« 子どもといっしょに美術さんぽ | トップページ | 寺本一川主宰「墨色のリズム展」 »

2011年3月18日 (金)

東日本大震災・救援チャリティバザー

3月11日の東日本大震災から、一週間がたちました。
東京の真ん中に住むわたしは、幸いなことに被災しませんでした。
当日は家の中が、ちょこっと乱れたくらい。
千葉にいる母の地域が断水しているので、ちょこっと心配なくらい。
帰宅難民にもなりませんでしたし、計画停電の地域にも今のところ
はいっていないので、ふつうに暮らせています。
ですから、報道を見るつど、なおさら、胸が痛む。
ぬくぬく暮らしている自分が、なんだか、申し訳なくてなりません。
自分は、せいぜい家の節電に心がけたり、募金をちょっとしてみたり。。。
トイレットペーパーをさがしてうろうろしていたり。。。。
なんだか、後ろめたくて、ブログを書く気にもなりませんでした。

でも、昨日「社会法人国際子ども基金」というところから、「チャリティーバザー」の
お誘いを受けました。参加しようと思います。
こちらは、教育関連の企画制作に携わる編集者やカメラマン、
デザイナーが立ち上げた団体で、9年間、アフガンの子どもたちを支援してきました。
わたしは、図書館本などのお仕事でお世話になってきました。
発起人は汐見稔幸(白梅学園大学学長)、大日向雅美(恵泉女子学園大教授)
だそうです。
わたしは、原画を売ることになるでしょう。販売もお手伝いしようかな。と思っています。
著名な絵描きさんたちの絵も集まるのではないでしょうか?
絵本も含め、通常価格の半額で販売。売り上げを寄付するとのこと。
交通機関がもう少し、落ち着いたら〔4月上旬)東京、神奈川で開催だそうです。
詳細が決まったら、お知らせしますので、そのときは、どうぞ、買ってください。
Photo
(みんなの道徳・中学2年用教科書より)
それにしても、被災者の方々の慎み深く、思いやり深く、気丈な姿に
頭がさがります。子どもたちも、ほんと、よくがんばっている。
原発の事故がほんとうに心配だけど、今、冷却の作業にあたってる方々の
心にあるのは、崇高な使命感だと思う。
だから、信じて、今は静かに暮らしていようと思います。
この問題が解決にむかえば、日本は東北を再建しなければならないし、
エネルギーの転換を迫られることになる。
そのときは、便利に慣れすぎたこの価値観を変えてゆきたいと思います。

|

« 子どもといっしょに美術さんぽ | トップページ | 寺本一川主宰「墨色のリズム展」 »

2展覧会便り」カテゴリの記事

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

ぷりん先生、お怪我などなくご無事で何よりです。
チャリティバザー、素晴らしい企画ですね。
ぜひ伺いたいです。

投稿: nakochan | 2011年3月18日 (金) 22時09分

まずは、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます

私は地震のニュースを海外で知りました。
目を疑う映像とSENDAI・TOKYOの文字に震えました。
すぐに千葉と茨城に住む家族の安否を確認し、15日に帰ってきました。
私の家もぷりんさんのお家とそう遠くないので、家のなかも大した被害もなく
計画停電にも入っていません。友達にも「怖い思いしなくてよかったね」とか
「運がいい」とか言われ、自分でも怖い思いをしなかったのは良かったと思ってます。
でもその反面、申し訳ないという思いと何とも言えぬ疎外感でいっぱいです。
せめて私は今私にできることを精いっぱいやらなければ。。。

そして正に今、原発で命がけで仕事をしていらっしゃる皆様、本当に本当に頭が下がります。
もっともっと彼らがどれだけ危険な仕事をしてくれているか伝えるべきだと思っています。

チャリティーとてもいいですね。
ぜひ遊びに行きたいので詳細が決まりましたらお知らせ下さい。
楽しみにしていますnote


投稿: とことこ | 2011年3月18日 (金) 22時12分

virgonakochanさま
なこちゃんもお怪我などなく
何よりです。heart01
息子さんは、こわがって
いませんでしたか?
ずいぶん揺れましたものね~weep

