« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

童謡絵本「豆まきえいやぁ」

2月3日は節分です。季節の変わり目には邪気が生ずるといわれ、
それを払うのが豆まきです。
わたしは、鬼のお面もうんとこわくしてほしいなぁ。
でも、子どもたちには 怖がらず、勇敢に戦ってほしいなぁ。と
思っています。
福を呼び込むためには、「勇気」が必要なのです。
そこで、怖がりやさんのために励ましの歌をつくってみました。

君は知ってるか おにって なんだか 知ってるか
おには 角を はやしてる
おには きばを はやしてる
おには かなぼう かついでる
こわい こわくない こわい こわくない
ものども えいやぁ 豆をにぎれ
Mame1
君は感じるか おにが 来るのを 感じるか
おには 福を うらやんで
おには あの世の 川 わたり
おには この世の 空 とんで
おには 春を 食べに来る
ものども えいやぁ 豆をにぎれ
Mame2
こわくはないぞ えいやぁ、えいやぁ
豆をぶつけて それ、えいやぁ
おには 外行け 福は うちじゃ
豆をぶつけて それ、えいやぁ
Mame3
ほうほう おにが 逃げたなら
すたこら おにが 逃げたなら
Mame4
でかした でかしたと 春が来る
君の勇気に 君の勇気に 福がくる
えいえいお~ えいえいお~
Mame5
わたしは、子どものころ「戦ごっこ」が大好きでした。
陣取り遊びは、楽しかった♪
やさしい心根はもちろん、人としての基本だけど、幸せになるのには
時には勇敢にならなくては!ね。
こどもには、災いを跳ね返せるたくましさも身に着けていってほしいなぁ。
と思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

童謡「おなべの歌」

寒いときには、かかせない「お鍋」ですが、
うちでは、かなりひんぱんにお鍋です。。。。
残りものでできる!かんたんにすぐできる!おまけに
味もいろいろ!と、三拍子そろっているので、ついつい。。
「今宵もまた。。」という気持ちになってしまいます。
もはや、お鍋殿は わたしの戦友!といっても良いでしょう〔苦笑)
そこで、お鍋の功績をたたえる歌を作詞してみました。
Photo
おなべ ぐつぐつ おなべ ぐつぐつ 煮えてきた
だいこん じんわり 
たまご つるん
とうふ ほよよ 
しらたき ぐったり
いいアンバイだぁ ナムマイダァ
湯気をおがんで ナムマイダァ

おなべ ぐつぐつ おなべ ぐつぐつ 煮えてきた
ちくわ かっぽれ
がんも ずっぽり
春菊 ぐらり
はまぐり ぷっくり
いいアンバイだぁ ナムマイダァ
湯気をおがんで ナムマイダァ

かこめ かこめ お鍋をかこむ
食べろ 食べろ いいアンバイ
見極めかんじん おなべの極意
今宵は どなたが 鍋奉公
いいアンバイだぁ ナムマイダァ
湯気をおがんで ナムマイダァ

お鍋をかこむ楽しさと具のそれぞれに敬意を払った歌です〔笑)

ちなみに うちで出番がいちばん多いのは、「鳥鍋(ちゃんこ風?)」です。
以前、両国のちゃんこやさんで食べたものをマネしてつくっています。
だしはカツオと昆布にちょこっとしょうゆと。。お酒。
めんどうなときは、「だし汁パック」を買ってきて、ベースとし、適量にふやす。
具は、鶏肉、ごぼう、油揚げ、もやし。。こちらは必須。
あとは白菜、しいたけ。など、あるものをいれます。
こうして冷蔵庫ののこりものは、無事に成仏してくれます。
ごっつぁんでした。合掌。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

絵本「きんいろのライオン」

本日は、ちょこっとお知らせです。
以前、すずき出版から発売した「きんいろのライオン」が
韓国版になりました。
Blog0
韓国語は。。。まったく読めないのですが。。
きっと、「きんいろのライオン」と書いてあるのでしょう〔笑)
このお話は、私自身とても気に入っているので、
韓国の子どもたちにも読んでもらえるのだなぁと思うと嬉しいです。
子どもの本にしては、悲劇!無常感があるお話なのです。
この仕事を依頼され、打ち合わせの際、担当の編集者には、
「世の中、良いことばかりではないのです。さぁさぁ、ぷりんさん!
思いっきりヤッテ、子どもたちをおおいに泣かせてくださいね」
と言われ、わたしものびのび描きました〔笑)
さて、どんなお話か?立ち読みしてください。

