« こどもネットTV「どりーむサラダ」 | トップページ | 逆上がりなんか かんたんだった(渋谷歌会報告) »

2010年10月16日 (土)

秋のお出かけいろいろ

Aki12
ようやく少しだけ秋らしくなってきましたね。
紅葉の写真にイラストをさしこんで秋気分を味わってみましたが
今年も紅葉狩りなど、とんと縁なくすごしてしまいそうな。。。ぷりんです。
かといって、「芸術の秋!」らしく絵に打ち込んでいるのではなく。。。。
ここのところ、展覧会やら(飲み会も)でお出かけばかり。
ちっとも落ち着いていません。
ご案内を頂戴していたので、いろいろと見てまわっておりました。
まぁ、それはそれで楽しいものです。

なかでも「さすが!」と、うなったのは「篠崎三朗(みつお)」先生の個展でした。
多くの絵本、児童書の挿絵を手がけておられる業界の重鎮です。
Aki2
御年70さいを越えておられるのですが、感性が若々しい。
それでいてやはり長年の積み重ねがあって、品格、貫禄のある絵です。
展示されている絵はもちろんなのですが、それ以上にわたしをうならせたのは、
ギャラリーに何冊もつまれていた「スケッチブック」なのでした。
海外旅行されたときのなにげなく描かれた絵日記のようなものなのですが、
その達者な線!洒落ている!実にお見事。久しぶりに本物の実力を見たわ。
「絵描きはかくありなん」ですね。何かあれば、デジカメでおさめる。データー
で、描いてしまう。なんて、昨今の小技じゃない。
やっぱり、絵描きは己の手で「スケッチ」しなくては。。と反省。
「デッサン」にはじまり、「「デッサン」に終わるのが本当ですね。
しかし、あの絵日記はデジカメに収めたかったの。(苦笑)忘れてしまった。

そして、もうひとつご紹介。
叔母が趣味の版画ではじめて個展を開きました。しかも「銀座」で!
こちらも、70さいを越えています。
版画歴30年以上、ようやく日本板画院の同人に昇格。
身内の話でお恥ずかしいのですが、ほんと、上手になったなぁ。がんばったなぁ。
と思います。で、お祝いに出かけたわけです。
向かって左が叔母。右が叔母の姉、わたしの母です。
Aki4
玄人の世界にしろ、趣味の世界にしろ、大事なのは「志」をもって
「継続」することなのだなぁ。と。。。
人生の先輩方に生き方を教えてもらいました。
この間の朝ドラの「ゲゲゲの女房」では「絵描きは、ただ
描き続けていればいいのです」といったセリフがありました。
このセリフをもういちど、心にきざんだふたつの個展でした。

Aki5
性懲りもなくまた作ってしまったデータ加工の絵に脈絡のなく思いついた一句をそえて

秋のかくれんぼ
もういいかい
もういいコン
葉隠れ 得意ぞ
子ぎつねさん

|

« こどもネットTV「どりーむサラダ」 | トップページ | 逆上がりなんか かんたんだった(渋谷歌会報告) »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

スケッチの大事さ
(スケッチはネタ帳になるのだということに
遅ればせながら最近やっと気がつきました)、
続けることの大事さ、
私も本当に同感です!

投稿: AYUMI | 2010年10月16日 (土) 21時56分

ぷりん様
叔母さまの個展のお話、素敵ですね!
おめでとうございます。

篠崎三朗さんの画、凄みがあります。
御歳70ですか……。
モダンですね!

