« 保育についてつぶやく | トップページ | 江戸の芋神さま「青木昆陽」その2 »

2010年9月26日 (日)

江戸の芋神さま「青木昆陽」その1

秋の枕詞?にいろいろあれど、なかでも「食欲の秋」はだれもが大好きな秋!
そして「さつまいも」といえば、子どもたちの大好物♪
「おいも堀り遠足」で自分でとって、ふかしてもらったさつまいもの思い出は
大人になっても今だ甘~い思い出だったりします。
しかも、ビタミンも豊富で、戦争中はお米のかわりとなった大事な食料でした。
このように日本人にとって、とても身近な「さつまいも」ですが、
原産はペルー、アルゼンチンで外来種なのですね。

さて、今回はさつまいもの普及につとめ「江戸の芋神さま」と呼ばれた
「青木昆陽(あおきこんよう)」のお話です。
時代は江戸の中期。「暴れん坊将軍」や「大岡越前」が活躍したころです。

小学生の低学年でも理解できるよう、平易に書いてみました。
題して「さつまいもものがたり」。
お楽しみください。

1
むかし、今から280年ぐらい前のおはなしです。
西国で大きな飢饉がおこりました。(1732年享保の大飢饉
稲を食い荒らす「いなご」という虫が大発生したのです。
いなごは、大群となって次から次へと田んぼにおそいかかります。
そのためその年は、ほとんどお米がとれませんでした。
食べ物が足りなくて、おなかをすかせた人々がそこらじゅうにあふれ、
死んでしまう人もたくさんいました。
そのようすを聞いて、江戸にいた青木昆陽という人は考えました。
「米のかわりに食べられるものはないだろうか?」

2
昆陽は魚屋の息子でしたが、勉強が大好きで、魚屋にはならず、
学者になっていました。いろいろと書物を調べていくうちに、
琉球(沖縄)や薩摩(鹿児島)では、外国から伝えられた
めずらしい芋をうえていることを知りました。
そのいもは米がとれないやせた土地でもとれ、雨が少なくても
とれるということです。
「これだ!これだ!これなら、米のかわりになるぞ!」
3

昆陽は、夢中になっていもの植え方、育て方、食べ方など、
くわしく調べて本を書きました。(蕃薯考
それをごらんになった将軍さま(徳川吉宗)は、大変感心されて
言いました。
「うむ。このいもであれば、みんなを飢饉から救えるであろう。
ぜひにも、広めるのじゃ。」

将軍さまの命令で、薩摩の国から、たくさんの種いもが
運ばれてきました。
赤紫の芋は、どれもまるまる太っています。
「これを地中に鈴なりにしてみせよう」
昆陽の胸は高鳴りました。
つづく)

|

« 保育についてつぶやく | トップページ | 江戸の芋神さま「青木昆陽」その2 »

偉人伝」カテゴリの記事

コメント

志を持ってスタートすることは、いつの時代も格好いいなあ。
ぷりんさんは今も変わりませんね。

さて青木さんの行く手を阻むものがでてくるのかな。
世の女性たちを幸せにすることになる、芋の誕生秘話とは〜

楽しみ〜
(ゲゲゲが終わってしまいましたね)

投稿: アルキメデス | 2010年9月27日 (月) 19時58分

へ~、今度は偉人伝! 楽しみです。
鬼や妖怪は出てこないんですね。

投稿: あさこ | 2010年9月28日 (火) 00時37分

eyeアルキメデスさま
楽しみにしていたゲゲゲが終わってさびしいです。
ゲゲゲにしろ、青木昆陽にしろ
「こころざし」をもって生きるのは理想でflair
見習いたいなぁ。と思ってます。
でも、「努力」が及ばない。。crying
情けないです。

今回は、短編ですcoldsweats01

投稿: ぷりん | 2010年9月28日 (火) 16時59分

cakeあさこ様
「偉人伝」なんて、最近みかけないなぁ。
と思って、ちょっと、やってみました。flair
わたしは小学生2年ぐらいのとき、
大好きでしたけどね。eyeglass
ヘレンケラーなんて、感動しました。
「こわい話」は、4年生ぐらいのときに
大好きだったなぁ。heart02
「妖怪ずかん」が楽しかったなぁ。happy01

投稿: ぷりん | 2010年9月28日 (火) 17時04分

このお話、小学校の時以来です。
さわり程度しか知らないんですが、どんなお話なのか楽しみです。
それにしてもこんな時に、2週連続親知らず抜歯のため、食べ物があまり食べられない私って・・・。(泣)

投稿: Sey | 2010年9月28日 (火) 21時10分

fishSey様
親知らずが連続で痛いの!?coldsweats02
気の毒に。。。newmoonやっと涼しくなって
食欲もわいてきたところなのに。。
ぷりんは、もうみんなぬいてしまったのさ。scissors
あの時は、麻酔がきれたとき
ほんと、痛かった。。。crying
顔がはれあがった。。。shock
でも、ぬいてしまえば、三日間ぐらいの辛抱よ。punch

投稿: ぷりん | 2010年9月29日 (水) 22時30分

2つの場面を1枚に描くのは、
こうして描くのですねflair
今回も勉強になりますhappy01

さて、さつま芋note
私は大学芋が一番好きですね~heart02

昆陽様に感謝ですhappy01

投稿: あおば | 2010年10月 1日 (金) 17時09分

snailあおば様
そうなの。ページ数がたりないときは
一画面にふたつの場面をいれてしまいます。
余白が文字スペースです。happy01
大学いもは、最近食べてないなぁlovely
はて、大学いものルーツはなんだろう?
と思って調べたら、東大の赤門前のお店
のアイディアではじめてたおいもで
東大生に人気だったとかheart01

投稿: ぷりん | 2010年10月 2日 (土) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/36936563

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の芋神さま「青木昆陽」その1:

« 保育についてつぶやく | トップページ | 江戸の芋神さま「青木昆陽」その2 »