« ば化粧師レイコ・クルク | トップページ | 手の甲には 手の平には(10月歌会報告) »

2010年10月30日 (土)

絵本「おぼうさんになったどろぼう」

絵本「おぼうさんになったどろぼう」が発行されました。
文は西本鶏介先生。絵は、水野ぷりんです。
1
西本先生とは、不思議なご縁です。
わたしがまだ学生であったころ(ああ、もう30年前!)講談社の絵本講座で
先生のお授業を受けていました。わたしは、大勢の生徒さんたちのひとりに
すぎませんでしたから、先生のご記憶にはまったくないことですが〔笑)

さて、この絵本は、どんなお話かというと。。。

むかし。ある冬の雪のちらつく夜のこと。山寺にどろぼうがはいりました。
「命がおしければ金をだせ」けれど、盗むものなど何もない貧しいお寺でした。
和尚さんは、菜っ葉だけのうすいかゆをすすっています。
2
心優しい和尚さんは、どろぼうのおどしに顔色をかえることもなく
わずかなかゆをどろぼうに食べさせてやります。
それでもどろぼうは、「また来てやるからそれまでに金をためておけ」と
いばりちらしてお寺を飛び出します。
でも、その後ろ姿の寒そうなこと。夏の薄い着物一枚です。
和尚さんは、自分の着ていたたった一枚のわたいれをどろぼうに
かけてやりました。
3
すると。。。。

人が道にはずれてしまうには、理由があります。
人の心がかたくなになってしまうには、理由があります。
そのはずれた道を正し、本来のやさしい心にもどしてあげるのは
「ほどこし」でも「ありがた教え」でもなく、お坊さんの「無償の善意」です。
それを受けたとき、人は「ああ、自分の気持ちをわかってくれた」と
感ずるのかもしれませんね。
お坊さんの笑顔をうんと明るく、どろぼうの泣き顔にどこかユーモアをもたせて
描きました。雪景色のなかに、石仏をそえたのはどろぼうの改心を見守るものが、
ほしかったからです。

この本は定期購読のもので、残念ながら、書店やネットでは買えません。
でも、お電話ではお求めになれます。、

鈴木出版「こどものくに・ひまわり版12月号」
「おぼうさんになったどろぼう」370円(送料は別です )
(電話)03-3945-6611
(FAX)03-3495-6616

よろしかったら、読んでくださいませ。

そういえば、お寺って、わたしの子どものころは幼稚園のようなところでした。
今でもそんなお寺ってあるのかしら??
LOVE神社がはやっているのですから、お寺もきっと新しいコミュニティの場に
なっていくのでしょうね。

|

« ば化粧師レイコ・クルク | トップページ | 手の甲には 手の平には(10月歌会報告) »

1子どもと本の話」カテゴリの記事

コメント

西本先生の講義なんてlovely
どんな内容だったのでしょうか…
とっても厳しい方という印象があるのですが、
是非一度講義を受けたいですheart02

さて、ぷりんさんのどろぼうを見て、
なおとは大笑いhappy02
鼻毛に大きな鼻は、どんなに怖い顔をしていても、
子供たちは、大喜び!
改心しておぼうさんになっても、この鼻毛はなくならないのでしょうね。
早速、お電話し購入したいと思いますtelephone

投稿: せりなずな | 2010年10月31日 (日) 14時38分

せりなずな様
実はわたし。。。鼻毛を描くのが好きなの〔大笑)
ときどき、取ってくださいと叱られる〔苦笑)
今回は許されたのでめでたし!でしたhappy02
なおとくんに手にとってもらえると思うと
とても嬉しいです。ありがとうございますheart01

西本先生の講義では、「起承転結」といった基本を
教わって、さいごに、それぞれお話をつくったのですが
とても。。。とても。。。へたくそでdown
今では恥ずかしくて見ることすらできませんcrying
まったくのオチこぼれでしたshock

投稿: ぷりん | 2010年10月31日 (日) 15時37分

どんどん絵本の作品が増えていきますねえ〜
羨ましいなあ〜
ところで下の絵、どろぼうさんの肩に、和尚さんが張り付いている!?
なぜ!?
と思わせて、引き込んでいくんですね〜♪


投稿: アルキメデス | 2010年11月 1日 (月) 21時05分

アルキメデスさま
もう少し、絵本のお仕事がとれるように
なりたいなぁ。と思ってます。up

お坊さんは小さい人でchick
泥棒は大きな男なんです。leo
だからね、わたいれを肩にかけてあげるのに
背のびしなくちゃいけないの。
だから、張り付いてしまったんですcoldsweats01

投稿: ぷりん | 2010年11月 1日 (月) 21時29分

 新しい絵本の上梓、おめでとうございます。
 素敵なご本ですね。ぜひ、拝読したい思います。
 西本鶏介さんとは不思議なご縁ですね。私も昨年、コバライチ*キコさんのご紹介で、昔お世話になった挿絵画家アリマジュンコさんと28ぶりに再会しました。当時、小学館の『あるふぁべっと』という月刊誌に連載していた『日本の民話シリーズ』の挿絵をお願いした方です。