チャリティでは、絵は東欧の作家も扱い
ガラス工芸や陶器などもそろうそうです。
ご都合がついたらいらしてくださいね。confident

投稿: ぷりん | 2011年3月19日 (土) 06時30分

footとことこさま
ご旅行中だったのですね。
それはかえって、ご心配だったでしょう。
たいしたことなく、
ご家族も無事で何よりですhappy01

でも、東京でも大変な思いをされた方が
たくさんいらっしゃるし、心苦しいですねthink
わたしたちは、せいぜい、節電に
はげみましょう。
あとは、原発の事故が終息にむかうのを
祈りましょう。annoy

チャリティは、良い商品がたくさん集まると
思います。ご都合ついたら、いらしてね。
詳細決まったら、すぐには発表します。

とことこさんが参加された
絵本展はだいじょうぶだったのかしら???


投稿: ぷりん | 2011年3月19日 (土) 06時43分

ご無事でなにより。都心はいいなぁ。でも、うち(川崎市)も、まったく停電しないのです。しっかり準備しているのに肩透かしの毎日です。
都心に出ても、もう、電車もそんなに乱れていない。ただ、カラッポのスーパーの棚が異様なくらいです。
このくらいの生活で十分です。そんなに便利な必要もないですよね。

投稿: asako | 2011年3月19日 (土) 13時44分

cakeasako様
ご無事で何よりでした~happy01
節電するのは、あたりまえだと思いますが、
被災地でもないのに、
がらんどう!のスーパー。。。
いまだ、食パンを買えていません。wobbly
今日やっと、トイレットペーパーを買えました。
異常です。。。。punch

今までの使い放題を見直せば、電気の
4分の1ぐらいの節約はできそうです。
これをいいきっかけにしたいところですね。

チャパティ、焼いてるのかな?
おいしそうね。restaurant

投稿: ぷりん | 2011年3月19日 (土) 19時19分

いままた揺れてました〜〜〜
気持ちの悪いものですね。

昨日、あゆみギャラリーに行って、ぷりんさんの書を拝見してきました。
すぐぷりんさんの字だと分かりましたよ。
神楽坂の友人にも声をかけて、お菓子とお茶とお喋り〜
楽しい時間でした。「書を描いて!?寄付」をしてきました。
チェリティの話をまた教えてください。

事務所は、男ばかりなので地震後は暖房なしの節電です。
着込めば平気ですね。

深夜、静まり返った海のそばに、黒い怪物6基、白い息を吐きながら薄目を開けている。
レスキューの隊長の話からすぐにイメージしてしまいました。。。。

投稿: アルキメデス | 2011年3月22日 (火) 19時16分

eyeアルキメデスさま
つたない書を見てくださって
ありがとうございます。bleah
私も、書を書いて、寄付もしてきました。
それにしても、余震は続くし、あれこれ、
安全な?放射能におかされているようだし。。。
国民の気持ちが意気消沈。shock
経済が疲弊しそうで心配です。down
明るいチャリティにしたいです。flair

投稿: ぷりん | 2011年3月23日 (水) 15時01分

ぷりんさん、ご無事で何よりでした。
こちらは、家ごと大きなゆりかごに乗ったような揺れで、
気持ちが悪くなるくらいで済みましたが、
被災地の方々の事を考えると、なかなかブログの気分にはなれませんでした。

子供たちは、外で元気に遊び、
お腹がすけば、帰ってきます。
この当たり前の生活が、壊れてしまう・・・と考えただけでweep
なおとをぎゅっと抱きしめる回数が増えてしまいました。

明日から、グアムへ遊びに行きます。
こんな時に…とは思いますが、
主人の永年勤続のご褒美ですので、思いっきり遊んできます。

チャリティーバザーには伺えませんが、
自分にできることを精一杯させていただきます。

投稿: せりなずな | 2011年3月26日 (土) 09時47分

cloverせりなずなさま~
はぁい、いってらっしゃい。
大いに遊んできてくださいね。happy02
自粛ばかりでは、経済が疲弊します。
被災しなかった地域の活性化が東北への
支援となります。punch
どうぞ、よい思い出をつくってきてね。sun

投稿: ぷりん | 2011年3月26日 (土) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/39274685

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災・救援チャリティバザー:

« 子どもといっしょに美術さんぽ | トップページ | 寺本一川主宰「墨色のリズム展」 »