« 童謡絵本「豆まきえいやぁ」 | トップページ | 英語えほん「勇敢なバーバラ先生」その1 »

2011年2月 6日 (日)

ぷりんのむかしむかしイラスト

今、我が家は模様替えで大わらわです。
と、いうのも。。夫〔グラフィックデザイナー)が、オフィスを引き上げ
自宅を仕事場にすることになったためです。
この狭いマンションに、もうひとつ、仕事場を作らなくてはいけません。
仕方ないので、居間をつぶした。。。とほほ。
ピアノ〔電子だけど)を捨てた。お気に入りのテーブルも捨てた。涙です。
そして、棚にも空きをつくるため、イラストの原画を大量に捨てました。
涙、涙です。
そこで、むかしむかしイラストを追悼する意味で、ブログに掲載します。

まずは、フロッピーディスクの頃のイラスト!
もう、データもないのに、プリントしたものが、出てきました。
学習ドリルの表紙で、毎月描いていたもののうちの一枚です。
ごらんください!まだ、「ギザギザ」している!
プリンターも古い時代なので、色も中間色が使えなかった。
生っぽい配色ですね~
Mukashi1_2
ソフトは、今やだれも知らない「スタジオ8」というもの。
当時マックは300万以上する高額商品でした。でも、このギザギザが
いかにもコンピューターらしく見えた新鮮なころで〔笑)
この絵のシリーズは好評。借金も速く返せたのを覚えています。

こちらは、保育雑誌の草花あそびの記事につけた、説明カット。
Mukashi2_2

こちらは、保育の現場での「遊び方」提案につけた説明図の一部。
Mukashi3_2

こちらは、子どもたちに、障害者、お年寄り、妊婦さんたちを理解して
もらうためにつけたカットイラスト。そこから、福祉の仕事を
理解させる内容になっています。図書館本なので、まだ、どこかに
あるかなぁ。
Hukushi

こうした、文章につけるカットイラストというものは、地味なものですし、
雑誌においては、消えてゆくものです。
そして、今はデータで描くのが、常識になってます。
(そうでないと、若いデザイナーさんは処理ができなかったりする〔笑))
けれど、ひと昔前は、こうした地味なものも、ひとつひとつ、
手で描いていたのですよ~。
今見ると、やっぱり、手描きのものは、やわらかな味わいがありますね。
それに、一発勝負。描き直しができないので、絵の腕は確実にあがります。

山のような、カットイラストを見て、「よく、仕事した」と自分をほめてあげたい
気持ち にもなったものの、それにしても、地味な道を歩いてきたなぁ。と
しみじみ。。。まぁ、でも、「一本道」で、よかった。
これからも、そうでありたいなぁ。

では、許せ。さらばじゃ。私のむかしイラストちゃん。
これから、また、片付けです~。

|

« 童謡絵本「豆まきえいやぁ」 | トップページ | 英語えほん「勇敢なバーバラ先生」その1 »

4日々徒然」カテゴリの記事

9絵の話」カテゴリの記事

コメント

ぷりんさん、たくさんのお仕事をされたのですね。
どれもこれも可愛い!ぷりんさんのハートのように
描かれていますね。貴重な思い出の作品を残すのはほんとにさびしく、大変ですね。
わたしも、断捨離そろそろ覚悟を決めなければ。

投稿: 一川 | 2011年2月 6日 (日) 19時06分

わ~~~、おさらばしないで~~shock
という声がイラストたちから。。。

それにしても、このイラストたちは
昔の作品とは思えないくらいかわいくって今どきですねnote
ぷりんさんはいろんなタッチの素敵な絵をお描きになるので
いつの時代にもぴったりshineマッチしているのですね~happy01
ほんとにかわいいですheart02

投稿: とことこ | 2011年2月 6日 (日) 21時42分

もったいない。もったいない。
手間がかかるでしょうが、スキャンしてデータ保存だけでもできないでしょうか。
仕事が形として残るのは、うらやましいところです。

投稿: 清也 | 2011年2月 7日 (月) 08時02分

mist一川さま
先生もたくさんあるでしょうねぇ。
小さな仕事でも、子どものようなものだし、
見ると当時を思い出しなつかしくなりますね。
残念だけど、仕方ないわぁweep
こういった仕事は今もやってるけど、
昔は、マシンのようにやっていたの~coldsweats01
ほめてくださって、ありがとうございますheart01

