« 日本の昔話「かもとりごんべぇさん」その2 | トップページ | メリークリスマス! »

2011年12月17日 (土)

天使の楽器「リュート」の響きを聴く

先日、池袋の明日館で、高本一郎氏による「リュート」の演奏会に行ってきました。
高本一郎氏もリュートという楽器も、まったく知らなかったのですが、
とてもすてきだったので、ブログに書き留めておこうと思います。
Photo
「リュート」というのは、ヨーロッパの中世のギターなんですね。
フォルムは琵琶に似て、美しい。五芒星の?透かし彫りが
見事で、そこに惹かれて、何も知らずに出かけたのですが、
その響きを聴いてとても好きになりました。
あまり大きな音は出ない。やわらかで、静かな音色です。
当時は「天使の楽器」と言われ、ヨーロッパの人々から、もっとも
愛されたそうな。
Photo_2
聴いているうち、そういえば、ヨーロッパの昔話の挿絵で、
吟遊詩人がもっているのは、この楽器だったのだわ。と
気が付きました。
村の婚礼やお祭りでも。宮廷での祝宴の場面でも、この楽器を
もった人が、描いてありますね~。
演奏会の曲目もヨーロッパの古謡でしたので、すっかりおとぎ話の
世界にはいりこんだような気持ちになりました。
かのエリザベス一世も眠れない夜には。お抱かえのリュート奏者の
調べで眠りについた。。。と聞いて、さもあらん。とうなずいていました。
高本氏もすてきだし、ファンになりそう。。。
いつか、こんな音色を聴きながら、静かなクリスマスをすごせたら、
すてきでしょうね。
1

|

« 日本の昔話「かもとりごんべぇさん」その2 | トップページ | メリークリスマス! »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

「リュート」と聞くと「龍と」・・・・
年賀状のデザインを思い出しました〜

直しの多い仕事に追われております(T_T)
しばし〜ご返事待たれよ〜

投稿: アルキメデス | 2011年12月23日 (金) 19時30分

eyeアルキメデスさま~
やっかいなお仕事で、落ち着きませんね~。
お役に立てず、悲しいです。お返事待ってます(涙)

投稿: ぷりん | 2011年12月25日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/43412111

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の楽器「リュート」の響きを聴く:

« 日本の昔話「かもとりごんべぇさん」その2 | トップページ | メリークリスマス! »