« 言葉マガジン「グランパピエ」後半 | トップページ | 才能はじけるインドの子どもたち(前編) »

2010年5月12日 (水)

[新緑」の唄

こだまというのは「木霊」。
むかしの人は、木には精霊が宿っていると
考えていたのですね。
さすれば、新緑の季節は、衣替え!
木の精霊たちは、大奥の女どものように
すっかりおしゃべりで、かしましいのではないかしら?
わいわいがやがやは、空まで、届いているかしら?
空はゆっくりできない。どうするのかしら?
ちょこっと、地上を整列させたくなるでは?

そんなことを考えながら、童謡を作ってみました。

みどりとみどりがこだまして
お空いっぱい届いたら
みどりの風がふいてくる

雲のあいだを すいすい、そよそよ
みどりの音色をかなでててね
川の流れにおりてくる

そしたらみんな、でておいで
お耳をたてて 深呼吸
風にふかれて 行進するよ

タップ、タップ、軽やかに
ララン、ラララ、胸張って
楽しい音色に ひかれてゆくよ

楽しい音色に ひかれてゆくよ
5_3
子どもは笛や太鼓の音色が大好きです。
「ハメルンの笛吹き」っていう有名なお話もありますね。

私もチンドンやさんが来ると、ふらふらとついていきたくなる
子どもでした。
(今でもそんなところがありますが・・・笑)

この季節、そんな誘惑の音には。。。。
「オカリナ」が似合いそうな気がします。

さあ、行進がそろったところで、森はそろって衣替え!です。

|

« 言葉マガジン「グランパピエ」後半 | トップページ | 才能はじけるインドの子どもたち(前編) »

童謡の色とかたち」カテゴリの記事

コメント

森の衣は、濃さをましていますね。
新緑の頃、いつもいろんな歌をつくっています。
昨日の歌会にこんな歌を出しました。

風吹けば
五月の森は
万華鏡
大地は海に
きらめく波に

年に一度か二度、こんな目眩をするような風景の中にいます。
どこか歩きたいですね〜

投稿: アルキメデス | 2010年5月13日 (木) 16時07分

eyeアルキメデスさま

森のこもれびの様を万華鏡としたのが
とてもすてきですね。lovely

葉 見上げれば
万華鏡を見るごとし
五月 こぼれるshine
アルキメデスの
散歩foot


投稿: ぷりん | 2010年5月13日 (木) 20時20分

お久しぶりですhappy01

かわいい絵ですね~、歌にぴったりですnote
やさしい色合いでふわっとしていてheart01

わたしもぷりんさんのように
かわいい絵や素敵な絵が
描けるようになりたいですshine

頭で描きたいと思ってる絵が
指を伝わるとまったく違う絵になってしまうのでcoldsweats01

投稿: とことこ | 2010年5月14日 (金) 22時55分

footとことこさま
お元気そうで、何より!happy01
絵本のお勉強は進みましたか?

この絵は9年も前に雑誌の表紙で
描いた絵です。
ですが、今でも好きなので、
アップしてみました。annoy

とことこさんの絵は、
どんなカンジのものなのか??art
ブログでもはじめてくださいよ~happy02

投稿: ぷりん | 2010年5月15日 (土) 10時36分

こんばんはhappy01
この童謡に曲を付けるとしたら、ゆったりと流れているような感じでしょうか。
「ゆき さおり」さんのような、澄んだ声の方が歌ったら素敵でしょうねheart02
詩を見ながら、メロディーが浮かんできそうです。

添付の絵も素敵で、楽しい気分になりますpresent
この絵、大好きですcrown

投稿: aoba | 2010年5月16日 (日) 22時17分

snailaobaさま
ありがとう!だれか、曲つけてくださったら
嬉しいのにね。shine

たしかにaobaさん好みの絵ですねぇ
でもaobaさんのほうが、上手よ♪snow
あっ、これは、マスキングしてアクリル絵の具の
たんぽを多用して描いてますhappy01

投稿: ぷりん | 2010年5月17日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/34660935

この記事へのトラックバック一覧です: [新緑」の唄:

« 言葉マガジン「グランパピエ」後半 | トップページ | 才能はじけるインドの子どもたち(前編) »