金色のたてがみをもつ若きライオン、マノージャは、草原で
狩りをしながら、家族たちと仲良く暮らしていました。
Blog1
ところが、ある一匹のずるがしこい山犬に出会ったことから、
運命が変わります。
山犬はマノージャの家来になりました。はじめて家来をもって
「王様」と呼ばれ、マノージャは嬉しくてなりません。
父親の苦言にも耳をかさず、山犬を従えて、毎日、狩りに出かけます。
山犬は後をついてまわるだけで、獲物のおこぼれをちゃっかり
ちょうだいできるようになりました。
Blog2
そんなある日のこと。山犬は馬が食べたくなりました。
「今日は馬をつかまえにゆきましょう」マノージャをけしかけました。
マノージャはためらいます。馬は人間のもとにたくさんいました。
でも、父親から「決して近づいてはいけない」と言われていたのです。
山犬は言いました。「人間が、王様に勝てるはずがありません」
「それも、そうだ。よし!」 若く血気盛んなマノージャです。
とうとう、人間の馬をおそってしまいました。
Blog3
さあ、たいへん!怒った人間たちの仕返しがはじまりました。
マノージャはどうなるのでしょう?
Blog
「お友達」って何でしょう?
この本は、友達を選ぶ大事さ、むずかしさを考えさせてくれます。
若い頃は思慮が足らず、つい突っ走ってしまうものですが、
それは、それで、人生を切り開いていくエネルギーだったりします。
山犬が「ほんとうの友達」だったら、マノージャは幸せになれたかも
知れません。

もちろん、「日本語版」もあって。書店やネットでお求めになれます。
よろしかったら、読んでくださいませ。
Blog5 
鈴木出版(03-3945-6611)
文・唯野元宏 絵・水野ぷりん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

うさぎとおもちで明けましておめでとう!

Blog
明けましておめでとうございます。
すっかり、新年のご挨拶が遅れて、恥ずかしいです。
年末は、仕事と忘年会でばたばた。。。大掃除はまったくせず。。。
31日と元旦は、実家で年賀状書きに没頭。
紅白をちらりと見ることもなかったです。。。
そして3日から仕事でぐるぐる。。。まだ、初詣にいけていないです。
でも、ようやく山越えができそう!ブログも再開!できました。
めでたいです♪

ちなみに年賀状で使った絵はこちらです。
Blog1
これは、以前「ひかりのくに」という雑誌の絵本ページで描いたもの。
おもちでどんな造形もつくってしまう「魔法の指」をもったおばあさんの
お話の中の一場面です。
さまざまな形のおもちで、家族そろってお雑煮を食べます。
おいしいこと、おいしいこと!
Blog2
みなさんは、どんなお正月をすごされたのでしょう?
私は、あわただしかったものの、おせちとお雑煮はしっかり食べてきました。
おせちは、父が好きなのもあって「中華おせち」を購入。かに爪のフライとか、
しゅうまいとか、きくらげとか、はいっています〔笑)
お雑煮はすまし汁に焼いた角もち。鳥のささみやしいたけ、三つ葉なんぞが
はいっています。
母がまだ元気に台所に立ってくれるので、わたしはちょこっと手伝うだけ。
楽チンです。
弟夫婦、姪っ子がやってきて、そろっていただきました。
久しぶりのおしゃべりになごんだ数時間でした♪

お正月って、家族を重箱に詰めるようですね(笑)

「魔法の指」をもったおばあさんは、つきたてのおもちで、家族の
笑顔をつくりました。
Blog3
もちもちの笑顔いっぱいの、みなさまのすこやかな一年を
お祈りして。。。
さいごにうちの子から、ご挨拶!です。
Blog4
我が家にきてまだ、一年足らずの小助。すっかりでかくなりました。
わたしも、夢はでっかく!すてきな一年をめざして、
もちっと、がんばります♪ので
今年も「ぷりん茶屋」をどうぞ、よろしくお願いします♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »