« 秋の絵いろいろ | トップページ | 日本の昔話「かもとりごんべぇさん」その2 »

2011年12月 3日 (土)

日本昔話「かもとりごんべぇさん」その1

いきなり冬です~。
この寒いころにふさわしいおはなしを。。と思い、
みなさんもよくご存じの「かもとりごんべぇさん」をお送りすることにしました。
このお話もいろいろなパターンがありますが。。そのひとつを少し
アレンジしてあります。お楽しみくださいな。

むかし むかしの お話です。
猟師のごんべぇさんが えものを さがしにでかけました。
「おしょうがつには、おとうやおかぁに ごちそうを 食べさせてやりたいなぁ」
けれども、どこも 雪ばかり。
なかなか、えものは 見つかりません。

ふと見ると、凍った沼で、かもが もがいています。
どうやら、水にうかんで ねむっているうちに
足が凍りついてしまったようです。
1

「しめしめ、あれをつかまえよう」
ごんべぇさんは、氷の上を、そろり そろりと
歩いて、次々と かもを つかまえました。
「うほほい、どっさりじゃ」
おおよろこびで 岸にもどろうとすると、
みしみしみし。。。。。
ぱりぱりぱり。。。。。
2


ばりばりばり~ん!
氷がわれて、たちまち、ごんべぇさんは、どっぷ~ん!
「ひゃあ~、助けて!」
あわてて、岸に手をのばすと、おや。。。
何かをつかみました。
3
(つづく)

|

« 秋の絵いろいろ | トップページ | 日本の昔話「かもとりごんべぇさん」その2 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

うれしいわ。また始まったシリーズ。楽しみにしてます。

投稿: あさこ | 2011年12月 5日 (月) 19時44分

落語には、「鉄砲勇助」という演目があって、
やはり鴨の足を凍らせて、鎌で刈ってしまうという乱暴な話です。
この落語は亡くなった桂枝雀が得意としていましたね。

さてゴンベエさんはどうなることやら〜〜♬

投稿: アルキメデス | 2011年12月 7日 (水) 20時41分

cakeあさこさま~
ありがとさんです。これは、とてつもない
ラッキーボーイのおはなしですsnow

投稿: ぷりん | 2011年12月 8日 (木) 17時36分

eyeアルキメデスさま
原話ですと、、かもの足をちょんちょんちょん切るのです。
別に残酷でななくリズムのふんいきで楽しいのですが、
ちょっと、おさえて描きました(苦笑)
このごんべぇさんは、すごろくの上りのようなおはなし。
わらしべ長者に似ています。scissors

投稿: ぷりん | 2011年12月 8日 (木) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/43237153

この記事へのトラックバック一覧です: 日本昔話「かもとりごんべぇさん」その1:

» 知育玩具 [知育玩具]
童話童謡を読み聞かせる新しい知育玩具!読み聞かせロボ!おりこうクマたんが大人気 [続きを読む]

受信: 2011年12月26日 (月) 17時17分

« 秋の絵いろいろ | トップページ | 日本の昔話「かもとりごんべぇさん」その2 »