« 発酵?する記事? | トップページ | なんだか爪だけ伸びる気がして(4月歌会) »

2010年4月25日 (日)

久珠の会「陽春の俳句展」を見に行く

東京の真ん中に住んでいながら、
東京都庁にはじめて足を運びました。
こちらの45階展望室、東京を一望できるのですね。
で、今はすっかり観光スポットになっているのですね。
外国の観光客の方で大賑わいでした。

さて、その南展望室で水原亜矢子先生主催の
「久珠(くみ)の会」の俳句展が開催中です。
俳句はわからない私ですが、五行歌「麹町倶楽部」
ご一緒している下平紀代子さんも出品。
ご案内をいただいたので、見てまいりました。

紀代子さんは、編集者ですけど、帽子デザイナーで。。。
五行歌を詠めば、短歌を詠み、俳句も詠んでしまう。
おまけに、食通で、着物通で。。。まぁ、なんて多才なことか。
驚くばかりです。
展示された句は、こちらです。
Kao

折り紙の 馬転がして 春隣

私はこちらを読んで
「幼い女の子がこたつで折り紙の馬で遊んでいる。
障子の向こうに庭。梅がほころびかけている。
春はもうすぐですよ」という解釈をして、童謡「春よ来い」を
思い出しました。「おんもにでたいと泣いている♪」赤い鼻緒の
みよちゃんが浮かんできました。
作者の幼子を見守る視線のあたたかさが伝わってくる。
馬を転がす小さな手。ぎこちないしぐさ。が見えるようだわ。
なんとも、かわいらしい句ねぇ。と思ったのですが、
ご本人にうかがったところ、大違いでした(笑)
折り紙の馬のしっぽを押して一回転させて立たせて
遊んでいたのは、実はご両親だったのです。
つまり「こたつで老夫婦が折り紙の馬で仲良く遊んでいる。
春はもうすぐ」だったのですね。
あらら、なんともほほえましい!良いお話です。
春になったら、手をつないでお散歩されるのかしら?
うらやましい夫婦のありかたです。
そのとき、帰省中だった紀代子さんは、馬をたくさんたくさん
折らされたとか(笑)

展覧会の記念に、紀代子さんの書を活かして、
色紙ふうに絵にしてみました。
書が、華やかに見えるよう工夫したつもりです。
Photo_2

そしてこの日は会場で、はじめてお目にかかった
一川(いっせん)さんと三人でお茶。
気さくにおはなししてくださったのですが、あとで
実はすばらしい書道家であり、歌人であるのを知り、
びっくりしてしまいました。九州の五行歌の主催もされている。。。
もっと、かしこまっていたほうが、よかったかしら???
やれやれ、無知は恐ろしい。。。とほほ。。。

蛇足ですが、おしゃべりしているあいだ、外国の観光客の方たちに
何度も写真を撮られました。
三人とも着物だったからめずらしい動物のようだったのでしょうか?
いえいえ、三人とも美しかった?からでしょうな(大笑)
パシャリ!
Photo_3

|

« 発酵?する記事? | トップページ | なんだか爪だけ伸びる気がして(4月歌会) »

4日々徒然」カテゴリの記事

6歌会便り」カテゴリの記事

コメント

先日はお越しいただきありがとうございました!
絵と組み合わせるとまた感じが変わりますね~。
ありがとうございます!
幸い大勢の方が見にいらしてくださり、
水原先生、句友ともどもうれしい悲鳴を上げています。
(昨日も写真攻撃でしたのよhappy01
昼間は会場、夜は自宅で原稿待ち→作業…という生活が
重なってしまい、珍しく少々バテ気味で、
自分の日記の更新もできず…
さ、本日は中日、今日も午後から出勤で~す。

投稿: kikkoro | 2010年4月26日 (月) 11時05分

dramakikkoroさま
連日会場出勤とお仕事で大変ですね。
ダウンしないでね。wobbly
お肌にひびきます(笑)
お写真ぜめなんですから、lovely
美貌にも気をつけてくださいませ。kissmark

投稿: ぷりん | 2010年4月26日 (月) 14時05分

三人は着物だろうと想像していましたが、外国人に撮影されるとは、スゴイね。
この日は、中国人のツアーバスが入っていて、エレベーターも込んでいましたね。
旅行会社は、展望台が無料ということもあり、最近外国人ツアーを運んできます。

昔はゆったりしていたので、ウォーキングでよく来ていました。
一川さんにお会いしたかったな〜。

投稿: アルキメデス | 2010年4月26日 (月) 18時01分

eyeアルキメデス様
一川さんは、つぶらな瞳でおかっぱで
日本人形みたいなお顔立ち。virgo
でも、凛としてすてきな方なのですね。

何度もカメラに収まったけど、
首から下だけ、撮られていないか?
心配でした(笑)
どんな日本みやげになるん
でしょうねぇ。shock

投稿: ぷりん | 2010年4月26日 (月) 19時01分

先日はありがとうございました。
とても楽しい時間でしたね。
 
きっころさんの作品に絵が描かれているのもとっても素敵ですね。
今日の日記のみちまちさんのも絵をともに情緒があり、彼女の世界へ運んでいただきました。
そして、偶然にもま のすけさんの本でもご一緒させていただき
よかったです。
いつかわたしのも描いてくださいね。(^^;

投稿: 一川 | 2010年5月 4日 (火) 15時32分

 お三方の並ばれた絵、なぜか微笑みながら見ておりました。
 「折紙の・・」の紀代子さんの句に付けられた絵。
 さすが、お見事でございます。いいですねぇ・・。(微笑)

投稿: ま のすけ | 2010年5月 4日 (火) 16時22分

ring一川さま
まぁ!コメントいただけて光栄です。happy01
歌は象徴的なものなので、
いろいろ想像をかきたててくれます。
すばらしい歌を絵にするのは、
とても勉強になりますpunch
一川先生の書や歌に絵をつけられる機会が
あったら、どんなにすてきでしょうねannoy
その日が来るよう祈ってますsnow

投稿: ぷりん | 2010年5月 4日 (火) 16時37分

penまのすけ様

美しい三人に微笑されたのですね(笑)

きっころさんの書のすてきですよね。
それにいっそう春を加えて描いてみましたhappy02

「グランパピエ」では、お世話になりました。
一川先生ともご本でご一緒できて嬉しかったですshine
このご本のことも、ブログで書かせてくださいねpunch

投稿: ぷりん | 2010年5月 4日 (火) 16時45分

帰省した折にこの日記を両親に見せましたら
父が「老夫婦」という言葉に反応しまして
「まだ老人じゃあない!」とのたまっておりました。
(年齢的には後期高齢者です・笑)
若く写っている写真を見せておくように、と申しておりましたので
今度お見せしますね。やれやれ…┐(´д`)┌

投稿: kikkoro | 2010年5月 5日 (水) 16時13分

kikkoro様
それは。。とんだ失礼をいたしました。
とほほcoldsweats01
お元気いっぱいのご両親で何よりですfuji
こんど、お写真を見せてくださいな。snow

投稿: ぷりん | 2010年5月 5日 (水) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/34383566

この記事へのトラックバック一覧です: 久珠の会「陽春の俳句展」を見に行く:

« 発酵?する記事? | トップページ | なんだか爪だけ伸びる気がして(4月歌会) »