« 薄墨の川をゆく女(ひと) | トップページ | 水蒸気飽和状態(6月歌会) »

2010年6月27日 (日)

あばれ小助(こすけ)の一生(はじまり)

0
おらの名は小助(こすけ)。
マンションのごみ捨て場で生まれたんぜよ。
ちょっくら、よちよち散歩しちょったら、人間さまに捕まってしもうて
このぷりん茶屋に里子に出されてしもぅた。ひと月前の話ぜよ。
じゃから、もう、母親の顔も兄弟の顔も覚えちょらん。
ここで生きていくしかないんぜよ。

ここは、めしは存分にある。寝床はふかふかしちょる。そのへんは
まっこと良かとこぜよ。
じゃが、問題はある。。それは、ずぅっと以前からここを根城にしちょる
ふたりの姉さま方のことじゃ。
おらを迎えたときの態度っちゅうたら、そりゃもう、きついもんじゃった。
1
くーちゃん(めす 16さい)
片目の黒猫。。今は白髪交じり。歯はもはやない。
が、気骨はりゅうりゅう。人の言葉を解する。

2
うずらちゃん(めす 5さい)
出自は野良なのに長毛。どこぞの貴族のご落胤か???
下々のものたちとは、会いたくないらしく、お客さまの前には
決して姿をみせない。

この姉さま方、おらが気に食わんらしく、「しゃあぁ、しゃあぁ」と
脅かしなさるが、おらは負けん!おらは男ぜよ!
3
そこでおらは考えた。これは、一発かましてやらねばならん。
おらの力を見せ付けるんじゃ。
どうすれば。。そうじゃ、「奇襲」じゃ!
弱兵が強兵に勝つにはこれしかない!と孫子の兵法にもあったぜよ。
おらは、障子の影に身をひそめた。「待ち伏せ」じゃ。。。。
Manga
。。。。。。まだ、ちと、力が足らんかったかの。
じゃが、じゃが。。。。
4(つづく)

小助のおはなしはこれから、ときどき描こうと思ってます。
どうぞ、見守ってくださいね。
 

|

« 薄墨の川をゆく女(ひと) | トップページ | 水蒸気飽和状態(6月歌会) »

ねこ茶屋」カテゴリの記事

コメント

こすけかわいいです。
なぜか土佐弁(?)
それにしても お姉様方の迫力には恐れ入りまする。

でもぷりんお母さんの愛情をたっぷり浴びて
こすけちゃんのなんと幸せなことか。

投稿: じん | 2010年6月27日 (日) 16時39分

じん様
はぁい!コメントありがとう!
今、大河ドラマが「龍馬」なので。。
つい「土佐弁」に。。
負けん気が強い子みたいで、手をやいています
もう少しおだやかになってもらいたいものだと、
今、くーちゃんと対策を練っています

投稿: ぷりん | 2010年6月27日 (日) 18時20分

小助くん、何か頻繁に登場しそうな予感がします。
心配で長い留守ができないのでは~

投稿: アルキメデス | 2010年6月27日 (日) 18時46分

アルキメデスさま
そうなんです~
見てないところで、何がおこるか?
まだわからないので、心配ごとが多いです
ああっ、また小助がストーカーになって
うずらをつけまわしています
まるで、保育園状態です。とほほ。。。

投稿: ぷりん | 2010年6月27日 (日) 19時30分

おー、やっと登場ですね。

小助、ハンサムだねー。会うのが楽しみです。

うずらちゃんにとって、私は下々の者だったのねー。
どうりでいつも高いところにいるはずです。

もうそろそろ仲間になってるでしょう?

投稿: 猫の手 | 2010年6月28日 (月) 21時09分

猫の手さま
小助は器量は良いのですが、どんな性格に
なるのか??不安なところも多いです。
かみぐせがあります。。。とほほ。。。

うずらは。。。愛想悪くて、ごめんなさいね。
くーちゃん以外はすべて、「下々」です。。

小助は うずらと、
鬼ごっこらしきもの?を
はじめました。

投稿: ぷりん | 2010年6月29日 (火) 19時33分

はじめまして、小助くん
小さな綺麗な猫ちゃんですね~。

お姉様達に負けないように、頑張るのですよ。

くれぐれも、ぷりん先生の背中を駆け上がらないように

ぷりん先生のお宅、ますます賑やかになりましたね。

投稿: aoba | 2010年6月29日 (火) 21時53分

aobaさま
ここのところ、仕事とねこにふりまわされて、
遊びにゆかなくて、ごめんなさい。
小助がもう少し落ち着いてくれたら、余裕ができるの
ですけど。。。
背中どころが、そこらじゅう、よじのぼってます。
そこらじゅうかじってます。
鬼ごっこで走りまわってもいますよ。
ああ、落ち着かないです。

投稿: ぷりん | 2010年6月30日 (水) 20時19分

にゃおと(なおと)です。
 おいらも、家の中、所狭しと暴れ回っています。
 高いところが大好きなので、どこでもよじ登ります。
 特にお気に入りはソファの背もたれの上、
 そので居眠りをします。
 でも、落ちます。
 餌を与えてくれる飼い主には、
 時々猫なで声で、ちゃ~んと媚びはうっておきます。
 勝手気ままなおいらは、
 今日も自由気ままに出歩いています。

投稿: せりなずな | 2010年7月 1日 (木) 16時05分

せりなずなさま
にゃおと殿、おはつにお目見えします、
おら、小助ぜよ。
高いところは、おらの目下の目標ぜよ。
まだまだ小さいきの、なかなかあがれん。
ソファはそのうち きっとのぼるぜよ。まちっとせぇ。
にゃおとには負けん!覚悟しいや!
そのうち。おらの偉さを思い知るぜよ!

投稿: ぷりん | 2010年7月 1日 (木) 20時31分

おもしろいです~~~!!
土佐弁の小助ちゃんはキュートだし
くーさんは悟りきった(?)お局様って感じで
うずらちゃんはセレブな雰囲気ですね~
(勝手にすみません

これからもこの3人(あえて3人で)のお話
楽しみにしてま~す


投稿: とことこ | 2010年7月 2日 (金) 09時19分

とことこさま
楽しんでくれて、ありがとう!
ぷりんは写真をとるのが、へたっぴぃなので
この記事つくるのに、苦労したぜよ。
同じように育てても、性格はぜんぜんちがって育って
しまいます。
しかも、思ったようにならない。
子育てのおもしろさもこういったものかもねぇ。

投稿: ぷりん | 2010年7月 3日 (土) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あばれ小助(こすけ)の一生(はじまり):

« 薄墨の川をゆく女(ひと) | トップページ | 水蒸気飽和状態(6月歌会) »