« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

文楽「心中天網島」を観る

国立劇場で文楽を見てきました。
近松門左衛門の「心中天網島」です。
パンフレットの表紙は遊女「小春」のお人形。
まだ、19歳。
Bun1
紙屋の治兵衛(28歳)と小春はお客と遊女の関係を超えて深い仲。
この世では結ばれぬふたりは心中を誓います。が。。。
Bun2
治兵衛の女房おさんが、小春に「どうぞ、夫を殺さないでくれ」
と手紙を書きます。それに応えて、小春は冶兵衛に別れを告げ、
冶兵衛も女房おさんのもとへもどります。が。。。
小春のもとへ身請けの話が。治平衛は、口惜しくてならない。
女房のおさんは、別れてくれた小春のために
身請けのお金を用意しようとします~???
びっくり~ですね。女の義理が立たないそうです。
Bun3

しかし、それを知った、おさんの父が、おさんを実家に連れて
帰ってしまいます。(そりゃそうだ、うん)

それで??行き場の失った治平衛は小春のもとへ。。。
どうして??
ここでは、治平衛には、おさんを迎えにいってほしいところです。
とにかくもかくにも、治平衛と小春のふたりは、心中まっしぐら~。
Bun4
心中前に小春は言います。「奥様には別れると約束したのに
ふたりで並んで死んだら悪いわ。恥ずかしいわ。。
だから別々な場所で死にましょうね」
治平衛は小春を刺して、離れた場所で首をつったのでした。
小春のしごき(帯の下にまく兵児帯のような飾り)で。。。
わたしがおさんだったら怒りますよ~。どうして、自分の腰ひもで
首くくらないんでしょう??
お人形はかぎりなく美しく。。ほんと魂宿るよう。。。
近松の日本語の美しさを住大夫が熱演。うっとり。。でしたが。。
女房も子供も仕事もほうりだして遊女にうつつをぬかす治平衛に
腹を立てて。。。せっかく心中ものをみてるのに、泣けないで。。
もったいなかったような気もします(苦笑)
恋に狂うってこういうことなのかしらね~。

でも、文楽、大好きです。
ひょっこりひょうたん島世代はすぐになじめるでしょう。
また行きたいです~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

墨色のリズム展

書家であり、五行歌の歌人でもある西垣一川先生の主催する
「みずくき書道会」の神楽坂社中展が開かれます。
墨色のリズム展」今回は夏の詩歌で作品発表です。

6月14日(金)~19日(水)神楽坂アユミギャラリーです。
Sumi1
会期中は毎日午後2時から、一川先生による書もパフォーマンスも
あります~。これは、きっと楽しい、わくわくするとと思いますよ♪Sumi2

先生の作品に混じって、生徒18名も参加します。
わたしも、そのひとりです。わたしが展示するのは。。。
青梅に手をかけてねる蛙かな(一茶)
蛙の愛らしいすがたが目に浮かぶとてもかわいい句
で気に入ってます。そのふんいきが出せたでしょうか??
まだまだ練習不足ですが、先生はのびのびしていて良いとのことで
出品です。
Sumi3
それと。。。一川先生の書に絵をつけたものも飾ります~
このコラボは楽しい。期待してくださいませ。
川せみのねらい誤る濁りかな(正岡子規)
雨あがり、まだ川は濁っていたのでしょうか?狩りの名人のはずの
川せみが失敗した様子をほほえましく見ている子規の視線が
やさしい句です。
川せみの「青」がひきたつように、あとは、墨一色でいっきに描きました。
いかがでしょう?
墨色の世界にちょっこっと色はさすような展示になるようにしたいと
思ってます♪
Sumi4
お誘いあわせのうえ、いらしてくださいね。
アユミギャラリーはこちらです♪
Sumi5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

新緑の季節と端午の絵

ゴールデンウィークの真っただ中です。
お天気もめぐまれて、さわやか。

みなさん、お休みを楽しまれていることでしょうね。
わたしは、9月に出す絵本のお仕事に追われています。

この時期、田植えもはじまりますね。
この季節にあわせた絵がないかしら?と考えて。。。
今年発売された年中行事辞典で描いた絵に書家西垣一川先生の書を
あわせてみました。ちょっとすてきにマッチしたような。。。
風流のはじめや奥の田植えうた(芭蕉句)
1
書/西垣一川    絵/水野ぷりん
そして、端午の節句。男の子のすこやかな成長を祈ります。
童謡「せいくらべ」の絵です。
こちらは、「よいこのくに5月号」(学研)に描いたもの。
この歌詞は、なぜ、去年ではなくおととなのか?というと、
作詞の海野厚が勉学のためもう2年も帰郷していなかったため。とか。
故郷のおさない弟の息災を思う気持ちがひめられているそうです。
3
こちらは、創作童話「こいのぼりののぼるくん」(ひかりのくに)で描いたもの。
こいのぼりの口にすいこまれて、こいのぼりにのって、
ちょっと冒険の旅にでかけます。
20130503
わたしもこいのぼりにのって?、ちょこっとだけ外出しました。プチ同窓会です。
会場の丸の内にたどりつくまで、迷子になってしまった(苦笑)けど、久しぶりに
息抜きできました~・幼馴染はいいもの。いつまでも、仲良くしたいです。
4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »