« ときわ壮時代の漫画家さん | トップページ | 知ってびっくり!日本の歴史のお話 »

2012年9月27日 (木)

生き物好きの自然ガイド「このは」創刊

「このは」(季刊)という雑誌が文一総合出版から創刊されました。
こちらは、生き物や自然が大好きな人たちのために作られた単行本です。
Konoha10
創刊のテーマは「食」です。
「食」の角度から、「命」のつながりを考えます。
Konoha11
食べるって、命を奪うことだけど、食べないと生きていけません。
ですから、奪うということは、同時に命をつなぐことなんだなぁ。
そんなことを科学で伝えてもらえるのが、うれしい単行本です。
生き物の生態が、マニアックに記述されてるので、かえって、
哲学的な気分になりました(笑)

それにしても、生き物の食べる姿って、いとしいなぁと思います。
みんな、懸命に食べてるなぁ。
こんな写真も満載なので、絵描きとしては、めくるだけで楽しいです。
Konoha2
私も、創刊にあたり、少しだけ、お手伝いしました。
今まで、文芸の仕事が主だったので、科学分野は新鮮な原稿!
挿絵も楽しく描けました。
こちらは、植物連鎖の挿絵です。私たち人間は霊長類なんて、自画自賛
しているけれど、リスが食べるどんぐりと同じ輪のなかにいるのね。と
思いながら、描きました。
Konoha4
こちらは、「フード、マイレージ」の絵。こんな言葉って、あったのね。
スーパーでは、つい安い外国産に目が行く私ですが、よく考えてみれば、
輸送のコストがかかる分、貴重な資源を使ってるんだなぁ。と
ちと、反省しながら、描きました。
Konoha3_2
気合いのはいった創刊号です。わたしも。そんな緊張感に触れることが
できて楽しかった。ご興味のあるかた、どうぞ、ごらんになってくださいな。
また、電子書籍でも、お買い求めになれますよ。



|

« ときわ壮時代の漫画家さん | トップページ | 知ってびっくり!日本の歴史のお話 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

三冊の本の紹介を拝見させていただいて、
きっとなおとは、この本に飛びつくと思いました。
ちょっと難しいかな?とも思いますが、写真も満載だということで、
喜んで観ると思います!
私は、やっぱり日本の歴史の方に、興味がありますlovely
私が住んでいるところには、
至る所に信長に関連した神社や城跡etc.
ご近所には織田家の子孫を名乗る方もたくさんいらっしゃいます。
私のご先祖様も、何かしら織田家にゆかりが・・・
ないでしょうねbearing

投稿: せりなずな | 2012年10月 2日 (火) 08時30分

cloverせりなずな様
お元気そうですね~。コメントありがとう。happy01

「このは」の写真はマニアックで、図鑑と一味ちがっておもしろいです~。でも、内容は完全に大人向けなので、小学生が読むには、無理があります。typhoon

「日本の歴史」は、児童向け入門書。総ルビなので、だいじょうぶです~。snow

どちらも、書店でも買えます。よろしかったら~

織田家いっぱい!
おひざ元は、おもしろいなぁ。snowsnowsnow

投稿: ぷりん | 2012年10月 2日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/47231226

この記事へのトラックバック一覧です: 生き物好きの自然ガイド「このは」創刊:

« ときわ壮時代の漫画家さん | トップページ | 知ってびっくり!日本の歴史のお話 »