« 古今亭菊千代さんの落語本 | トップページ | 詩歌アートのご案内 »

2013年6月23日 (日)

墨色のリズム展 無事終了

書家西垣一川先生のみずくき書道会の社中展が、無事終了しました。
梅雨なのに、お天気にもまずますめぐまれて、
たくさんのお客様がお見えになってくださいました。
ありがとうございました。

こちらが、先生の3連作、すばらしくって、みなさん見入ってましたよ。
Sumi20
わたしも、親しい人たちが、見に来てくださったり、
なつかしいお友達に久しぶりに会えたりで
とても楽しい一週間でした。
左は、社長秘書から、女将に転身していた森山美晴さん。
5年ぶりぐらいに会ってなつかしさいっぱい。おしゃべりがはずみました。
お店は西麻布のOcya-Ya.鯛めしがごじまんだそうです。
右はお教室仲間の下平紀代子さん。いつも、すばらしいお召し物です。
Sumi21
陶芸家の石森健治さんは、大きめだけど、優美なお猪口を焼いて
来てくださいました。愛用してます~。
Sumi22
書家の七澤菜波さんには、パフォーマンスもしていただきました。
ナレーターの山中一徳さんは、美女に囲まれて(笑)汗をかいてい
ました。
Sumi23
今回の展示では、西垣一川先生とのコラボ作品も展示できて
とてもうれしかったです。
Sumi24
こちらの絵は、歌人でもある先生の詩に絵をつけたもの。
初夏の風と少女と まだ実らないぶどうが  かさなって清らかな詩
です。
風の表現として、少女を自転車にのせてみました。
風をきって走ったむこうに 夏と 少し女になった少女が 
いるかもしれませんね。
Sumi25
先生とのコラボは、これから、お仕事としてもやっていくつもりです。
楽しみにしてください。

展示が終わって、ギャラリー前で、みんなで記念撮影です。
おつかれさま~。
Sumi26

|

« 古今亭菊千代さんの落語本 | トップページ | 詩歌アートのご案内 »

2展覧会便り」カテゴリの記事

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/52148946

この記事へのトラックバック一覧です: 墨色のリズム展 無事終了:

« 古今亭菊千代さんの落語本 | トップページ | 詩歌アートのご案内 »