« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

映像絵巻で見る「源氏物語」

今日は、だれもが知っている「源氏物語」のお話です。
日本が誇るこの古典は、光り輝くような貴公子「光の君」こと、光源氏を
中心とした恋愛大河ドラマです。
Blogyugao1
きらびやかな宮廷を舞台に、またあるときは、もの悲しい都のはずれを
舞台に。。。光源氏はさまざまな姫君たちと、愛憎劇を繰り広げます。
Blogyugao2
しかし、単なる男女の話ではなく、これが、文学として千年もの間
読み継がれてきたのは、根底にある無常観かもしれません。
どんなに愛し合っていても「永遠の愛なぞ、ないのだ」と教えて
くれているようです。愛のこっけいさや愚かさをのぞかせながら、
そのはかなさを慈しんで綴られているようにも思えます。
Blogyugao3
なかでも、とくに「はかない恋」として知られるのは「夕顔」の帖です。
夕顔の白い花咲く町家に隠れ住んでいた美しい女は、
光源氏に愛されながらも、自分の名前すら明かしませんでした。
Blogyugao4
そして、ある晩、物の怪にとりつかれ、突然、息絶えてしまいます。
この女性は、何者であったのか?物の怪の正体は何なのか?
何もわからないまま、夏のひとときで断ち切れてしまった縁でした。
Blogyugao5
多くの人が魅了されてきた「源氏物語」ですが、わたしもそのひとり
です。今まで、映画になったり、まんがやアニメになったりしてきましたが
わたしも描いてみました。そして、それが、映像になりました!
とは言え。まだまだちょこっと。。。パイロット版。CM風ですが。。。
You Tubeのこちらで、見れます。
どうぞ、のぞいてみてください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

夏休み「骨やすめ」の報告

夏休みをとって、ちょこっと、実家に帰ってきました。
実家だとなぜか。。睡眠が深い。
おふとんがふかふかしているせいかも知れません〔苦笑)
Blog0
弟夫婦と姪っ子もやってきました。
そうそうに七五三をすましたようです。写真をもってきました。
よく撮れているので、ちょっと、自慢します~
Blog1
おほほ。。。(なぜか上品)なんて、かわいいのでしょう♪
ちなみに、着物は、わたしの七五三のときのものです。
祖父が、デパートの呉服に勤めていたので、ものも染めも実に良い!
黒地の帯もあったのですが、丸帯で重くていやがったらしい。
貸衣装になってしまった。ちと。残念ですな。。
Blog2
最近は、お色直しもするらしい。まるで、女優さん。。。。
かわいいけど、贅沢なことだ。こうした風潮には一抹の不安。

さて、少し暗くなってきたので 、近所の小さなお祭りに出かけました。
Blog3
ちなみに、この浴衣も、わたしのときのもの。やはり、祖父がつくって
くれました。こうして、世代を超えて着られるのが、着物のよいところ。
女の子でよかったわん♪ 帯と下駄は、買ってあげました。
Blog4
金魚すくいをしたり、スーパーボールをすくったり。。。
この子は、赤ちゃんのときから、くるくる回るものが好き〔笑)
Blog5
今年もまた、金魚は掬えなかったけど、来年はどうかしら?
今年もまた、恥ずかしがって、踊らなかったけど、、来年は
「炭坑節」と「東京音頭」を一緒に踊りましょうね。

こうした夏がすごせるものいつまでかしらねぇ。

わたしの短い骨やすめは、これで、おしまいです。
Blog6 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

夏休み「骨やすめ」のお知らせ

皆様は、もう、夏休みをとられましたか?
わたしも、明日から、ほんの少し夏休みをとろうと思います。
8月13日(土)~8月15日(月)です。
1_2 
連日の猛暑もあって、少し疲れました。へろへろしています。
2
骨やすめといっても、旅行に行くというわけではなく。。。
一時間ほどで着く実家に帰るだけです〔苦笑)
3
実家には、弟夫婦と姪っ子もやってきます。
みんなで、近所のお祭りで盆踊りを楽しむ予定です。
Blog
姪っ子は、小学一年生。去年の金魚すくいでは
逃げられちゃったけど、今年は掬えるかしら?

あとは、「絵遊ぶ五行歌展」の案内状の宛名書きで、
終わってしまうと思うけど、幸い親がまだ元気でいてくれるので
娘にもどれる、貴重なひとときになりそうです。
ご報告はまた次の記事で♪
みなさまもよい夏休みで骨休めしてくださいね。

『絵と遊ぶ五行歌展」詳細はこちらで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

「絵と遊ぶ五行歌」展(その2)

Blog2_4
こちらの案内は「美術さんぽ」ブログからダウンロードできます。
アユミギャラリーHPはこちら 水野ぷりん作品集はこちら 

9月16日からの「絵と遊ぶ五行歌」展にむけて、麹町倶楽部
清也氏、山碧木氏がCDの製作を進めてくださっています。
このCDは、展示の絵を再びパソコンで見たり、プリント出しできたり
するものですが、それだけではありません。
「遊ぶ」がコンセプトなので、絵にパズルのような仕掛け?
も作っています。(こちらは、会場でのお楽しみに!)
また、絵を眺めながら歌の朗読も聴くことができます。
朗読は柳瀬丈子氏。
かつて、NHKの「こんにちは奥さん」で鈴木健二アナウンサーと
ともに司会を務めた方。。。ですから、プロの朗読です。
先日の収録では、歌それぞれのイメージで、しっとり、時には
ほがらかに、読んでくださいました。うっとりしました。
なかなかりっぱなCDになりそうで、楽しみです。
柳瀬氏は、五行歌の歌人としては、麹町倶楽部のほかに「本郷歌会」
の主宰を務めておられ、昨年2冊目の歌集「風の伝言」を出版されて
います。
CDも本もどうぞ、会場でお手にとってみてくださいませ。
Blog2_5

では、他の展示作品も2点紹介させてくださいね。
まず、酒井映子氏の歌から。。。
Blog
彼岸花の花が、あんなに赤いのは、赤い息を吹きつけられたからでしょうか?
爬虫類との組み合わせで、花の赤さをいっそう妖しく、神秘的に詠んだ歌。。。
バックを暗くして、赤をひきたたせたつもりです。彼岸花は、爬虫類の守り神。
囲んで、花を祭っているイメージで、描いてみました。

奥田勇氏のお歌から。。。
Blog_2
ふだん、大人は立場や責任があるので、自分の本当の気持ちを考えずに
過ごしているように思います。ですが、たまには、自分の気持ちに
気づいてみることも大事なメンテランス。聴診器というのが、言いえて妙ですね。
心を壷で表現してみました。壷の底の底には、きれいな水があって、小さな魚
という本心が住んでます。耳をすませば、ちゃぷんと音をたてて、はねあがる。
こうした音が、「詩」になるのかな?などと、考えながら描いたものです。

他、展示では、絵本の原画も出版物と一緒に少し飾ろうかな?と
考えています。どれにしようか。。。思案中です。
5  
「うみのえき」ひかりのくに〔株)から

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »