« 震災ノンフィクション絵本 | トップページ | 水野ぷりん幻想フォトアートのご紹介 »

2013年3月17日 (日)

花の季節と春の絵

ようやく花の季節になりました。
そこで、お花の絵を少しご紹介します。

桃咲いてさびしくしなりぬ家の中(平川光子句

家の中がさびしく感じられるほど、桃の花が盛りだと歌ったのでしょうか?
それとも、花が咲くにつれ、ひとりでいる孤独が深まるような気持ちを
うたったのでしょうか?

書家西垣一川先生の書に絵を加えました。
家の中から見た庭の情景です。
手前に火鉢と鉄瓶。まだ、少し寒い春の朝、筆者は、ひとり
手をあぶりながら、御簾ごしに 庭の桃の花をながめていたの
かもしれません。
春のやわらかな訪れに対して、ひそやかな孤独が、
御簾をへだてて明と暗に別れた。。
そんなイメージで描いた詩歌アートです。
Hana0

そして、こちらは、枕草子の「春はあけぼの~」と
平家物語の{(祇園精舎の鐘~)のくだりの絵です。
春の朝の田園の写真と春の夜桜の写真に絵を加えたもの。
フォトアートです。
春の朝焼けの空に紫をひとぬりして花の雲を加えてあります。
夜桜の写真にまた桜を加えて桜吹雪にして、
諸行無常にしてみました。
いかがでしょう。
Hana2

花の季節になったので、めずらしく、お散歩しました。
この日は、新宿御苑で吟行歌会。
歌の結果はさんざんでしたが、お天気にすばらしくめぐまれて、
花をめでながらの時間はなんとも、ゆったりでした。
こんな時間をときどきでももって、気持ちを新しくして、
また新しいお仕事をはじめたいと思ってます。
Hana4

|

« 震災ノンフィクション絵本 | トップページ | 水野ぷりん幻想フォトアートのご紹介 »

3フォトアートと詩歌アート」カテゴリの記事

コメント

そうだ!
桜の前で、いい写真が撮れていました。
送りますね。

投稿: アルキメデス | 2013年3月18日 (月) 15時57分

先日は、大変ありがとうございました!
お仕事のお邪魔をしてしまい、申し訳ありませんでしたが、
貴重なお話を聞くことができました。

お陰様で、あれから新宿御苑で
楽しいひとときを過ごすことができました。
ソメイヨシノがちょうど見頃で、ほのかな香りも楽しむことができました。
なおとも、大満足でした!
都会のど真ん中に、あんな素敵な場所があるなんて
東京もなかなか良いところですね。

またお会いできる日を楽しみにしています!

投稿: せりなずな | 2013年3月21日 (木) 15時49分

アルキメデスさま。
もうすぐ、また歌会ですね。こんどは、もう少しいいお点をとりたいです。でも、お散歩はとっても楽しかったわ。

投稿: ぷりん | 2013年3月24日 (日) 17時32分

せりなずな様
こちらこそ~。なおとくんに会えてとてもうれしかったです。ほんとに、素直で、やさしい、かわいい男の子。
それに、感性がきらきらしてます。fuji
お母さんが大好きなのね~。せりなずなさんもすっかりお母さんの顔でした(笑)
新宿御苑は気に入ってもらえてよかったわ。
我が家のネコがもう少し、愛想がいいとよかったのに。。。wobbly
でも、なごやかな時間でした。
写真を撮ればよかった。。。と、あとから、後悔。。。残念。。。
こんど、名古屋に行くようなことがあったら、ぜひ、案内してくださいね。happy01
clover

投稿: ぷりん | 2013年3月24日 (日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/50805348

この記事へのトラックバック一覧です: 花の季節と春の絵:

« 震災ノンフィクション絵本 | トップページ | 水野ぷりん幻想フォトアートのご紹介 »