 西本鶏介さんとは、そのころ同じ団体(日本児童文芸家協会)に所属していたので、お名前はよく存じあげています。当時の理事長は山主敏子さんで、西本さんはたしか理事をなさっていたと思います。
 

投稿: 杜詩夫 | 2010年11月 2日 (火) 07時14分

aries杜詩夫さま
まぁ、コメントありがとうございます。heart01
しかも、読んでくださるとは、感激です〔涙)
西本先生は、民話などあちこちでお描きなので
何回か、挿絵を担当しているのですが、
大人になってから、お会いしたことはないのです。
もうおいくつになられたんだろう・・・catface

アリマジュンコさんの絵、拝見しました。
りっぱな画家さん!up
丁寧で美しいファンタジーの世界ですね。shine
いいなぁ。わたしもいつか先生のお原稿で
描いてみたいです。happy02
精進します。punch

投稿: ぷりん | 2010年11月 2日 (火) 08時50分

ぷりん先生、こんにちは。
幼稚園に勤めている頃、西本先生の講演会に行ったことがあります。
とても自然体でいらして、大変失礼ですが近所のおじさまといった印象があります。
そして講演内容は“絵本の作り方”で、西本先生は絵本の題材は特別なものではなく子どもたちとの関わりの中にそこらじゅうにころがっている、とお話されたことを覚えています。
その時、いつか私も素敵なおはなしを描くぞ!と思ったような気が。。。(^^ゞ
“おぼうさんになったどろぼう”わくわくします。早速お取り寄せさせていただきます。

投稿: nakochan | 2010年11月 2日 (火) 09時57分

こんにちは、ぷりんさんは画家なのですね。
・・ボクは出来るだけ絵を描きたくない
即席マウス~君です。

西本先生の作品の絵を入れることが
できるなんて夢のよう。うらやましいですね。snow

投稿: 海ton | 2010年11月 2日 (火) 19時41分

(≧∇≦)西本先生とはずいぶんお仕事をさせていただきました。
全然お年をとらなくて・・一体おいくつになられたのやら?(笑)
お元気で何よりです。
またまた新しいぷりんさんの絵、こちらもすばらしい!

投稿: kikkoro | 2010年11月 2日 (火) 21時03分

virgonakochanさま
そうですか~。さすが、西本先生!
そこらじゅうにころがっている。まさしく
そうだと思います。flair
なこちゃんでしたら、いっぱいネタがありそう。
書いてみてくださいな。読みたいなぁ。lovely

本を読んでくださるとのこと。
ありがとうございます。heart01
また、お食事できるときにでも
感想聞かせてくださいね。bell

投稿: ぷりん | 2010年11月 2日 (火) 22時12分

pouch海tonさま
ちょっと、とぼけた味で、楽しいブログ
だなぁと思って、ポチしました。foot
童話や俳句がお好きなようす。
「なま卵」思わず、ふきだしました。happy02
わたしは、歌ははじめたばかりです。
勉強させてください。confident
これからも、時々、遊びにゆきますね。note

投稿: ぷりん | 2010年11月 2日 (火) 22時19分

dramakikkoroさま
わたしは年だけくったけどcoldsweats01
西本先生は、ますます、重鎮になりました。snow
他の雑誌でも、怪談話などされていて、
たまに挿絵を担当しています。pen
でも、お会いすることないのですよ。
お元気で何よりですけど、
お会いしてみたいなぁ。shine

投稿: ぷりん | 2010年11月 2日 (火) 22時25分

やっと手に取って拝見させていただきましたbook
思わず、涙が出てしまって・・・sweat01
なおとの手前、恥ずかしくって必死にごまかしました。
こういう心温かい民話は、
次の世代にもちゃあんと伝えていきたいですね。

なおとは、相変わらず
ぷりんさんの絵に、大喜び!
画面いっぱいの絵には、引き込まれましたheart04
最後の場面の、どろぼうの顔が
何とも穏やかでlovely
「本当に、良かった良かった!」
とつぶやいてしまいました。

一般書店に並ぶのを期待しています!
もっと多くの子供たちに、読ませてあげたいですshine

投稿: せりなずな | 2010年11月23日 (火) 13時22分

せりなずな様
なんだかなかなか届かなかったようす。
ごめんなさいね。
でも、なおとくんも、喜んでくれて
とても嬉しいです。snow
人にはいろいろ事情があるのよね。
一概に良い悪いはいえない。wobbly
事情ある人の気持ちに寄り添える想像力というのが
思いやりに通じるとおもいます。confident

一般書店へのハードルは
これまた、事情があるのです。
わたしは、知名度がないので、なかなか
むずかしいの。。。でも、がんばるわ!punch

投稿: ぷりん | 2010年11月25日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/37454304

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本「おぼうさんになったどろぼう」:

« ば化粧師レイコ・クルク | トップページ | 手の甲には 手の平には(10月歌会報告) »