« くじラッターマンの唄 | トップページ | 小泉八雲「ろくろ首」その2 »

2010年8月 7日 (土)

小泉八雲「ろくろ首」その1

連日の猛暑でぐったりですね。
今回はそんなからだを冷やしていただけますよう、怪談をお送りします。
小泉八雲の「ろくろ首」。有名なお話ですが、もういちど楽しんでくださいませ。

1

むかし、回竜(かいりゅう)という僧がおりました。
目は大きくするどく、からだも大きくがんじょうで、いかにも力がありそうです。
それもそのはず、回竜は以前さむらいだったのです。
いくさでたくさんの手柄をたてました。
しかし、仕えていた殿様の家がほろびてしまうと、
さむらいとして生きることをやめ、頭をそって、僧になりました。
そして修行をしながら、山から谷へ 谷から山へと旅をしておりました。

そんなある日のことです。
山のなかで、とっぷり日が暮れてしまいました。
夜中、歩きとおしたところで人里まではまだまだあります。
「今日はひと晩 星空の下で明かさなくてはなるまい」
覚悟をした回竜は、道端の草むらに ごろりと からだを横たえました。
回竜は不自由を喜んでむかえる心がけをもっていて、
松の根っこでさえりっぱな枕として、眠ることができるのです。

まもなくして、道をひとりの男がやってみました。
片手に斧をぶらさげ、たくさんの薪を背負っています。
男は回竜を見ると、驚いたようすで話しかけました。
「お坊様、こんなところでおひとりで寝ておいでとは。。
あぶのうございます。このあたりは、たちの悪い化け物が
うようよしております。恐ろしくはないのですか?」
「これ、おやじ」回竜は機嫌よく答えました。
「心配はいらぬ。わしは、化け物なぞ、こわくはないのだ。
それに、野宿も修行のうちじゃ」
2
しかし、男は、わざわざあぶない目に会うようなことはなさらない
で、近くの自分の家に泊まってくれ、としきりに進めます。
「食べ物といってもさしあげられるものはありませんが、
屋根だけはございます。どうぞ、どうぞ。」
男の親切なようすが気に入った回竜は、快く申し出を受けることに
しました。
男のあとをついて、細い険しい道をゆくと、
しばらくして、草ぶきの小屋が一軒ありました。
(つづく)

|

« くじラッターマンの唄 | トップページ | 小泉八雲「ろくろ首」その2 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

毎日暑いですね。ぷりんさんのご活躍のこと、いつもすばらしいと感動しています。私がぷりんさんの絵が一番ステキだとおもうところは、絵のまわりの外側の景色までがまるで 本当に見たように・・思えてきます。
それはやはり大胆に見えて繊細な心配りがあるのですね。そしてぷりん茶屋のますますの展開にワクワクしています。
ぷりんさん。いつもありがとうございます。

投稿: いまはしゆうこ | 2010年8月 8日 (日) 07時44分

はじまりましたね~。小泉八雲、私も大好き。

投稿: asako | 2010年8月 8日 (日) 23時02分

cherryblossomいまはしゆうこ様
まぁ、過分なおほめの言葉をいただいて、
恐縮ですありがとうございますheart02
そうかしら?bleah景色をつくるとき、気をくばるのは。。。
既成の観念の色にとらわれないようにと思うことは
多いのですけど。。。typhoon
とにかく、ゆうこさんにわくわく
していただけるのは、とてもはげみ。。punch
でもあり緊張sweat01でもあります。

投稿: ぷりん | 2010年8月 9日 (月) 05時44分

bottleasakoさま
台湾から、おかえりなさい!
さぞ、暑かったsunでしょうから、
おつかれでしょう。

八雲の原文は英語なのに、日本以外では有名ではないのが
ふしぎです。wobbly
日本の怪談は、ホラーとちがって
情感たっぷりですよね。fuji
八雲特集もやってみたいもんぜよhappy02

投稿: ぷりん | 2010年8月 9日 (月) 05時49分

怪談といえば「ゲゲゲの女房」。
「ゲゲゲの女房」の夏は、日本の懐かしい暑〜い夏ですね〜♪

冷や汗の極貧生活からやっと離れたと思ったら
ぷりんさんの怪談・・・
冷や汗が待っています〜

投稿: アルキメデス | 2010年8月 9日 (月) 21時52分

eyeアルキメデスさま
あはは。どうも「ゲゲゲの女房」の影響を
受けてしまうこのごろです。
あのころの暑さsunは、扇風機typhoon
まにあい、夕方には、涼しくthunderrain
なりましたよね。
水おけに足をいれてたりするシーンsweat01
なつかしい。
この話で、子ども心にもどって
「きもだめし」shockしてくださいね。

投稿: ぷりん | 2010年8月10日 (火) 07時23分

暑中お見舞い申し上げます。
ぷりんさんのいろいろなご活躍にいつも励まされています。

怪談!私も大好きです。
夏の怪談は日本文化をしみじみ感じさせてくれます。

投稿: Ayumi | 2010年8月10日 (火) 15時14分

artayumiさま
暑いですねぇ。sun
先日、オリーブをがりがり食べました。
この暑さですと、なんだかとてもおいしい。
イタリア気分でしたhappy02
イタリアのこわい話ってなにかしら・
やっぱり、魔女scorpiusとかなのかな?
日本の怪談にあるせつなさ。weepって
イタリアでは、どんな受け止めかたなのでしょうね。

投稿: ぷりん | 2010年8月10日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/36063125

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉八雲「ろくろ首」その1:

« くじラッターマンの唄 | トップページ | 小泉八雲「ろくろ首」その2 »