« 五行歌「麹町倶楽部」とあれこれ | トップページ | 墨色のリズム展 無事終了 »

2013年6月 9日 (日)

古今亭菊千代さんの落語本

こちら、古今亭菊千代さん♪落語会で、初の女性真打ちの落語家さんです。
両国門天ホールでの公演を聞きにいきました。

Kiku0
噺は「鼓ヶ滝」。和歌の巨匠、西行を題材にした話。
西行の居眠りのなかに貧しいおじいさんとおばあさんと、孫が現れて、
西行の歌をいろいろと添削します。巨匠と言われいる西行ですから、
素人風情の口出しに、むっとしますが。。。いかにも。なので
手直しを受けます。
すると~素晴らしい歌に~なる。
3人は和歌の神様であったようだ。。。といった物語です。。。
おじいさんたちとの会話のやりとりがほほえましい噺でした。
くすくすしながら手直しする3人。
むっとする西行。しぶしぶ直す西行の姿が浮かんできました。

実は今、この菊千代さんの子供向けの落語本(全5巻)が進行中なので。
版元とスタップで応援もかねてききにいったのです。
ゲストの松元ヒロさんのおしゃべりもパントマイムにもたくさん笑わせて
もらいましたよ。
公演のあとのビールもとってもおいしくて、
結束もあらたにしました。
来月には、1巻めが出版予定です。
どうぞ、お楽しみに~♪
1
絵は、西行の歌から。。。
禁断の恋の果て、(天皇の奥さんと深い仲になってしまったんです)
出家した西行ですが、
時折、恋人に会いたくてならなくなるようで、これはそんな歌です。
Hp22

|

« 五行歌「麹町倶楽部」とあれこれ | トップページ | 墨色のリズム展 無事終了 »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

ぷりんさまぁ〜
楽しい会でしたね。
関わっている方の顔がお互いに見えているのは,進めていくうえでとても大切だと常に思っています。
そういった意味でとてもよい機会だったかな……なんて、お酒が楽しく呑めればいいんですけれどネ。
まだ先は長いけれど,たくさん落語を聞いて,楽しい本にしましょうねー。おつき合いくださいませ。

投稿: keserara | 2013年6月11日 (火) 12時40分

kawasemiさま~
すっかりお返事おそくなって~~
ああ、ごめんなさい~。crying
メールの時代ですが、ほんと、たまには顔をあわせないと、意志の疎通がうまくいきません、その意味で、今回はとても楽しい会でしたよ。happy02
落語の本は今2巻目が進行中。他にもいくつか重なって、大忙しです~。clock

投稿: ぷりん | 2013年6月23日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/51975464

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭菊千代さんの落語本:

« 五行歌「麹町倶楽部」とあれこれ | トップページ | 墨色のリズム展 無事終了 »