投稿: ぷりん | 2011年2月 7日 (月) 11時55分

footとことこ様
今見ても、かわいくて、よかったわhappy01
また、描いて作品をふやすわ〔苦笑)
わたしは「作家」というより「職人」として
やってきたので、要望にこたえる技術を向上させて
きたんですよ~happy02
当時は「自分とは?」なんて考えなかったもの。
「自分らしくsnow」と思い始めたのは
40すぎてからかなぁ。おそい。。。。spa

投稿: ぷりん | 2011年2月 7日 (月) 12時01分

dog清也さま
ありがとうございます。happy02
世の中からもう捨てられた子どもたちです。shadow
MOにはいっているものもある。
でも、スキャンが今のものと比べると甘い。
こうしたハードの進化はめざましいですね~fuji

投稿: ぷりん | 2011年2月 7日 (月) 12時05分

入稿指定、写真のポジ整理、デザイン指定等々
どんどん昔のやり方を忘れていくのがコワイです・・・。
イラストも写真も原稿もすべてデジタルで処理できるようになって
よかったんだろうか?
・・・と自問自答しながらも、(おそらくは)時間短縮できている一連の作業が
ますます当たり前のようになっていきます。
なにか落としてきたものは、きっとある。
だけど、前に進まなくてはいけません・・・。

投稿: kikkoro | 2011年2月 7日 (月) 18時37分

昨年の引越しで大量に作品と別れました。
恋人と別れるように〜クシュン〜
5秒見てはエイっ!3秒見てはポイ!
見ずにポイポイ・・・

昔には縛られないぞ〜
前を見て、また歩こう!

歩けるだろうか・・・・

投稿: アルキメデス | 2011年2月 7日 (月) 21時11分

dramakikkoroさま
なんでも、かんたんに直しができる?ように
思われるデジタルの世界。
打ち合わせのつめがすごく甘くなったような
気がするなぁ。despair
その場、その場の携帯待ち合わせと似ているgeminiおばさんは、なかなかそのノリについていけません。
とほほ。。。crying

投稿: ぷりん | 2011年2月 8日 (火) 16時20分

eyeアルキメデスさま
新しい恋人を見つけなくてはねぇ。
この年で。。。coldsweats01と思うと
つい、腰も重くなりますが、
また、新たな絵を描きますワンdog
もういちど、出発~!
ともにお散歩にでましょうrunrun

投稿: ぷりん | 2011年2月 8日 (火) 16時24分

私もまだまだアナログ人間だからでしょうか。。全然古さを感じません。(^-^)
10数年前幼稚園に勤めていた私は、この頃からぷりん先生に出逢いお世話になっていたのですね。
不思議です。そしてとても嬉しいです。(*^_^*)

投稿: nakochan | 2011年2月 8日 (火) 18時01分

もったいないねぇ。ぷりんさんにとっては、思い出多い作品でしょう。しかし、私らの文章データとちがって、保管するにも大変でしょうね。しかも、保存法がどんどん変わってしまうから、ねぇ。技術の進歩に負けてますよね、私たち。
やっぱり、前を向いて進むしかないですね。昔の自分も自分だけど、今の自分が、ほんとの自分かな!

投稿: asako | 2011年2月 8日 (火) 22時33分

virgonakochanさま
10数年前ならば、保育雑誌で山のように
描いていたので、きっとどこかで
見ていただけていたと思います。
そうか~。coldsweats02
なんだか、不思議!lovely
ご縁ですね~。snow
嬉しいわぁ。暖かくなったら、
ごはんしましょうね。punch

投稿: ぷりん | 2011年2月 9日 (水) 16時13分

cakeasakoさま
ハードの進歩がすごくて、その分
頭も腕も使わなくなったので、ばかに
なっていくようだわ。。。sweat01
便利さを利用して、もっといいものを
作らなくてはいけないのよね。punch
わたしも、今と。。。これからを、
より「自分らしく」するよう、がんばるわ。happy02
どうも、ありがとう!shine

投稿: ぷりん | 2011年2月 9日 (水) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/38759782

この記事へのトラックバック一覧です: ぷりんのむかしむかしイラスト:

« 童謡絵本「豆まきえいやぁ」 | トップページ | 英語えほん「勇敢なバーバラ先生」その1 »