« 絵でみてわかるはじめての古典 | トップページ | 土佐の昔話「むらをすくった鬼」その1 »

2012年3月 3日 (土)

読書感想画コンクール表彰式に出席してきました

2月24日(金)神保町の如水会館で「読書感想画中央コンクール」の
表彰式が行われました。
こちらは、全国の小学生~高校生までを対象に、読書の感動を絵にしたものを
公募。23回目を迎えた今年は、なんと69万5733点の応募があったそうです。
そのなかから、入賞した33名の表彰式でした。
私が挿絵を描いた「アンモナイトの森で」という本は、コンクールの指定図書に
なったため、2名のお子さんが優良賞を受賞しました。
おめでとうございます♪
新聞中央が、ふたりの子供の絵です。
1
私もこのお祝いの席に呼んでいただけたので、子供たち、ご指導
なさった先生、保護者の方とお会いすることができました。
受賞のお祝いには、下の絵の複製画にそれぞれ子供の名前を
入れて、額装してプレゼントしました。
いい思い出になってくれるといいなぁ。
2
そして、それぞれの絵の前で、記念撮影!
3
女の子は、小学校5年生。木のなかを、原始の海にして
アンモナイトを泳がせています。アイディアが素晴らしいです。
聞けば、ふだんから、絵を描くのが大好きだとか。絵からも才能が
感じられるし、将来、絵の道に進みそうな気がしました。
この日は、緊張でかちん、かちん、していたけど、それがとても
愛らしかったです。
男の子は、小学6年生。こちらの絵はアンモナイトの真ん中を
くりぬいて,物語にでてくるアンモナイトの研究者を入れました。
むこうのほうから、チヨとひぐまをじっと、見守っているのだそうです。
こちらも、とてもおもしろい構図!!はじめての応募と聞いてびっくり!
ふだんは、野球に夢中だとか。どうりで、真っ黒に日焼けしていました。
パーティのごちそうもたくさん食べて、おおらか!でした。

こうした晴れがましいお席に参加できて、わたしも、誇らしい気持ち
になりました。うれしかったです。
子供たちには、これからも、絵が好きでいてほしいなぁ。と思います。

子供たちの絵はこちらの公式サイトで見ることができます。
子供の絵は、原始の力!パワーいっぱい。とても、おもしろいです。
どうぞ、見てあげてくださいね。
4_2
本は、アマゾンでも買えます。よろしかったら、読んでみてくださいね。


|

« 絵でみてわかるはじめての古典 | トップページ | 土佐の昔話「むらをすくった鬼」その1 »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい〜、おめでとうございます。
今回入選しない多くの子どもたちもこの本を読んでいたんだろうね。

「アンモナイトの森で」は本好きな妹の住む北海道に行きました。
小さな旅館にやってくる旅人が、読んでいるかもしれません。
涙もろい小生は、この本を読んで、やはり涙しました。

投稿: アルキメデス | 2012年3月 8日 (木) 21時22分

eyeアルキメデスさま~
ありがとうございます~。happy02
こうしたお席に呼んでいただけて
うれしかったです。
いい原作に出会って、よかったです。

ご本も、妹さんの旅館で、
お客様の旅の一ページになってくれて
いるかも。。。heart02
重ね重ね、ありがとうございました。confident

投稿: ぷりん | 2012年3月 9日 (金) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/44348904

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想画コンクール表彰式に出席してきました:

« 絵でみてわかるはじめての古典 | トップページ | 土佐の昔話「むらをすくった鬼」その1 »