« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

フォトアートができるまで(1)

みなさんのお写真を絵本の1ページにするフォトアート。

今日は、こちらのできるまでの制作過程をご紹介します。
1.ご結婚を控えたYさんからお申込みがありました。
 これから、写真を撮るとのお話しでしたので。
 ○なるべくカメラ目線でないものを。。(そのほうがストーリー性をだしやすいので)
 ○なるべく解像度の高いものを(そのほうが、加工がしやすいので)
 とお願いしました。
 後日提供いただいた写真4枚です。
Ph1
ちょっと上を向いた右端が、未来を見つめているよう。
寄り添うカンジもすてき。
2.結婚式は初夏。ウエルカムボードとして使いたい。そのあと
新居のお玄関に飾る予定だそうです。
奥様のお好みは「アジアン」それにかえるも大好き。とのお話も
うかがいました。
「大人のメルヘン」をエキゾチックにしたいところです。
3.で。。。こんな下絵を描きましたよ。
イメージは、インドの豊穣と愛の神様「ラクシュミー」に祝福されるふたり。
ぞうも、かえるもふたりの門出を祝っています♪
Ph2
4.この段階で下絵をチェックしていただきます。
 このままおまかせします~とのお返事でしたので、このまま
 進めましたが、ご希望があれば、なんでもおっしゃってくださいね。
5.バックをぬって、象など描いて組み合わせていきます♪
 徐々にできあがっていく過程はフェイスブックで実況中継しています。
 コメントをいただきながら、みんなでつくっているカンジです。
 登録なさっている方はごらんくださいね。
Ph3
6.できあがりです~♪
賑やかなお祝いの宴です。大人もメルヘンになったかな~。
Ph4
額サイズは(379×288)です。額選びはおまかせください。
額装して梱包して、宅配便でお届けします。
そして、幸せな幸せな結婚式~。
フォトアートも、無事ウエルカムボードとして、お客様をお迎えしました。
Ph5
おふたりに、喜んでいただけたようすで嬉しいです。
感想もいただいております。こちらです。
フォトアートの使い方は、お客様しだいです。
いろいろな使い方があるなぁと、教えていただいています。
お母さまお父様の喜寿などのお祝いにも楽しいと思います。
わんちゃんねこちゃんもやってみたいところです。
携帯で気軽に撮った、自然な表情のものもすてきです。
次はそのご紹介を♪
あなたのベストショットを絵本にする「フォトアート」は
あなたの詩歌を一枚の絵にする「詩歌アート」はこちらです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

詩歌アートのあるお店

みなさまの詩歌を一枚の絵にする詩歌アート。
http://fantasy-photoart.com/shikaart/

こちらをご利用くださった築地の和食屋「はしば」さんに
ランチに行ってきました。
お店のランチ定番メニューは「海鮮丼」です。
旬のおさかなにちょっとごま味をきかせてあって、
そこにおしょうゆをかけて食べます。
あっさりとしていておどんぶり一杯、ペロリと食べられます。
デザートには「とうもろこしプリン」をつくってくださった♪
こちらも甘味をおさえて、生ものの後味をすっきりさせてくれます。
とってもおいしかったです~♪
Hasiba1
そして、カウンターに飾っていただいたのが、先日収めたこの絵です。
飾られたのを見ると、やっぱり、嬉しいです♪
なかなか迫力もあるし、楽しくできたような??いかがでしょう。
Hasiba2
ご主人もとても気に入ってくださったようすで、これからも季節に応じて
差し替えてくださるとか。うれしいお話しです。
常連さんたちも絵をつんつんしながら、笑ってくださったそうです。
せいぜい、話題になって、商売繁盛のお手伝いができるといいなぁ。
と思っています。
書を書いた西垣一川先生も、はりきっています。
Hasiba3
夏休みもはじまりました。おまつりもあちこちではじまっています。
豊かな実りと豊かな食材とはしばさんの商売繁盛を祈って。
あなたの撮ったお写真を絵にするフォトアートもどうぞよろしく♪
http://fantasy-photoart.com/
Hasiba4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

詩歌アートができるまで

みなさまの詩歌を一枚の絵にしてお届けする詩歌アート。
http://fantasy-photoart.com/shikaart/

詩歌と言っても、短歌や俳句ばかりではありません。
お店のキャッチコピーといったものでも楽しいものができます。
今日は、ご注文いただいた築地の和食屋さん「はしば」さんの絵が
できる過程をご紹介します。
1.はしばさんからは「カウンターにすわる常連さんを楽しませたい」
 とのご依頼です。季節の折々に絵もかえてみたいとのこと。
 
2.そこで。一年中使えるキャッチコピーを考えていただきました。
 五つあがってきましたキャッチコピーから、メールで、打ち合わせ。
常連になるほど、嬉しや美味しいカウンター」に決定しました。
3.夜のコースメニューでは、はじめに、ちょっとお寿司を出すはしばさん。
  旬の魚たちのコーラス隊を提案し、描いてみました。ここで
  下絵をチェックしていただきます。
H1
打ち合わせの結果、中央のお父さんを変更して、はしばのご主人が
おさかなコーラス隊の指揮者として登場することにしました。
4.こちらの下絵をもとに書家の西垣一川先生に書を依頼します。
 あがってきたのが、こちらです。書は2種類あります。
H2
5.描きなおした絵と書をあわせてみます。
H3
6.どちらがいいかな~と。フェイスブックのみなさんにご意見を
 うかがったところ、下~が好きのコメントが多かったです。
 はしばさんもコメントを読んで、「そうか~では、下にしましょう」と
 決定。
7.色づけしてできあがりです~。楽しくなりました♪
  データは贈呈しますので、お店のサイトやブログに掲載したり、
  ランチョンマットなどにもつかえそうです。
H4
8.額装して、宅配便でお届けします。
H5
はしばさんからは、喜びのお電話をちょうだいしました。
気に入ってくださって嬉しいです。
今週から、お店に飾られます。
見に行って、お客様の評判をうかがってきますね。
ドキドキします。
築地の隠れ家はしばさんは、こちらです。
詩歌アートは→こちらです。
フォトアートは→こちらです。
のぞいてみてくださいね。
わからないことは、なんでも、お問い合わせくださいませ。
皆様の楽しい詩歌、お写真お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

絵本作家仕事ファイル

「絵本のいま」(玄光社)が発行されました。
こちらには、日本在住の画家204名と文章家(翻訳、創作)32名が
紹介されています。絵本作家のカタログのようなものです。

Ehon1
表紙/荒井良二
わたしにとっては、リアルなお友達、雑誌でご一緒したりで
お名前は存じ上げている方もたくさん。。。います。
みなさん、それぞれの画風で、りっぱにお仕事されています。
眺めていて楽しい本ですよ。
あっ。。。あの本を描いたのは、この人だったのか~。なんて
発見もありそうな本です。
こちらは、私が紹介されているページです。
Ehon2
大きな本やさんの芸術コーナーとか、大きな画材やさんの本棚にあるかも
しれません。よろしかったら、のぞいてみてくださいね。
amazonで、お買い求めになりたい方はこちらです。
それにしても、画家というのは、たくさんいます。
これから、若い人もたくさん出てくるでしょうし。。。と思うと、
将来が不安で、ちょっとため息です。
健康で、この仕事でがんばれますように。。。と、祈ってます。
星に願いを。。。
絵は、絵でわかる社会科辞典4「年中行事祭り」から。
Ehon3
絵/水野ぷりん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »