« 新緑の美術さんぽ | トップページ | 世界の昔話「巨人男と竜男と白鳥男」その1 »

2011年5月21日 (土)

春の空がおおあくび(5月歌会報告)

久しぶりに五行歌のおはなしです。
(五行歌とは短歌でも俳句でもなく五行で詠む歌の形式です)
と、いうのも、5月の本郷の歌会で、めずらしく一席!を
ちょうだいできました。ありがたいです。
さて、歌は。。。。

春の空が
おおあくび
ほかりと
わずらい雲を
はきだした

めでたいことなので、通っている一川先生の書道教室で
書にしてみました。
「おおあくび」をらしく?ちょこっと、ななめに書いてみたのがミソです(笑)
Photo
震災から、もうふたつき立ちますが、原発事故のせいで
被災は大きくなるばかり。報道を見るたび、暗い気持ちになります。
でも、わずらうのも、ほとほと疲れてきてしまった。
こんな気持ち、どこかにやってしまいたいなぁ。
と、思ったとき、青い空を見上げて、詠んだ歌です。
「わずらい雲」は造語。
心配したり、不安だったりする気持ちを
被災者を応援したり、ともにがんばったりする気持ちに
切り替えたいと思います。
原発事故については、こわがったところで、避難できるわけもなく、
作業員の健闘をただただ、祈るしかないと、どこか開きなおりました。

批評会では、「ひらがなの多さ」に春ののどかさを共感していただけたり、
「わずらい雲」ということばをおもしろく感じていただけたようです。

そして、こちらは、ちょっとしたいたずらです。
2
同じ「わずらい」でも「恋わずらい」だったら、すてきなのになぁ。と
思って、描いてみました。
詩と絵のミスマッチが、自分でもおかしいです♪
でも、こうすると、失恋から立ち直って、新たな恋を探す姫君の
歌になるような。。。気がするのですが、いかがでしょう?(笑)
新たな恋!!いまだどこかで、あこがれていますねぇ(大笑)

|

« 新緑の美術さんぽ | トップページ | 世界の昔話「巨人男と竜男と白鳥男」その1 »

6歌会便り」カテゴリの記事

コメント

一席!おめでとうございますhappy01
「うふふ…」と笑い声が出そうな、
そんな人の心を和ませる歌ですね。
確かに毎日に報道には、心のトゲトゲが立ちそうな記事ばかりdespair
大空は、何にも変わっていないのに…

『新たな恋』に憧れる気持ち、
幾つになっても持ち続けたいですよねheart04
もちろん私も、憧れています!
女性は、誰しも妄想の世界ではお姫様ですものねvirgo

投稿: せりなずな | 2011年5月22日 (日) 06時17分

cloverせりなずなさま
そのとおりです!変わらない青い空!
この空が、被災地にも続いているのだと
思うと、切ないですが。。。。
でも、被災地の方々だって、
青い空は美しいと思っているような
気がします。happy01
美しいものは、人を元気にしてくれます。

空を自由に飛ぶみたいに、cloud
歌の世界では、「恋多き女」に
なってみようかしらん。と
思っています。heart04

投稿: ぷりん | 2011年5月22日 (日) 12時14分

一席おめでとうございます。
ぷりんワールドがどんどん広がっていきますね。
渋谷と連チャンでなければ、出席したいんだけどなあ。

投稿: アルキメデス | 2011年5月23日 (月) 22時08分

ご無沙汰です。一席、おめでとうございます。ぷりんさんらしさが出ていますね。
そうね。大きなあくびをして、体の中にたまっている淀んだ空気を出してしまわないとね。
出さなきゃ、新しいものが入ってこない! これ、最近強く感じてます。
また、物語、楽しみにしてます。

投稿: asako | 2011年5月26日 (木) 23時04分

eyeアルキメデスさま
ありがとうございます。
本郷は、麹町を静かにしたようで
落ち着きます。confident
会場も快適なのがいいです♪shine

投稿: ぷりん | 2011年5月28日 (土) 16時41分

cakeasakoさま
よどんでくるような日本にいると、
どこかで、思いっきりすっきり
させたくなります。sun
それで、新しいことにチャレンジ
していきたいわ。punch

「物語」の連載してみるね。
これが、自分でもいちばん好きですしhappy01

投稿: ぷりん | 2011年5月28日 (土) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/40074575

この記事へのトラックバック一覧です: 春の空がおおあくび(5月歌会報告):

« 新緑の美術さんぽ | トップページ | 世界の昔話「巨人男と竜男と白鳥男」その1 »