« 夏休み「骨やすめ」の報告 | トップページ | 装丁の仕事「ベートーベンの謎」 »

2011年8月26日 (金)

映像絵巻で見る「源氏物語」

今日は、だれもが知っている「源氏物語」のお話です。
日本が誇るこの古典は、光り輝くような貴公子「光の君」こと、光源氏を
中心とした恋愛大河ドラマです。
Blogyugao1
きらびやかな宮廷を舞台に、またあるときは、もの悲しい都のはずれを
舞台に。。。光源氏はさまざまな姫君たちと、愛憎劇を繰り広げます。
Blogyugao2
しかし、単なる男女の話ではなく、これが、文学として千年もの間
読み継がれてきたのは、根底にある無常観かもしれません。
どんなに愛し合っていても「永遠の愛なぞ、ないのだ」と教えて
くれているようです。愛のこっけいさや愚かさをのぞかせながら、
そのはかなさを慈しんで綴られているようにも思えます。
Blogyugao3
なかでも、とくに「はかない恋」として知られるのは「夕顔」の帖です。
夕顔の白い花咲く町家に隠れ住んでいた美しい女は、
光源氏に愛されながらも、自分の名前すら明かしませんでした。
Blogyugao4
そして、ある晩、物の怪にとりつかれ、突然、息絶えてしまいます。
この女性は、何者であったのか?物の怪の正体は何なのか?
何もわからないまま、夏のひとときで断ち切れてしまった縁でした。
Blogyugao5
多くの人が魅了されてきた「源氏物語」ですが、わたしもそのひとり
です。今まで、映画になったり、まんがやアニメになったりしてきましたが
わたしも描いてみました。そして、それが、映像になりました!
とは言え。まだまだちょこっと。。。パイロット版。CM風ですが。。。
You Tubeのこちらで、見れます。
どうぞ、のぞいてみてください。

|

« 夏休み「骨やすめ」の報告 | トップページ | 装丁の仕事「ベートーベンの謎」 »

8絵と映像」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、 お久しぶりです。
やっぱり、 色かな、、線かな、、独自のぷりんさんの
世界観がありますね。 

それが PC上で小さい画面でも 大きく感じます。

(ことばと言う)抽象的な 形容詞が 絵画と言う
色や 事柄の思いに 変えるとき  
人は 言葉から物事を 発していないということを 
あらためて 感じました。

投稿: kawasemi | 2011年8月26日 (金) 16時02分

aquariuskawasemiさま
どうも、ありがとう!happy01
私の場合、どうしても言葉より絵からはいるので
言葉だけで、物事を伝えようとすると
うまくいかないことば多いです。。。。crying

このシリーズは、ナレは「古語」で行くつもりなので
絵で、あらすじをつかめるように工夫するつもり。
また、できたら、見てくださいね~snow

投稿: ぷりん | 2011年8月27日 (土) 06時38分

すご~い。こういう質の高いものができるのね! 映像ならではです。ここには、映像のプロの力が感じられます。共同作業が必要だということが、よくわかります。
次を楽しみにしてます。

投稿: asako | 2011年8月27日 (土) 23時15分

cakeあさこ様
見てくださって、ありがとう~!
映像の楽しさは、こうしたプロ同士の
技のせめぎあい??で、構築されていくところ
かなぁ。
絵をこんなふうに活かすのか??と
びっくりしたりします。happy02
あさこさんの例のお原稿も、華やかに作戦
考えましょうね~
cherryblossomおもしろくなりますよ~。
そっちも描きたいのよ~crown

投稿: ぷりん | 2011年8月28日 (日) 07時40分

面白いですね。 
こういう見せ方の源氏物語は今までにないもの、
新鮮です。
「愛のこっけいさや愚かさ」という
ぷりんさんの視点が、
新しい解釈を生んでいるようです。

続きが楽しみ~です。

投稿: 映 | 2011年8月28日 (日) 11時04分

You Tube見ました。
すごい。
当たり前なのでしょうが、プロの技に驚いています。
続きが楽しみ。

投稿: 清也 | 2011年8月28日 (日) 14時15分

wine映子さま
見てくださって、ありがとうございます。
源氏物語って、結局だぁれも幸せにならなかったrainどこか、おばかさんな話だと思っているんです。
欲深かったり、見栄っぱりだったり。。。して
現状に幸せを見つけられない人々の話。
だから、文学なのかなぁ。そのへんを描いていけると
いいのですけどねぇ。happy02

投稿: ぷりん | 2011年8月29日 (月) 09時30分

dog清也さま
見てくださってありがとうございます~shine
文学のにおいは残したいし、エンターティメントで
なくてもいけないし。。。で、
みんな、頭をひねっていますwobbly
五行歌展が済んだら、
大急ぎで続きを描きます~happy02

投稿: ぷりん | 2011年8月29日 (月) 09時34分

はじめまして、いっとくです。
asako さんのブログから
こちらにお邪魔させていただきました。

「源氏物語」観ました。
画がすごいですね。
そこに音楽と語りが入って
知らぬうちに魅かれていきます。
すっかり堪能させていただきました。

余談ですが、描かれているお顔が
ぷりんさんに似てらっしゃるのでは・・・
と、思ったり。

個展、ぜひ行かせていただきます。

投稿: いっとく | 2011年8月29日 (月) 12時19分

いっとく様
プロのナレーターさんなのですね。
お声、拝聴しました~。バリトンの甘い声に
うっとりです。lovely
『源氏物語」見てくださって、ありがとうございます。
こちらは「古語」の語りでやっていこうと思ってます。

さぞ、お忙しいとは存じますが「五行歌展」も
どうぞ、いらしてくださいませ。
こちらでは柳瀬丈子さんの朗読CDも
販売。他、わたしは、絵本の原画を展示したりも
します。お会いできるのが楽しみです♪

投稿: ぷりん | 2011年8月29日 (月) 15時57分

いやはや、久々に興奮しました。
ぷりんさんの!?からは、さまざまな世界が飛び出して来るんですね。
続きが観たいです〜♬

投稿: アルキメデス | 2011年8月29日 (月) 22時41分

eyeアルキメデスさま
どきどきしてくださって、ありがとうございます。
色っぽいものを描く勇気?が湧いてきた
年齢になりました。coldsweats01
若いときは、恥ずかしくって、
描けなかったものね~virgo
続き、がんばります~snow

投稿: ぷりん | 2011年8月30日 (火) 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/41365373

この記事へのトラックバック一覧です: 映像絵巻で見る「源氏物語」:

« 夏休み「骨やすめ」の報告 | トップページ | 装丁の仕事「ベートーベンの謎」 »