« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

世界の昔話「巨人男と竜男と白鳥男」その1

久しぶりに「物語」です♪
こちらは、今のベルギーあたり、フランドル地方に伝わる
おはなし。勇敢な若者たちが、試練を経て、幸福になるという
昔話の王道です。お楽しみください。

むかしむかし、あるところに「巨人男」という名前の若者がおりました。
この名前は、父親がつけた父親と同じ名前でした。
あるとき、父親が死んで、しばらくして母親も死んで、
巨人男は、ひとりぼっちになりました。
そこで、巨人男は旅に出ました。
1
巨人男は、あてのないまま、ずんずん歩いていきました。
何日か歩くと、泣いている若者に出会いました。
2
「何で泣いているんだ?」
巨人男がたずねると、若者は言いました。
「父も母も死んでしまった。俺は、この世でひとりぼっちになってしまって、
どうしたらいいのか、わからないんだ」
「おまえは、なんていうんだ?」
「竜男。おやじと同じ名前なんだ」
それを聞いて、巨人男は言いました。
「俺といっしょに来ないか?
ふたりで、兄弟のように旅をしようじゃないか?」
3
ふたりは、あてのないまま、いっしょに旅をしました。
何日か歩くと、悲しそうな若者に出会いました。
4
「何で、悲しそうにしているんだ?」
巨人男がたずねると、若者は言いました。
「父も母も死んでしまった。俺は食っていくために白鳥の番をして
いるんだが、つまらなくってなぁ」
「おまえは、なんていうんだ?」
「白鳥男。おやじと同じ名前なんだ」
それを聞いて、巨人男は言いました。
「俺たちと来ないか?三人で、兄弟のように旅をしようじゃないか?」
5 
三人は、あてのないまま、あちこちの国をめぐり、めずらしいものを
見ながら、いっしょに旅をしました。
ある日のことです。
ある国の門の前ではたを織っているじいさんに出会いました。
6
じいさんは、三人に声をかけました。
「わしは、腹がへってならんのだ。どうか、食べ物をめぐんでおくれ」
「ああ、いいとも」
三人は、機嫌よく答えると、巨人男はパンを、竜男はチーズを、
白鳥男は果物を、じいさんに分けてやりました。
7
「おまえたちは、親切だなぁ」
じいさんは、嬉しそうに受け取ると言いました。
「お礼におまえたちにほうびをやることにしよう」
                                 (つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

春の空がおおあくび(5月歌会報告)

久しぶりに五行歌のおはなしです。
(五行歌とは短歌でも俳句でもなく五行で詠む歌の形式です)
と、いうのも、5月の本郷の歌会で、めずらしく一席!を
ちょうだいできました。ありがたいです。
さて、歌は。。。。

春の空が
おおあくび
ほかりと
わずらい雲を
はきだした

めでたいことなので、通っている一川先生の書道教室で
書にしてみました。
「おおあくび」をらしく?ちょこっと、ななめに書いてみたのがミソです(笑)
Photo
震災から、もうふたつき立ちますが、原発事故のせいで
被災は大きくなるばかり。報道を見るたび、暗い気持ちになります。
でも、わずらうのも、ほとほと疲れてきてしまった。
こんな気持ち、どこかにやってしまいたいなぁ。
と、思ったとき、青い空を見上げて、詠んだ歌です。
「わずらい雲」は造語。
心配したり、不安だったりする気持ちを
被災者を応援したり、ともにがんばったりする気持ちに
切り替えたいと思います。
原発事故については、こわがったところで、避難できるわけもなく、
作業員の健闘をただただ、祈るしかないと、どこか開きなおりました。

批評会では、「ひらがなの多さ」に春ののどかさを共感していただけたり、
「わずらい雲」ということばをおもしろく感じていただけたようです。

そして、こちらは、ちょっとしたいたずらです。
2
同じ「わずらい」でも「恋わずらい」だったら、すてきなのになぁ。と
思って、描いてみました。
詩と絵のミスマッチが、自分でもおかしいです♪
でも、こうすると、失恋から立ち直って、新たな恋を探す姫君の
歌になるような。。。気がするのですが、いかがでしょう?(笑)
新たな恋!!いまだどこかで、あこがれていますねぇ(大笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

新緑の美術さんぽ

先日、日本美術アカデミー主催の「美術さんぽ」に参加してきました。
こちらは、アートナビゲーター(美術検定一級合格者)の案内による
「のんびり散歩+美術鑑賞」というもの。
今回は靖国神社の鳥居を抜けて、北の丸公園をお散歩して、工芸美術館を
めざしました。
わたしは、東京にいるのに、北の丸公園も工芸美術館もはじめて!(苦笑)
まずは、靖国神社で明治軍を創設した「大村益次郎」の銅像を見て、
北の森公園にはいり田安門でみんなで記念撮影です。
21
お散歩のはじまりです。お天気はさわやか!まさにお散歩日和♪
新緑がきれいで、心が弾む♪
22
お散歩すると、いろいろな出会いがありますねぇ。
23
小一時間は、歩いて。。。
24
鑑賞したのは高橋禎彦(たかはしよしひこ)のガラスです♪
はじめて見たのですが、これってガラス?なんだか、かわいい。
明るくポップ。キッチンの小道具たちが、大きくなって、首を
傾けておしゃべりしているみたいです。
このフォルムって、おとぎ話。私の絵にも応用できそうだわ!
25
このあと、参加者みんなでお茶をのんで、解散♪
よく歩いたし、知らなかったガラス美術の世界にもふれることができました。
健康的で、少しおりこうになったような日でした。

次のお散歩は、5月25日(水)上野の森と西洋美術館だそうな。
美術評論家の藤ひさし先生もご一緒とか。
どんな、出会いが待っているかしらん?楽しみです。

詳細はこちら。どなたでも参加できます。
26

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

中継、ゴールデンウィークもよう

もう、ゴールデンウィークも、のこりわずかですね。
わたしは、明けの締め切りがいくつかあって、
ぐるぐるしながら、引きこもりをしています。
1
「あそぼう!」って言うと、「あそばない」って言う。
2
「ごめんね」って言うと、「ごめんしなくていい」って言う。
3
はい。。。いつだって。。。ゴールデンウィークは。。。
4
え~!(A)。。。。ちぇっ。。。。。(C)♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »