« 屋形船で遊ぶ | トップページ | 画文集「ふるさとはフクシマ 子どもたちの3.11」の発売 »

2012年10月28日 (日)

雪舟の伝記

水墨画といえば、「雪舟」ですね。
こちらの挿絵は以前描いたもの。
「10分で読める伝記2年生」(学研)におさめられています。
Sessyu1
雪舟は、10歳でお寺にあずけられたものの、ちっとも修行せず、
絵ばかり描いていました。和尚さんに何度叱られても、やめないので、
とうとう、柱にくくりつけられてしまいました。心細さで泣いた涙が
床にしたたりました。
その涙を足なぞって描いたねずみがまるで生きているかのようだった~
という伝説が有名です。
Sessyu2
和尚さんの許しをえて、雪舟は、絵の修業に打ち込みます。
やがて、中国にわたり、そこで認められ帰国。
日本を代表する水墨画家として86歳まで、絵を描き続けたと
いうことです。
Sessyu3_2
雪舟の絵は、強い。「美しい」というより「個性的な水墨画だ」と、
思います。「誰にも描けないものを描こう!」という強烈な自我や
上昇志向を感じます。
対象を写すのではなくて、単純化して強調する空間づくりは、
まさに「開拓者」だったと思います。
そして、この画家の線とセザンヌの面が似ている。と思うのは、
わたしだけかなぁ。
Sessyu000




|

« 屋形船で遊ぶ | トップページ | 画文集「ふるさとはフクシマ 子どもたちの3.11」の発売 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

偉人伝」カテゴリの記事

コメント

涙で描いたネズミは初耳でした。勉強になりました。
86歳までかぁ〜。
自分も死の間際まで絵を描いているような予感はあるのです…んが…

投稿: さこみず | 2012年11月19日 (月) 02時33分

さこみず様
ほんとに、絵がお好きなのね。
わたしも、もちろん好きですが、
仕事ぬきで、芸術~を描いてみたい。
ああ、でも、生活が。。。
でも、あいま、あいまで、好きなものを追及して
いかなくっちゃね。

投稿: ぷりん | 2012年11月20日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/47615927

この記事へのトラックバック一覧です: 雪舟の伝記:

« 屋形船で遊ぶ | トップページ | 画文集「ふるさとはフクシマ 子どもたちの3.11」の発売 »