« 装丁の仕事「ベートーベンの謎」 | トップページ | 「絵と遊ぶ五行歌」展(その3) »

2011年9月 9日 (金)

「アンモナイトの森で」が読書感想画コンクールの指定図書に!

昨年、小川未明文学賞の大賞となって発行された「アンモナイトの森で」(学研教育出版
の本が、こんどは、読書感想画コンクールの指定図書(小学高学年)になりました。
わたしが、表紙と挿絵を担当した本です。嬉しいです♪
Anmonaito1
このコンクールは、本を読んで得た感動を絵で表現する、といったもの。
読書感想文コンクールとともに、毎年行われています。
子どもたちが、どんな絵を描いてくるのか?とても楽しみ!
でも、ちょっと心配です。
と、いうのも、このお話のテーマは明るいものではなく、重いもの。
舞台は北海道。開拓民の村で生まれた主人公のチヨは
原生林に住むヒグマとお互いに敬意を払って共存していました。
ところが、チヨがアンモナイトの化石を発見したことで、大人たちの欲が
からみ、そのバランスをくずしていきます。怒るヒグマと人間のあいだに
板ばさみになってしまったチヨ。生き物の幸せと人間の幸せは
一緒にはなれないの?と問いかけてくるようなお話です。
これを読んだ子どもたちの心に何がのこるのか?
どんな結論を導きだしてくるのか?とても興味深いです。
Anmonaito2
読書感想画コンクールの募集要項はこちらです。
あらすじはこちらです。
「絵と遊ぶ五行歌」展では。この本も販売いたしますので、
どうぞ、お手にとって見てくださいね。

「絵と遊ぶ五行歌展」9月16日(金)~21日(水)アユミギャラリー
Blog
歌・酒井映子 絵・水野ぷりん

|

« 装丁の仕事「ベートーベンの謎」 | トップページ | 「絵と遊ぶ五行歌」展(その3) »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

うわぁ!素晴らしい!
高学年ですから、重いテーマでも
きっときちんと受け止めて描いてくれるでしょうね♪

審査員に、ぷりんさんも加わるのかしら?
どんな作品が集まるのか、
私までわくわくしてしまいます!

五行歌展、もうすぐですね。
きっとお忙しくしていらっしゃることだと思いますが、
どうぞ、お体だけはお気を付け下さい。
大成功を、遠くから祈っていますconfident

投稿: せりなずな | 2011年9月 9日 (金) 13時58分

せりなずな様
どうも、ありがとう!lovely
審査員にはなりません。主催の「全国図書~」とか
「毎日新聞」の方々がなさるのかな??
でも、この本で章をとったお子さんがいれば、
表彰式にはでるので、どんな絵かわかるのだと思います。きっと、新聞でも見れますね。
楽しみです。shine

投稿: ぷりん | 2011年9月10日 (土) 06時27分

私、今この本の感想画を描いています!
チヨがアンモナイトのいっぱい居た海の中
を漂っている場面を描いています!
楽しみにしていてください!

投稿: まちゃ | 2011年12月11日 (日) 09時56分

virgoまちゃさん
そうですか~。happy02
チヨがアンモナイトの海にただよってる場面は、
わたしもとても好きなところです。heart01
まちゃさんが、どんな絵になさるのか、とっても楽しみ♪
見たいなぁ。happy02がんばってね。punch
入賞祈ってます~。confident
そうしたら、表彰式で会えるね~shine

投稿: ぷりん | 2011年12月11日 (日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/41589776

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンモナイトの森で」が読書感想画コンクールの指定図書に!:

« 装丁の仕事「ベートーベンの謎」 | トップページ | 「絵と遊ぶ五行歌」展(その3) »