« 浅草で風流住吉踊り | トップページ | 今昔物語/怪力の坊さんの話(その2) »

2013年8月24日 (土)

今昔物語/怪力の坊さんの話(その1)

(今は昔~)ではじまる「今昔物語」には、ふしぎ、シュールな話が
たくさんありますが、その中からふたつ、
世にもめずらしいお坊さんの話をご紹介します。

Bouzu1
まずは、「怪力の坊さん
今は昔、京都に実印僧都(じついんそうず)という、とてもえらいお坊さん
がおりました。このお坊さん、ものすごく力が強いといううわさでした。
「どれほどのものか、ためしてやろう」
ある日のこと、昼寝をしている僧都に、弟子たちがいたずら心をおこし、
足の指にくるみをはさみこんでみると。。。
「あ~、よくねたわい」のびをしながら、僧都は、ばりばりばり~っと
くるみを割ってしまったそうな
「すごい!」弟子たちは、すっかり、恐れ入ってしまったそうな。。。
20130818a
つづく。

|

« 浅草で風流住吉踊り | トップページ | 今昔物語/怪力の坊さんの話(その2) »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/53018281

この記事へのトラックバック一覧です: 今昔物語/怪力の坊さんの話(その1):

« 浅草で風流住吉踊り | トップページ | 今昔物語/怪力の坊さんの話(その2) »