/53349289

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉の町おこしを考える:

« 文楽「伊賀越道中双六」を見る | トップページ | 「ペコロスの母に会いに行く」試写会 »