« 百人一首「恋の歌」その1 | トップページ | 秋の絵いろいろ »

2011年11月18日 (金)

百人一首「恋の歌」その2

平安時代の貴族にとって、和歌は「つぶやき」。
恋人に和歌でつぶやく。独り言でも和歌でつぶやく。
今なら「~なう」っていうツイッターにも似ているなぁ。と思います。

Blog3
通い婚だった平安時代。恋人と共寝した明け方、男は女につぶやきます。
あなたと逢うと夜明けがうらめしく感じられますよ。
家に帰らなくてはいけないから。
夕方になれば、またすぐ逢えるとわかっちゃいるけど、いつも一緒に
いたいから、しばしの別れでも、つらいのです~。と。。。若いまっすぐな
気持ちをつぶやいた歌です。
作者は、藤原道長朝臣。すぐれた歌人と嘱望されてたものの、23歳で
亡くなったそうな。。。美男薄命???

Blog4
こちらも美男子だったといわれる西行法師の歌。彼は、武士の
エリートコースを捨て、恋も捨て、若干23歳で出家してしまった。
お坊さんなので、恋の歌も間接的。
ひとり旅をしながら、ロマンチックに独り言をつぶやきます。
月を眺めていると、まるで月が「泣け」と言ってるかのように涙が
こぼれてくる。でも、ほんとに月のせい??いいえ、昔の恋が
思い出されるからです。
恋の思い出がよみがえる様子が、月のさえざえとしたようすと
重なって、美しいです~。
終わった恋もこんなふうに、切なくなれるなら、何回してもいい
ですね(笑)

それにしても、平安時代の貴族たちは、恋に真剣だったのか?
それとも、恋する心は「教養」だったり「知的なゲーム」だったり
したのか??
あふれるほどの恋の歌を読んでいると、わからなくなります。
けれど、リアルを追及するのを「野暮」とした美意識が、「雅」を
育てたのは、理解できます。
そのなかには、美しくなくとも美しく歌う「教養」があったり、
うらめしくなくてもうらめしく歌う「マナー」があったりしそうです。
31音のミステリー。読み解くのは、とても楽しいです。

さて、「恋の歌」はひとまず終了。
「絵で楽しむ古典シリーズ」(学研)が発売されたら(3月ごろ)、
また、ご紹介させてくださいね~。

|

« 百人一首「恋の歌」その1 | トップページ | 秋の絵いろいろ »

9絵の話」カテゴリの記事

コメント

すてきです!

投稿: ちば | 2011年11月18日 (金) 16時39分

百人一首かぁ・・いいの選んだなぁ・・古今集や 
万葉になると 延々とイメージわきますねぇ・・。
日本神話も、前にフランス大使館の人が 面白い絵を
描いて ギリシャ神話に匹敵すると・・喜んで熊野大社に
奉納したとか その絵みたことあります。
しかし、なんともいえない 日本の感覚wwは、住んで
いないとなかなか 描けないものですね。

楽しみで 拝見させていただいています。

投稿: kawasemi | 2011年11月18日 (金) 16時39分

ringちばちゃん~
ありがとさんです。ちばちゃんにつくって
もらったかんざしつけて、また呑みたいね。happy01
忘年会はしないのかなぁ。wine

投稿: ぷりん | 2011年11月18日 (金) 17時56分

sagittariuskawasemiさま
まぁ、フランス人が日本神話を!熊野大社に奉納!
それは、おもしろい。lovely
どんな絵でしょう???

詩や歌を絵にするのは、楽しい仕事です。confident
でも、和歌もこんなふうに、さらさらっと、讀めたら
いいなぁって、いつも思います。snow
そういった、教育を幼いときから受けたかったなぁ。
せっかく、日本人に生まれたのですものね。fuji

投稿: ぷりん | 2011年11月18日 (金) 18時03分

そういえば
うらめしくなくてもうらめしく歌う「マナー」があったり・・・

でハッと気がついたのですが
メールのタイトルにも「涙ポロリ」のアイコンがよく使われていますね。

それを見て、どうした!?
とメールを開いても、じつはたいした内容ではないんですね〜(^^;

今も昔も変わらないのかな。

投稿: アルキメデス | 2011年11月18日 (金) 18時47分

ぷりんさん、こんばんは。

ツイッターみたい、って面白い感覚ですね。

>けれど、リアルを追及するのを「野暮」とした美意識が、「雅」を
>育てたのは、理解できます。
>そのなかには、美しくなくとも美しく歌う「教養」があったり、
>うらめしくなくてもうらめしく歌う「マナー」があったりしそうです。
>31音のミステリー。読み解くのは、とても楽しいです。

そうなのですね……。興味ぶかいです。
百人一首といえば漫画の『ちはやふる』ご存じですか?
恋に競技かるたに燃える青春!という感じですが
なかなか面白いです。未読ならぜひお勧めいたします。

新刊の発売を楽しみにしております。

投稿: 波那 | 2011年11月18日 (金) 20時19分

eyeアルキメデスさま
涙ぽろりアイコン??とほほ。知らない。bearing
こんど、それで、メールください~sweat02

「美人じゃなくても声をかけるのがマナー」のイタリア
男性と、平安時代の男性って似ているような気がするんです。親切な紳士なのかも(笑)happy02

投稿: ぷりん | 2011年11月19日 (土) 09時36分

pisces波那さま~
むかしは、かまえて歌を詠んだりしない。小さいころから学習してるので、さらさらってでてくる。いいなぁ。
しかも、日本人の感覚は様式美。デザイン。fuji
日本画でも歌舞伎やお能でも、生生しいところを、デザインしてアートに仕立てあげるところがあるように思います。
西洋とのちがいは、そこかなぁ。と思うし、日本人として
大好きなところです。lovely

「ちはやぶる」。。。買ってみますね~。happy02

投稿: ぷりん | 2011年11月19日 (土) 09時46分

今でいうところのエリートたちが
恋の歌を切々と詠み上げる。
なんと雅な世界でしょうlovely
武士の世が、雅な男たちを、見下してからの月日が長すぎましたweep

折りもおり長男が、ちょうど古典を勉強しているところです。
とっても良い機会ですので、一緒に声に出して読んでみようと思います。
が、はたして…彼がこの万葉の世界を理解できるかどうかsweat01

投稿: せりなずな | 2011年11月20日 (日) 06時55分

せりなずな様
そうなの、ご長男が、もうそんなに大きく~??
月日がたつのが、ほんとに早いです。happy02
あっ、でも恋はもう少し先かな?(笑)
ちゃんと、モテルように?今から、女の子に
やさしい「言葉がけ」を「和歌」で学びましょう。
よいヒントにはなると思います~shine

それにしても、いちど、典雅なくどき文句を受けて
みたかったです~crying

投稿: ぷりん | 2011年11月20日 (日) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/43055873

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一首「恋の歌」その2:

« 百人一首「恋の歌」その1 | トップページ | 秋の絵いろいろ »