« まんが「りんごちゃんものがたり」 | トップページ | 薄墨の川をゆく女(ひと) »

2010年6月16日 (水)

日本むかしばなし「屁こき嫁ご」の唄

さて、先日連載した「おならのお嫁さん」ですが
つい、調子にのって、表紙も描いてみました。
Yome1
そして、ついでに唄もつくってみました。
お好きなふしまわしで、歌ってみてくださいね(笑)

うらの はたけの だいこんが
すぽん すぽんと ぬけとった
ゆうべ ござった よめさまは
つのを かくして しりだして
おおきな へを こいたとな

やまの かきのき あかいみが
ぱらん ぱらんと おちとった
ゆんべ だされた よめさまは
つのを かくして しりだして
おおきな へを こいたとな

だども よめさま よいよめご
ぶおん ぶおんと ひとふきで
てきの へいたい おいはらい
ほうびに もらった のっぱらで
おおきな へを こいたとな

つのを かくして しりだして
ぶおん ぶおんと こいたとな

Yome2
このおよめさん、今では赤ん坊も授かって、しあわせに暮らして
いることでしょうね。

さて、ちょこっと、後日談です。
大きなおならをするだけでなく、それを吸い込む!!
お嫁さんもいるようです。
畑まで、お姑さんをふっとばすのは同じですが。。。
ぶお ぶお ぶおーん!
Yome3
「しまった!」と思ったお嫁さん、あわてて、おならを吸い込みます。
すぽぽ、すぽすぽ、すぽぽーん!
Yome4
この失敗で、やはり嫁ぎ先を追い出されます。
ですが、こちらは、その道すがら、たくさんの米俵をつんで
動かなくなった船をみつけます。
男たちが何人かかって押してもびくともしない様子に、お嫁さん。
「うふふ、あたしなら、できるがなぁ」
男たちはおこります。
「ふん!できたら、米をくれてやる」
Yome1_2
お嫁さんは、さっそく、おならひとふき!ぶお ぶお ぶおーん!
たちまち船はふきとばされ、波のうえ!
男たちが目をまるくしていると、こんどは、吸い込みます。
すぽぽ すぽすぽ すぽぽーん!
Yome2_2
こうして、どっさりお米を手にいれたお嫁さん。
嫁ぎ先に凱旋!
いつまでもいわに暮らしたそうな。
 よかったね。

長い話におつきあいくださいまして、ありがとうございました!

|

« まんが「りんごちゃんものがたり」 | トップページ | 薄墨の川をゆく女(ひと) »

百物語」カテゴリの記事

おはなしを唄う」カテゴリの記事

コメント

昨夜、この記事をなおとに読み聞かせてから、
お布団に入りました
なおとが大好きなお話ですので、
このお話をちょっとアレンジして、
「なおとに押し掛け女房、おならのお嫁さん」という話を作りました。
どんどん子供の想像が膨らんで、
とっても楽しめました

でも、音楽的センスのない私にとって、
「おならのお嫁さん」の唄は、
なかなか巧く歌えなくって…
でも、それが、子供には大ウケでした

投稿: せりなずな | 2010年6月17日 (木) 09時54分

おならを吸い込んでしまうなんて、こういう展開のお話も面白いですね
子供にウケそうですよ~

この詩に付くお歌は、元気な明るい曲なんでしょうね。
「裏の畑」から始まっていましたので、
「う~らの はたけで ポチがなく~」
みたいな感じでしょうかね

今日も暑くなるとの事です。
ぷりん先生~熱中症にご注意くださいね
水分はではなくて、でもありませ~んよ。笑い

投稿: aoba | 2010年6月17日 (木) 10時35分

せりなずな様
「押しかけ屁こき女房}!
あははは。。笑えます。
なおとくんは、どうしたのでしょう??
おならで仕返しでもしたのかな??
それとも夫婦でおならで会話でもしたのかな

唄であろうが、読み聞かせであろうが、
へたでもなんでも、なおとくんには
お母さんの声がいちばん!
すてきな親子関係だなぁ。
嬉しい報告、ありがとう

投稿: ぷりん | 2010年6月17日 (木) 17時39分

aobaさま
出したり、吸い込んだりのパターンも
忙しくって、おもしろいですよね。

唄はね。「ぽち」でももちろん良いのですが
民謡にアレンジしても楽しいような。。
♪はぁぁ、うらのはたけのだいこんがぁぁぁ
(どうしたどうした)
♪すぽん、すぽんとぉを~ぬけとったぁぁ
(そりゃ、そりゃ)
。。。。。。
まぁ、こんなふうにして、
唄は生まれたのでしょう。

それにしても暑いですな
ビールでものみますかな

投稿: ぷりん | 2010年6月17日 (木) 17時54分

歌の五七調は、小気味よさとテンポの好さで
創造性をくすぐり、思わず手拍子の乗りになってしまいますね。

とくにお嫁さんの特技を明るく、ユーモラスに包んでいて
一杯入ると、きっと、ソウレ〜ソレソレ・・・です〜

投稿: アルキメデス | 2010年6月17日 (木) 23時16分

おならのおよめさんのうた、ズンドコ節みたいな雰囲気で歌ってしまいました(笑)
おならって、すごいんですねえ…!

投稿: 平井敬人 | 2010年6月18日 (金) 00時24分

アルキメデス様

ビールのおいしい季節になりました。
冷酒もいいですね。
こんどまた、一杯やって、
陽気に歌いましょう

こんどは「おなら五行歌」でも
つくろうかしら

投稿: ぷりん | 2010年6月18日 (金) 13時43分

平井くん
こうした昔話の笑いは普遍的!
このパワーは「まんがりんごちゃん
にも応用できますぞ。

こんど「りんご」の歌のB面で
「りんご演歌」とか
「民謡りんご」とか
つくるようでしたら、ぷりんが
作詞いたしましょうぞ

投稿: ぷりん | 2010年6月18日 (金) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本むかしばなし「屁こき嫁ご」の唄:

« まんが「りんごちゃんものがたり」 | トップページ | 薄墨の川をゆく女(ひと) »