« 百人一首「恋の歌」その2 | トップページ | 日本昔話「かもとりごんべぇさん」その1 »

2011年11月26日 (土)

秋の絵いろいろ

あっという間に秋が深まってしまいました。
たまには、お外にでて、風情を楽しみたいところですが、
ここのところ、ずっと忙しくて、引きこもりです。とほほ。。。
うちのなかでひとりで、綱渡りやっているみたいです。
せめて、絵で、秋を楽しもうかしら?と秋の絵を集めてみました。

紅葉の山のなか、笛の音にさそわれて顔をだしたのは、だぁれ?
1

「もういいかい?」こぎつねさんとかくれんぼ~♪
2


牡鹿が雌を求めて鳴いています。そのようすが、ひとりぼっちの自分の
己と重なって、悲しくなります。人恋しい秋です。
3

神様、豊かな実りをありがとうございます。
4

秋の日の入りに惹かれた清少納言。こんな夕日を眺めていたのでしょうか?
5blog

枯れゆく草のうつくしさにすわる
旅の道すがら、山頭火もひとり、草にからだを休めます。
ものごとは、盛りのときより、終わりのときが、趣き深いもの。
人の一生もこうでありたい。
6
では~!また!









|

« 百人一首「恋の歌」その2 | トップページ | 日本昔話「かもとりごんべぇさん」その1 »

9絵の話」カテゴリの記事

コメント

秋ですね~!

私は食欲の秋ですが・・・

寒くなってきて
もう冬を感じるこの頃・・・

投稿: ちば | 2011年11月26日 (土) 12時59分

素晴らしいですね。
内の裏山は、この絵の1、2、とよく似ています。
冬過ぎになると、秋までフクロウ鳴きっぱなしです。
いま、どこかへいってるのでしょうね^^。
いつも、絵を拝見させて楽しんでいます。内にいるものも
これからどんな絵をかくことやら・・心配です。

投稿: kawasemi | 2011年11月26日 (土) 15時42分

「秋の夕暮れ」美しいです!
山頭火の句いいです!
なにが? ぷりんさんの絵が。
     ぷりんさんの書が。

投稿: 美森 | 2011年11月26日 (土) 21時02分

ringちばちゃん。
やっと、秋。。と思ったら、アッというまに寒くなりました。熱燗がおいしそうです~。bottle
そして、もうすぐ、クリスマスね~。xmas
お店、忙しくなりますね。
商売繁盛!祈ってますよ。happy02

投稿: ぷりん | 2011年11月27日 (日) 09時14分

aquariuskawasemi様。
いいなぁ。自然を感じられるところに住むって。
うらやましいです。shine
近所は、緑も少なくて情緒がない~。bearing
のです。フクロウの声なんて、BSプレミアムで聴くぐらい。。coldsweats01
おうちの人の絵が気になる。。。見たい。snow

投稿: ぷりん | 2011年11月27日 (日) 09時20分

chick美森さま。
ありがとうございます。happy01
「秋の夕暮」は、写真に沈む太陽やら、雲やら、草やら、
カラスやら、描いて、はめこんでみました。flair
こんな夕暮の原っぱにすわって、
空を眺めてみたいです。weep

美文をこわさないように、絵をつかなくっちゃね~confident

投稿: ぷりん | 2011年11月27日 (日) 09時29分

最後の書も見事です〜
う〜む、墨の動きに見入ってしまう!

たくさん書くしかないかな〜

投稿: アルキメデス | 2011年11月28日 (月) 19時24分

eyeアルキメデスさま~

書は一川先生のお教室で書きました。
先生がお手本かいてくださるから。。scissors
何枚もマネしているうち、
自分ふうの字になるみたいです。happy01

空間の取り方がとっても勉強になりますよ~flair

投稿: ぷりん | 2011年11月29日 (火) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/43148023

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の絵いろいろ:

« 百人一首「恋の歌」その2 | トップページ | 日本昔話「かもとりごんべぇさん」その1 »