« 蜘蛛の糸(その2) | トップページ | 蜘蛛の糸(おまけマンガ) »

2011年10月30日 (日)

蜘蛛の糸(その3)

かんだたは、恐ろしくなりました。
蜘蛛の糸は、自分ひとりでも切れてしまいそうな
細い糸なのです。
みんなでのぼったら、切れてしまうにきまっています。
そうなったら、せっかくここまで、のぼったのに
また地獄に堕ちてしまいます。
かんだたはどなりました。
「おい、おりろ!おりろ!
この蜘蛛の糸は、おれのものだ!」
Kumo13
そのとたんでした。
今までなんともなかった糸が、ぷつり。と切れました。
かんだたは、たまりません。
大勢の罪人たちと いっしょに くるくるとまわりながら、
堕ちてゆきました。
Kumo14
お釈迦さまは、そのようすをじっと見ていました。
やがて、かんだたが、血の池にしずんでしまうと、少し悲しそうな
お顔をしました。
自分だけ助かろうとしたかんだたの心をあさましいと思ったのでしょう。
Kumo15
小さくためいきをつくと、また、ぶらりぶらりと歩きはじめました。

蓮の花の香りがあたり一面にあふれています。
どこからか 美しい合奏が聞えてきました。
Kumo16_2
極楽は、お昼になったようです。
Kumo17
(おしまい)

|

« 蜘蛛の糸(その2) | トップページ | 蜘蛛の糸(おまけマンガ) »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

お久ぶりです~。 プリンさんの絵は 最高ですね!

この動き 表情・・色・・
日本にはたくさんの 物語もあります。神話もあります。
プリンさんの絵で みたいです。

 あーそれにしても、、内にも絵をやっているもの・・
 どうしてるのだろ・・・^^。

投稿: kawasemi | 2011年10月30日 (日) 13時40分

sagittariuskawasemi様
どうもありがとう~happy02
日本の神話もやってみたいなぁ。
描きたいものは、いっぱいあるのですが。。。notes
なかなか仕事との両立が、むずかしいですwobbly

おうちの方も絵をやってるの??どんな絵でしょう??

投稿: ぷりん | 2011年11月 1日 (火) 09時03分

地獄の絵を見て改めて思いました。
苦しみ続けるのが、地獄であるということを。
天国じゃなくても良いけど、地獄には行きたくないです〜

「自分だけ」幸せになってはいけないのだ!
そんなことが、よく分かりました〜javascript:void(0)

投稿: アルキメデス | 2011年11月 2日 (水) 15時30分

ぷりんさん
最終回ですね。ありがとうございます。
ああ、何度もこの最後のところ、切ないですね。
かんだたよりも一緒に上ってきたひとたち
なんだか今読むと、哀れですよね……。
後半の極楽の場面、細やかに描かれていて
よけいに対比にぞくりとしました。
堪能しました。ありがとうございます。
「鼻」はどこかで読ませようと思っています^^*

投稿: 波那 | 2011年11月 2日 (水) 19時19分

なおとと一緒に拝見させて頂きました。
ぴくりとも動かず、PCの画面に食いついていました。
お陰で、「目が痛い~」が、第一声wobbly

流石に真っ赤な血の池の『地獄』は怖かったようです。
「悪いことをすると、地獄に堕ちるんだよ」と教えたら、
一瞬凍り付いたようになり、目が潤んできました。
昔と違い、罰論で子どもを躾ることがなくなりましたので、
悪→地獄、善→極楽ということも時には必要だったと、反省しました。
ありがとうございました!

投稿: せりなずな | 2011年11月 3日 (木) 15時58分

eyeアルキメデス様
ほんとは、自分だけは、地獄に
行きたくないのですけどね~(苦笑)
かといって、「どうぞどうぞ」ともいえる器量も
ありません。coldsweats01
せめて、特別幸せにならないぐらいが良いのかなぁ。
中庸のありがたさをかみしめますかねぇ。spajapanesetea

投稿: ぷりん | 2011年11月 3日 (木) 18時04分

sagittarius波那さま
もし、自分がその他大勢の罪人だったら、
やっぱり、よいしょよいしょと登ってしまうと
思います。それが人情というもの。
人情の哀れさ、愚かしさあっての文学かなぁ。と
思ったりします。bomb
「鼻」もまた然りです。crying
そのうち、描きますね~。
そのときは、ぼくにも見せてね~heart01

投稿: ぷりん | 2011年11月 3日 (木) 18時13分

せりなずな様
なおとくんには、もっと大きな画面で見せてあげたいわ。
どうぞ、目を悪くしないでね。sweat01
悪いことをしたら、「罰がある」という躾は
いまどきではないのでしょうが、
大事なような気がします。confident
なおとくんを泣かせたくないけど、
因果応報って、きっとある。。。気がします。
まぁ、なおとくんは、そのうち、人のよりどころになる
人材なので、心配はないですけどねfuji

投稿: ぷりん | 2011年11月 3日 (木) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/42735758

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛の糸(その3):

« 蜘蛛の糸(その2) | トップページ | 蜘蛛の糸(おまけマンガ) »