かくれんぼの画の女の子の着物が
紅葉の背景と一緒なのが、とっても好きです。

投稿: 波那 | 2010年10月17日 (日) 18時15分

波那さま
きちんと有意義に年をかさねていくって
すてきですよねぇ。
そうなれるかなぁ。。。
そうならなきゃねぇ。。。

今回は写真に絵を透かしこんでみたら、
けっこう、ファンタジーになりました。
こうした、実験ができるのが
ブログの楽しいところです。

投稿: ぷりん | 2010年10月18日 (月) 12時32分

Ayumiさま
いつでもどこでも「スケッチブック」を
携帯したほうがいいのかも
そのぐらいちゃんとやらないとなぁ。
と反省した個展でした。
やっぱり、ずうっと、勉強ですよね。

投稿: ぷりん | 2010年10月18日 (月) 12時43分

秋らしくなって、お出かけにはもってこいですね
叔母様もお母様も、とっても若々しい!
まるで三姉妹のよう

ぷりんさんは、スケッチブック!
私は、メモ帳をいつでもどこでも…ですね!
なおとがつぶやきを、ちゃ~んとメモできるようにしなくちゃと思いつつ、忘れてしまいます。

10月になっても、良いお知らせはありません
もっと、精進ですね。
叔母様も70歳で個展ですもの、
私はまだまだ鼻たれ小僧です
頑張ります

投稿: せりなずな | 2010年10月18日 (月) 16時38分

ぷりんさんのお母さん、昔々、童謡を歌っていた女性に似ている〜
誰だったか、思い出せないんだれど・・・
素敵な笑顔ですね。
ぷりんさんの笑顔は、このお母さんから貰ったんですね。
才能は、伯母さまから!?

投稿: アルキメデス | 2010年10月18日 (月) 20時36分

篠崎先生、お元気でしたか!
何度か日吉のアトリエにお邪魔しました。
仕事そっちのけで先生のスケッチブックに見入ってしまった時間が懐かしい~。
ガラス絵をはめ込んだ手作りオルゴールとか皿時計とか
意外と篠崎先生グッズが我が家にあるのでした(笑)

お三方の笑顔がとても素敵ですね~

投稿: kikkoro | 2010年10月19日 (火) 03時36分

せりなずなさま
良いお知らせがない??
せりなずなさんなら、
あっておかしくないのですけどね。
でも、はじめからうまく行き過ぎるのも
こわいことだし。。
でも、才能は心配しなくても、あるから、
書いていれば大丈夫。

なおとくんのつぶやきは、あとがないので(笑)
すぐ大きくなっちゃうからこちらは、しっかりメモしましょう~

投稿: ぷりん | 2010年10月19日 (火) 15時47分

アルキメデスさま
母とは「声」がそっくりらしくて
電話でよくまちがわれます。
「顔」は叔母に似ている。。といわれる。
「才能」?は祖父が書も絵もまぁまぁでした祖父は審美眼がありました。
祖父が呉服屋に頼んだものは、
今でもすごいです

投稿: ぷりん | 2010年10月19日 (火) 15時52分

kikkoroさま
お約束してでかけたわけではないので
ちょうど、お会いできませんでした。
ちょっと残念。
小さな蘭をおいてきました。

そんなお宝があるのね。いいなぁ。
どのご本のとき、担当されたのかしらん。

それにしてもやっぱり、本物だなぁ。と思って
あらためて、尊敬しました

投稿: ぷりん | 2010年10月19日 (火) 15時57分

ぷりんさんの着物の着こなし、とってもステキです。色あわせもばっちり。ピンクってなんだか恥ずかしいときもありますが、やっぱり個展会場には黒よりも華やかな色があいますね。
私も秋は着物を楽しみたいです。銀座で個展なんて・・あこがれます。

京都の東山は観光バスがいっぱいです。早く真っ赤な山を見たくなりました。


投稿: いまはし ゆうこ | 2010年10月21日 (木) 02時57分

いまはしゆうこさま
着物はねぇ、塩沢の紬です。
お気に入りで15年以上活躍しています帯はお太鼓がにわとりだったりするんですよ~
でもちょっと、色あわせが「春」。。。
まだ、着物だと、暑いから(更年期)だし。。
ついつい秋にならないのです(苦笑)

東京でまた個展をされるときはご案内くださいね。
京都、また生きたいなぁ。
そのときは、ゆうこさんに会ってみたいなぁ。
きっと、そのうち会えるような気がする。

投稿: ぷりん | 2010年10月21日 (木) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のお出かけいろいろ:

« こどもネットTV「どりーむサラダ」 | トップページ | 逆上がりなんか かんたんだった(渋谷歌会報告) »